--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-01-29

で、今月の一本 「ステップフォード・ワイフ」

Welcome to Adobe GoLive 6


映画ステップフォードワイフ

 もう一本は「ステップフォード・ワイフ」。ニコール・キッドマン主演の”スタイリッシュ・スリラー”というふれこみの一本だ。


ほえっ?スリラー?!


私をよく知っている人間ならば既知のことだけども、私はものすごーい恐がりである。外見からはまったく想像できないらしいが(ほっとけ)、簡単に言えば「暗闇恐怖症」なのだ。

うる星やつらの面堂秀太郎(あれ?漢字が違ったかな??)と同じ「暗いよー、怖いよー」のあれである。

ついで、駄目なのがスプラッター系、簡単に言えば血が飛ぶ、死体ばりばり、ゾンビがちゃららー、のあれ系は絶対駄目なのである。予告編でも見ざる言わざる聞かざるとばかり気合いを入れて目を閉じ耳を塞ぎ、同行人がいればひたすらしがみついてその時間をやり過ごす。それだけで体力を消耗することもめずらしくはない。

一緒に行った人間にとってはひたすら迷惑な奴なのである。(お前が言うな)


スリラーと名がついているだけで、そんな私には鬼門に見えた。たぶん一人ならば絶対にパスしていたに違いない。それくらい、期待していなかった。


それなのに。


・・・面白かった!ホントーに面白かった!!

大作ではない、けども秀作である。矛盾はあるしストーリーの謎は解けきっていない、けども、それをはねとばす勢いが気分いい。

特に「奥様は魔女」とか「サンダーバード」的なキッチュでお洒落な空想未来世界が好きだった人には絶対にお勧めだ。そんな人にはオープニングだけで見る価値がある、いやマジでお勧め。


ブロンドヘアを黒髪に染めて、あまつさえショートヘアにしてキリキリと余裕のないキャリアウーマンを演じたキッドマンは特筆ものだった。もとがあまりにも美しく、それを武器にスクリーンを飾っていた彼女からは考えられないくらい「ごく普通の、上昇志向ばりばりの、ストレス一杯のヒステリーな賢い女」を本物っぽく演じていた。

その他のキャストも、主役級の俳優は一人もいなかったはずなのに(と思ったらグレン・グローズとかそうそうたるメンバーだった。(汗))、適度すぎる存在感でどこか夢のような現実のような不思議な怖さをにじませていたと思う。

絶対にあり得ない夢物語ににじむリアル感。このバランスはなかなかお目にかかれない。


だたし、一つだけの注意点。この映画はお子ちゃまには勧められない。非常にブラックなユーモアとぎりぎりのエグさを作り物めいた世界にうまく隠しているから。

それを感じられる人にだけ、良さがわかる映画だと思う。

そういう意味ではB級な映画。けしてA級にはならない、そんな映画だと思う。キッドマンはあれだけの美しさを持っていながら(途中、生まれ変わった(?)シーンのキッドマンの美しさと言ったら!!いや、本当にきれいだよねー、このヒト)それに依存しない作品選びをする人だと思っていたけれど、つくづく頭のいい、ある意味毒のある女性だと思いました。(とっても誉めてます)


アレキサンダーと違うのは、予想できるストーリー展開と水戸黄門的な王道な範囲をはずれないスタンダードさ、というところだ。

好みはあるとは思うけれど、もしかして人間はあまり変化を求めない方が安心して楽しめるのかもしれない。


というわけで、今月の一本はこの「ステップフォード・ワイフ」ってことで。





あ、関係ありませんが夫婦で見に行くのは、そのカップルの状況をよく考えてからにした方がよろしいです。老婆心ながら書き加えさせて頂きます。

スポンサーサイト
2005-01-29

今月の映画鑑賞 「アレキサンダー」


映画アレキサンダー

私は映画が大好きなのだけど、いかんせん日本では高くてめげる。このあたりは各配給会社や関連会社様方の努力を期待するしかないが、とりあえずそんな先まで待ってられないのでせっせと試写会に応募しまくっている。
そんな努力(?)はどきどきしか実らないが、たまに今週のように二日連続で試写会に当たるというラッキーが訪れることも、ある(ピース)。


てなわけで、その感想など。

一本目は超歴史大作(?)「アレキサンダー」
そう、おなじみアレキサンダー大王の物語である。ついでに私の大好きなアンジェリーナ・ジョリーが出ているということでうきうき出掛けた。
正直言って、すっごく期待していた。

感想は・・・うーん、うーん、微妙。かなりビミョー。
悪くはない。絵もきれい。衣装も出演者も芸達者。・・・なんだけど。
そのー、くどいんだなあ。浅いんだなあ。アレキサンダーがなぜ二十歳そこそこでアジアまで大遠征して征服しまくっていったか、というのがこの映画の大テーマらしいが、それが母親の束縛からひたすら逃げたかっただけとはかなりお粗末な解釈ではなかろうか。そんなおこちゃま男の夢想のために何万人の人がばったばったと死ぬわけで、どこかの馬鹿な大国の大統領じゃあるまいしそんなばからしい話はない、とつい思ってしまう。
そう思ってしまったらもう駄目だ。気持ちがしらけていくだけだから、ね。


それで三時間以上の上映時間は、正直言って苦痛の割合もかなり、だった。


映画鑑賞においては、主人公の目線で想いで、ストーリーを追えるかというのが重要ポイントだと思う。主人公になった気分で、というのはなんだかあまりいい意味に聞こえないかも知れないけど、これがないとあるとでは大違い。
やくざ映画を見終わっていきなり肩で風をきるようなのもどうかだけど(笑)、その世界にはまれるというのはすなわちその時間を楽しんだ証拠。そのための重要なファクターは「共感」ということじゃないかと、これは私の持論。


アレキサンダーには共感できなかった。ただの馬鹿な考え無し男に見えた。
女は馬鹿でもかわいいのかもしれないが、男が馬鹿ってのはあかんだろう。
コリン・ファレルはいい俳優さんなんだけどなー。
実際ああいう年齢差のある役を演じきるのはすごいもんだと思う。30代の男性がどうみても20代そこそこのボンに見えてしまうというのはホント感心する。

精神的な面を掘り下げて新解釈で演出というのは、テレビでも映画でも最近の流行らしいけど、昔からのヒーロー像(ヒロイン像も)を破壊するのはやめて欲しいモノである。
悪役は悪役らしく、ヒーローはヒーローらしく。スタンダードで勝負して欲しい。



長くなったのでもう一本の感想は後で。
プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。