--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-25

今月の映画 「 蒼き狼 地果て海尽きるまで」


映画 蒼き狼 地果て海尽きるまで



いきなりこんなことを書くと恐縮だが、昔むかし、角川映画の大作「天と地を」を観て、招待券で観たにも関わらず「私の時間を返してくれ!」と思ったことがある。
誤解を招かないよう書いておくが、映像は特Aレベルだったし、戦闘シーンの色あいの美しさなんかは素晴らしかったのだが、映画としてみるとまるで感情移入ができなかったというか、話が超特急過ぎるというか、なんだか観ているこっちが置いてきぼりをくらったようなものすごく消化不良な感覚があったのだ。
映像があくまで美しく、その緻密さに制作費の膨大さも容易に想像できるだけに、よけい”もったいなさ”が募ってそういう感想になったのだと思う。


どうしてこんなことを書いたかというと、この「 蒼き狼 地果て海尽きるまで」の戦闘シーンがまさにこのときの感動的戦闘シーンにそっくりだったのだ。
壮大な大地に無数のエキストラを動員して撮影された戦闘シーンは、青いテムジン軍、ケレイト部族軍の黄色、メルキト部族軍の赤が混じり合い、見事に美しい。

角川春樹プロデューサー、よほどこの手の表現がお好きらしい。



というわけで、今回の「蒼き狼」である。



以前程「時間を返せ」的な気分にはならなかったが、やっぱり主人公テムジンに微妙に感情移入ができないのが痛い。
エピソードは血塗れなのに、妙に”いい人テムジン”的な表現なのがさらにその気分を増長させている気がする。彼のカリスマ性とかタレント性なんかがさっぱり伝わって来ないし、彼がどういう人間なのかまったく感じられないのだ。
よっぽど宿敵役(?)のジャムカや、欲深そうなケレイト部族の長トオリルなんかの方が、人間味を感じてしまう。

映画というより記録というような、エピソードの多さもどうなのか。キャラの立ち位置と役割が実感できないまま、気が付いたら死んでいたりするしねえ。(苦笑)
スピード感があると言えば聞こえはいいが、なんか”さくっと映像化してみました”な印象しかもてないのが辛い。息子ジュチとの確執と哀しみなんて、テレビの予告なんかだと映画の主軸みたいな感じなのに、実際には全然扱いが軽いのはなぜなんだ??
前半のテムジンがチンギス・ハーンになるまでのストーリーにあれだけ時間をかけるならば、後半はもっとじっくり息子との話を掘り下げて欲しかったと思う。泣ける話なだけにホントに”もったいない”


同じようなことが女性を巡る話にも思える。若村麻由美演じるテムジンの母ホエルンなんてホントにいいキャラだし、テムジンの愛妻のボルテのエピソードなんかも、息子ジュチの物語に繋がるだけに結果的にはただの「エピソードのひとつ」みたいになってしまっているのが惜しい。”戦利品”扱いしかされなかったモンゴルの女性達の悲しみみたいなものをもっとしっかりと観せてほかったなと思う。


キャストはさすが角川総力を挙げた映画なだけに豪華だが、なんといってもホエルンを演じた若村麻由美が素晴らしい。キーパーソンでもあるだけあって素晴らしい存在感で演じきっている。後はやはりジャムカを演じた平山恭介の存在感か。モデル出身と思っていたら演技力もなかなかなのは正直びっくりだった。
逆にオーディションで選ばれたAraは、キレイだけどやっぱり見ていてつらい演技力。日本語もままならないらしく、なぜ彼女だったのか理解に苦しむ。テムジンの第二夫人であり、共に戦う仲間でもあったクランはかなり重要な役だったはずで、演技力のある女優さんを起用していたら全然印象が違ったはずなのになー。
主役テムジン役の反町隆史は・・・・うーむ、なんか彼ってどんな役やっても「ご本人」なんだよねー。外見がああだから衣装的にも雰囲気的にも無理はなかったけど、やっぱり偉人の一生を演じるには少し役不足だったかも知れない。



こうやって書いてみると、ひとつひとつのパーツはいいし、よくできているのだな、と改めて思う。残念なことに、最後の最後のまとまり的なところでコケてしまっているのだろう。組立に失敗したプラモデルみたいに。
細部にこだわるのはいいけれど、少しヒキの視線を持って作ったらもっとよかったのではないかと思わせられる映画。壮大なモンゴルの風景と空気感は充分に伝わるだけに、やっぱり今回の感想も”もったいない”かな。(笑)









スポンサーサイト
2007-02-24

中国国家博物館名品展 「悠久の美」


悠久の美

どうして古代のモノってこんなにモダンなんだろう、といつも思う。


お酒を入れるための器。
お墓に入れるために作られた人形達。
守り神として作られたらしい動物達の人形。
神事を行うために作られたらしい、様々な道具達。


シンプルだけど、力強くて。
見事にディフォルメされた、現代でも充分通用するモダンなデザイン。
拙いけれども緻密に細かく作られた、その手作業の素晴らしさ。


特に日常生活品のたぐいは、これが”遺跡から出たモノ”ということを忘れて欲しくなっちゃうんだよね。(笑)
たぶん、まだまだ”神様と一緒に生きていた”時代の人々のパワーというか自然との調和力みたいなものが、これだけのモノを生み出すだけのエネルギーになったのかもしれない。




中国の古い美術品を見てきたというと、ほとんどの人が「故宮?」と思うらしい。(何人かに言われました)
台湾に行ったときに見たけれど、確かに故宮博物館の収蔵物は素晴らしい。中国四千年の歴史、そのものである。

それに比べると、今回の中国国家博物館のものはかなり”地味”(笑)
人によっては似たような焼き物ばかりで、面白くないなんて思う人もいるのかもしれなし。
考えてみれば、故宮のモノは「王者のモノ」が多いから、華やかなのはある意味当然、今回のその地味さ加減とシンプルさは、故宮のモノとは全く別だと思うし、比べるものでもないんだろうと思う。

私は結構面白かったです。






特別展 マーオリ―楽園の神々

同じチケットで入れる「特別展 マーオリ—楽園の神々—」
こっちも想像していたよりも見応えありました。
やっぱり「神様と一緒に生きている人々」ってなんかパワーあるよね。










2007-02-18

雛人形

今日は久しぶりに着物の先生のところへ伺う。
もともとは着付けの先生としてご紹介頂いた方なのだけど、今では着付け以外にも色々と相談できる心強い味方。
特に悉皆屋開業を目論んでからは、お話しているだけで色々参考になるありがたいお方である。着物のあわせ方についてとか、そのままでは使えない帯の再生とか。


長年の経験に基づいたアドバイスはどんなにお金を積んでも買えるようなものではない。


御年はかなりだけど、精神の柔らかさしなやかさ柔軟さは見習いたいといつも思う。
というか、こういう風に年を取りたい。マジで。




先生の所に伺うのにもうひとつ楽しみがあって、それはお部屋の季節のしつらい。
季節にあわせて様々なものがさりげなく飾ってある。
よく見ると素晴らしい年代物だったりするのだが、それが馴染んでいるそんな空間にも密かに憧れている


もうすぐ桃の節句の今日はお雛様が複数飾ってあった。
どれもこれも素敵だったのだけど特にどうしても惹かれるものがあって、お聞きすると80年前くらいのものらしい。
昨年亡くなられたお姉さまが知り合いに頂いて、周りまわって先生の手元に来たものらしいが、本当に血が逆流するかと思うくらい一目惚れだった。
これがお店なら残高を考えずに購入という暴挙に出ていたかも知れない。


親指くらいのサイズの焼き物のお人形なのだが、その色の素朴な美しさ。
台も手書きのようなのびやかな絵が描かれていて、おまけに分解して畳めるという機能さも備えている。
なによりその表情のいいこと!


大事にされていることがはっきりわかるお人形達。
幸せな子たち。



先生にお聞きすると、毎年「お雛様を出したら見に行くね」とおっしゃるお知り合いがたくさんいらっしゃるそうだ。
さもありなん。
来年は私も是非混ざりたいものである。




それにしても


どうして今日カメラを持ってなかったのか、私っ!





2007-02-18

70's ロックミュージカル・ガラ 「GENERETIONS」

参加しているゴスペルの絡みで、招待券をゲット。

何名でもいいですよ、な太っ腹なお誘いに、相方を連れて行ってきました。



G-Live&Party2007 『GENERATIONS』 70's Rock Soul Musical & Godspell




GENERETIONS



いやあ、面白かった!

ミュージカル好きには、ラインナップからしてたまりません。

「FAME」「HAIR」「RENT」(こないだ映画にもなってましたね)「ジー座州・位すと・スーパースター」の名曲がずらり。

特に「天使にラブソング」なんてあなた・・・・これがライブで聴けるってなだけでハッピーな私。


おまけにボーカル陣もなかなかです。一般的にはあまり知られてない(ごめん)けど、ミュージカル的な世界が好きな人なら「おおっ」と思う人ばかり。

「レ・ミゼラブル」のコゼット役で有名な鈴木ほのかや、姫君役といったらな伊藤恵里嬢、エブァンゲリオンの主題歌で一躍有名な高橋洋子さんとか。



なんといっても私が一番うれしかったのが、Tinaが出演していること。

実はデビュー当時に”一聴惚れ”して(私は多いんだよねこういうの)、デビューシングルから全部持っているという筋金入りのファンなのです。最近見かけないなあと思っていたので、喜びもひとしお。

変わらない歌唱力を初めて生で感じて大興奮!



ああ、これだけでも行ってよかった・・・・。(感涙)




ひとつだけ、悔しいことがあって。

後半「GODSPELL」というミュージカルのナンバーばかりのステージだったのだが、ミュージカル好きを公言してはばからない私が、知らないよーそれ!なにそれ!!



調べてみると「ジーサス・クライスト・スーパースター」と同年に作られた聖書をモチーフとした由緒正しいミュージカルらしい。

おまけに日本で上演既に三クールとか。




知らなかった!!




悔しいので今度上演されるときは死んでも見に行きます。



2007-02-18

今月の映画 「LOST2」

『LOST』ブロガー試写会キャンペーン



「24」「SEX and the CITY」「The OC」など、海外ドラマの花盛りの昨今。

主役の服装なども雑誌などで取り上げられる事も多いし、我が家はケーブルなのでなんとなくは観る機会もあるので名前くらいは色々揚げられるのだけど、なぜかはまるまでには至っていなかったジャンルである。



そう、この試写を観るまでは。



飛行機事故で無人島(?)に漂着した乗客達。

救援は来ず、疲弊する中で様々な謎が噴出する。

殺されたパイロット、十何年まえから発信されていた救難信号。

なぜか島には他の人間の気配もあり。

そして、偶然にも何度も効かされる数字の謎、”彼”の存在。




これでもか!的に、謎てんこ盛り。




いやあ、確かにこういう作りは真剣に観たらはまるだろう。

ひとつのエピソード、いや二回分でさえ、一日、下手するとせいぜい数時間分の話でしかなく、そして謎はしつこいほど繰り返され、フラッシュバックが繰り返される。

「これはどうなっているの?」「これってどういうこと?」と思えば、疑問をクリアしたいというのは人間の性。はっきり言ってはまらない方がおかしい。

もうひとつ、華やかな他のドラマと違って「LOST」の骨太な印象は、BGMが一切ないということにも因を発していると思う。

効果音のみ。音楽なし。

聞こえるのは彼らの息づかいや、本音のセリフ。

試写の最中、自分を含めてつい息を潜めて観ているのがわかった。そういう真剣さを喚起してしまうドラマでもあるのだろう。


恋愛や仕事、ファッションではなく、まさに「生存」というベーシックなものをミステリーに仕立て上げた「LOST2」。

映画と違ってドラマという放映モノだから細かいネタバレを書くのは差し控えるが、知識ゼロのまっさらな状態で観ても面白かった。

テーマだけ見れば好き嫌いはありそうだが、なにも考えずに観れば必ずはまる。

それは保証します。







この人気ドラマのシーズン2のDVD発売を記念して行われた今回の試写会場は、なんと ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメントの会議室。

コーヒーなどの飲み物付、おやつ付きというゴージャスさである。

おまけにおみやげが「LOST」程ではないにしろ(?)、人気海外ドラマのDVD-BOX一式+各ドラマのエピソード1をを納めたスペシャルDVDを一人一人にくれるという豪華さ!

買うといくらするんだよ、これ?ってな勢いである。

さすが天下のブエナビスタ、太っ腹さが素晴らしい。




だからといってよいしょする気は全くないが、エピソード1~2を観て帰宅後、ホームページから再放送予定まで必死に調べてしまった事実を観れば、面白さも充分わかってもらえるのではないだろうか?


2007-02-12

文楽公演 in 国立劇場

むかーし取材で大阪は文楽劇場の舞台を、ワキから覗いたことしかないという妙な経験を持つ私。
一回ちゃんと見たーいっ!と機会あることに叫びまわっていたら、優しいお方が連れていって下さいました。(笑)


モノは「摂州合邦辻」
歌舞伎ではおなじみの演目なので、話もわかってるから楽ちん!
おまけに舞台の横に謡の歌詞も出るので、非常にわかりやすいです。今、国立能楽堂の席にもモニターがついて賛否両論ですが(で、個人的には個別モニターは微妙だと思ってるけど)和文化ものはとにかく耳が慣れないと外国語並みに意味不明になってしまうことが多いのが問題なので、こういうわかりやすさはかなりポイント高し、です。


話としては簡単に言うと、高安左衛門の後妻になったが継子の俊徳丸に恋をして毒入りの酒を飲ませ失明させる。失明した俊徳丸は家を出て乞食となり果てるが、しかしこれは実は妾腹の兄に命を狙われる彼を助けるための彼女の策略で・・・、ということなんですが、なんで命を助けるために毒を飲ますんだ?みたいな疑問はやっぱり頭をぐるぐるしてしまいます。どう考えてもわかんなーい!
でも見せ場はかなりある舞台なのも確か。
人間が演じる歌舞伎もなかなか派手っぽいですが(昔ビデオでちょっとだけ視聴)、今回は出演者が人形ということもあるので動きの激しさというか派手さはさらに凄い気がします。彼を捜して婚約者の浅香姫も追っかけてくるのですが、この女性二人のつかみ合いとかなんてマジで横に吹っ飛んだりしてるし。
まさに”大奥?”てな勢い。(笑)


人形だから表情はないはずなのに、それが見ているうちに表情を感じられる気がしてくるのにはかなり感動です。頭使いになるまでは平均30年くらいかかるそうですが、本当に眉を上げたり目を伏せたりしているように見えちゃうから凄い。
このあたり能面の使い方にも通じるものがあるかもしれません。静の文化である日本の芸術ならではの繊細さですね。




今回連れていって下さった方が顔の広い方で、舞台が終わった後楽屋にまで潜入伺わせて頂けました。なんと人形まで持たせて貰っちゃったぞ!

2007-02-12
この格好では微妙に怪しい




初体験(?)としてはなかなか豪華で充実した内容でしたw。
また機会があったら行ってみたいな。
2007-02-01

今月の映画 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」


映画バブルへGO!!


2007年、現代。800兆円の借金をかかえ破綻の危機に瀕した日本を救うため、財務省大臣官房経済政策課の下川路は、ある計画を進めていた。それは 1990年にタイムスリップし、“バブル崩壊”のきっかけとなったある法案の発表を阻止し、歴史を作り変えるというプランだった。その極秘プロジェクトが白羽の矢を立てたのは借金返済に追われるフリーター真弓だった。真弓はタイムマシンの開発者であった真理子の一人娘。一足先にタイムスリップした母親の真理子が90年の東京で失踪したことを知った真弓は、借金から逃れるため、そして母親を救うためドラム式洗濯機(!)に乗り込み、誰もがバブルに浮かれる 1990年へタイムスリップするのだが・・・・。


とにかく面白い。細かいところをツッコミだしたらキリがないが、ここまでバカバカしいとそんな気にもならない。
そして、深い(笑)
8年ぶりとはいえ、さすがホイチョイ・プロダクションズである。


かなりの誇張はあるとはいえ、バブル期の文化をこれだけ再現したのもお見事。確かにこんな髪型だったなとか、眉毛太過ぎっ!とか、クラブじゃなくてディスコだぞとか、今から見るとコスプレとしか思えないボディコンやらダサいとしか思えないウェストマークの服とか襟立てポロシャツとか、まあ出てくる出てくる。見ていて恥ずかしくなるくらいだ。(笑)
そういう意味では”懐かしさ”という味付けだけでも充分楽しめる映画である。


それにしてもこの日記でも何度も書いているが、阿部ちゃんはホントにいい役者になった。「はいからさんが通る」の少尉役で映画デビューしたときは、子供心にもすぐに消えるんだろうなあこの人と思ったくらい下手っぴ(ごめん)だったのに、まさかこんなに上手い役者になるなんて。
考えてみたらメンズノンノのモデルからデビューという、彼自体がバブルの申し子なんだよね。
個人的にはこの人と堤真一は日本を代表するカメレオン役者として誇っていいのではないかと思っている。普通なら印象が深すぎるだろう長身ハンサムぶりなのに、どんな役にもすんなりとけ込んで違和感がないのは見事というしかない。
確かに他にもいい役者は一杯いるけど、自分を完全に消せる役者はまだ少数派だと思う。


ヒロイン広末涼子嬢もなかなかの好演。
ってか、この人どうしてこういう”頭カラッポ尻軽娘”を演じさせると天下一品なんだろう?長年疑問なんだけど、とにかくこういう役にはどんぴしゃです。子供を産んだとは思えないスレンダーなスタイルもお見事。ってか、実年齢27歳でっせ?あり得んっ!
悪役 武雅刀もさすがの存在感だし、ワキ役陣も劇団ひとり(この人も面白いよなあ)とか小木茂光とか玄人好みの隙のなさ。ディスコのシーンで出てくる飯島愛とかラモスとか、テレビ局のシーンで出てくる飯島直子なんかよく出演を承諾したよねって感じだし。贅沢だけど使い方酷すぎない?そうか、ドーハの悲劇がなければラモスジャパンだったのか。(苦笑)
唯一残念なのが薬師丸ひろ子の若い頃が少々無理があったかな?というくらい。いや、演技は文句ないんだけど・・・さすがにね。(苦笑)
劇中の下川路のセリフ「お前、老けたなあ」につい思いっきりうなずいてしまったのは私だけではないと思う。(ファンの方すみません・・・)



”タイムパラドックスもの”のルールを完璧に無視したラストには賛否両論もあると思うし、特にこの映画で描かれている”バブル期”をリアルで体験している世代にとっては、今現在の生活がどのレベルにあるかというところで評価は分かれそうな気がする。
はっきりいってバブルに踊ってそのまま人生から脱落してしまった人もいるわけで、墜ちてしまった人には笑うどころかしょっぱすぎる作品でもあるだろう。また、いろんな意味で幅広い層のメンタルな部分を刺激する部分があることは見逃してはいけない。
けれども、とんでもないラスト(例えばあるものが三つに増えてる!(笑))とか、完全なおとぎ物語と思って見る分には「もしかしてこんな未来もありだったかも」とひととき夢を見る楽しみをも与えてくれそうだ。

どれだけバブルがおろかだったとしても、現実の過去は変えようがないんだから。
過去は笑い飛ばして今を見据えた方が、きっと楽しいに違いない。



ひとつだけ心配なこと。
バブルを知らない世代に見せるとある意味危険なのでは?
贅沢しまくりの時代なんて素敵ー、なんてなっちゃったら、ね。(苦笑)



プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。