--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-30

今月の映画 「世界はときどき美しい」


映画 世界はときどき美しい01



映画 世界はときどき美しい02


38歳のヌードモデル、大阪の新世界の飲み屋を梯子するオヤジ、セックスの後、会話がかみ合わない男女、避妊の失敗から生まれてくる子供にとまどう男とその彼女、寂しい気持ちを伝えることができない親とそれを知っても自分の生活を捨てられない娘。。。。様々な人生の1ページを切り取った五編のオムニバス。



「世界はときどき美しい」・・・なにやらため息が出そうなこのタイトル。
聖書かなにかから取った言葉かと思ったら、フランスの詩人、ジャック・プレヴェールの詩篇「われらの父よ」より引用された言葉なのだそうだ。

確かにフランス映画のような、そこはかとなくシニカルな視点を持つ映画である。
どの話も、その中に登場する人々も、ある意味あきらめに似た思いを抱えているように見える。
淡々と過ぎる日常と淡々と生きる人生のオムニバス。


その中にドラマはない。
あるのは「出来事」だけだ。


誰しもが覚えのあるような日常や、どこにでもいそうな、もしかしたら自分にとてもよく似た登場人物。
彼らを見ていると、人生って結構しんどいものなんだな、と思う。
苦しいとかではなく、ただ”しんどい”もの。哀しいのではなく、ただ”せつない”もの。


松田美由紀、柄本明、松田龍平、市川実日子といった実力はあるけどクセのある役者たちと、ざらざらした手触りの8ミリフィルムの映像がどこかノスタルジックな印象を与える。


自分や周りに言い訳しながら、あきらめながら、人は生きるものなのかもしれない。
も時々、それでもふと輝くような出来事が起こるのなら、だからこそ、人生は時々美しいのかもしれない。




映画はよかったけれど、はっきり言って試写会は酷かった。


上映十五分前に会場に着いて「満席です」というのはまだいい。(よくないけど)
上映が終わり、人々が出ていく。その中でなんと監督の登場。おいおい、前もってアナウンスとかしないわけ?
目の前で観客が席を立って帰っていく姿を見せられた監督の気持ちを考えると怒りさえこみ上げる。
おまけにその後の抽選会では、入場時にお配りしたチラシにある番号で・・・・・ってもらってないよ?
文句の言葉に「先着のお客様にはお渡しした」としらっと言い切るスタッフの態度は、本当になめている。


タダで見せて貰っているのだからとだいたいのことは今まで目をつぶってきたけれど、さすがにあんまりだ。
客を呼ぶ、サービスをする、そこになんらかの予算や思惑が動く限り、絶対に学芸会であってはならないのだ。


人間はなにかマイナスを感じると、それに付随するものに対してあまりいい感情を持たない。
せっかく「いい映画」だと思っても、その後にマイナスの感情を植え付けられたら人はそちらの思いを優先する。

真摯にこの作品を作った監督やスタッフの気持ちを踏みにじるような時間は、映画じゃないけれどとてもせつない出来事だった。
主催がどこだったかはっきり確認できなかったが、反省して欲しいものだ。
(2007年8月28日に東京の文京シビックホールでの出来事だった)


スポンサーサイト
2007-08-25

麻布十番祭り

仲良しの着物仲間と。


20070825_01

すごい人混み!


20070825_02

モヒートと極上のシチュー。
場所柄か内容もそこはかとなくお洒落です。


20070825_03

はい、ポーズ♪



浴衣の季節ももうそろそろ終わりですね。
ちょっとさびしー。



2007-08-21

今月の映画 「Life 天国で君に逢えたら」


映画 Life 天国で君に逢えたら
1991年、プロウィンドサーファーの飯島夏樹は、ワールドカップに出るため、妻と世界各国を転戦していた。家賃も払えず、公園に寝泊りするようなドサ周りの日々だったが、献身的な寛子の支えもあり、とうとうオーストラリア大会で夏樹は見事優勝。
晴れて結婚式を挙げ、4人の子宝にも恵まれ、順調に人生が開けていくかに見えた。それからも夏樹は世界中のレースに出場し、連勝を続けたが、ある時、体の異変を感じた夏樹は、精密検査の結果、肝細胞ガンであることがわかり。。。。


2005年に他界した、世界的プロウィンドサーファー、飯島夏樹とその家族を描いた真実の物語。

事実がベースであるからある意味、淡々と話は進む。トピックス的なものはさすがに演出的に描かれているが、どちらかというと記録映画的なスタンスが強い印象だ。


とはいえ、



「パパ、死なないでっ!!」



・・・・・子供は反則でしょーっ(涙)



はい、きっちり泣きまくりました(爆)
地味だけど、思いのほか涙ポイントの多い映画でありました。



生前、飯島氏はガンと診断されてから、ブログで様々なエッセイを発表して、同じく病で苦しむ人やその家族から大きな反響を呼んだそうである。この映画の企画自体も、本人が実際に制作会社に持ちかけたそうで、彼の生き様はさぞかし多くの人の心の支えになったのだろうと思うが、残念ながらそのあたりもさらりとした描き方に留まっている。
できれば、もう少しそのあたりをじっくりと描いて欲しかったように思う。


そしてその彼を支える妻の寛子さんの献身ぶりは、こちらはじっくりと描かれているだけに、家族愛のすばらしさを感じさせるには(少々くどいにしても)過不足ない仕上がりだったように思う。
どちらかというと色白美女という感じの伊藤美咲嬢も違和感なく、随分演技力がついたなあという感じ。


伝説のプロサーファーを演じた大沢たかおも、マリンスポーツになじんでいるせいなのか見事な”サーファーっぷり”
レースのシーンは吹き替えがわかるのはさすがにしょうがないが、素人とは思えない技を披露している。
先輩サーファーの哀川翔、そしてできすぎちゃうのぉ?!なその奥方真矢みきの安定した演技もよかったが(逆に袴田君は見せ場なさ過ぎで気の毒)、個人的には小夏ちゃんを演じた川島海荷ちゃんの将来に期待大である。




ハワイの青い海、見事な自然の中で様々な障害を乗り越えていく家族の力。
見終わった後、同行者がつぶやいた「結婚っていいなあ」という言葉に、この映画の伝えたいことは集約されていると思う。


こんな風に見送られたら、確かにきっとまた天国で逢えるような気がする。

2007-08-19

初めてのおつかい、じゃなくてお出かけ

以前から周りに公言していることだが、和服姿の男性が好きだ。
というか、和服は絶対男性の方が似合う。
男前度だけだって三割アップは確実だ(当社比)


当然自分が着物の時は、殿方に和服でエスコートして貰いたい。
そんな野望を込めて、わが相方に着物を着せるべく、密やかに根回し及び啓蒙をかかさなかった私。
既に数年前からリサイクルやらで着物を準備、小物を買い揃え、「オトコのキモノ」のたぐいの特集雑誌はさりげなく買い置き、事あるごとに「男性の着物姿って素敵☆」とのすり込みをかかさずと、我ながら涙ぐましい努力を続け、とうとう「着物でお出かけも悪くないかも~」というセリフを引き出すことに成功!



というわけで、やっと念願叶ってのデビューと相成りました。(浴衣だけど)
ああ、長い道のりだった。。。。



20070819_01

男性の着付けはよくわからないので、着付けの本を買い与えてみたところ
あーだーこーだと騒いだあげくですが、自分で着てしまいました。
なかなか堂にいってると思いませんか?
(家族の贔屓目だろうか?)


私もあわせて、本日はしじらの浴衣で♪


20070819_02





今日のお出かけ先は、ここ。


20070819_03

初台にある代々木能楽堂。
都内では唯一の野外の能楽堂です。

しかしこれが個人のお住まいなんだからすごいよねー。
ちなみにご当主独身です。我こそは!の方、是非いかが?(笑)

2007-08-19

バリに行ってきました


久しぶりの日本脱出でバリへ行ってきました。

考えたら日本帰国後初の海外旅行。
少々言葉がジャパングリッシュ状態になっていたようですが、なんとか無事に戻って来れました。

バリ01


バリ02

市場に行ったり、

バリ03


バリ04

バリ05

海辺でのんびりしたり、

バリ06


思いがけないほどの縁で結ばれた出会いもあって、
ヒンズーの神様にまで祝福を受けたか?と思うようなハッピーな日々。
(Oさーん、また是非ご一緒いたしましょう♪!)

おかげで体も精神も限界まで伸びきったか?!、というくらいリラックスした数日間でした。
(現在社会復帰が危ぶまれ中)




さて、今回行き先をバリに決めた理由は二つあります。

ひとつは赴任していたオランダのいわゆる植民地であり、あちらにいる頃に様々なインドネシアンな文化に触れたこと、その”モト”をこの目で見たかったこと。
そしてバティックやイカットなど、日本の着物文化にもしっかりと存在をアピールしているアジアの織物をこの目で見たかったこと、です。


例えば、この看板。

バリ07

ちょっと暗くて見にくいのですが「APOTEK」とあるの、わかりますか?
意味は「薬局」なんですが、これ実はオランダ語なんです。
普通にこれが使われているところに、オランダ統治時代の影響を感じます。

もうひとつ、例えばこれ。

バリ08

ルンピアという揚げ春巻きのようなもの。
インドネシアンフードですが、オランダではどこのマーケットでも見られます。
冷凍食品でも売っているくらいポピュラーな食べ物です。

私はこれが大好きで、今回久しぶりに食せて大興奮!
見かける度に食べまくって、同行者の失笑を買いました。

そういう意味では、バリに行ってオランダの文化を懐かしむという、妙な日本人だったかも知れません。
(ちなみにインドネシアではオランダというのは非常に複雑な対象なので、けしてよい感情ばかりではないということはお忘れなく)



そしてもうひとつの目的。


バリ09


バリ10


バリ11


バリ12


本物の工房にまでは時間の都合で訪れることはできませんでしたが、
観光客用のデモとはいえ、それなりの工程を見学することができました。

十日市やその他の産地で様々な機織りや友禅の蝋引きなどを見たことがありますが、
作業の細かな手順は違うといえ、おおまかなやり方や考え方はまったく同じなのには改めて感動を覚えました。


リサイクルものなどに触れる機会が多いと、思いがけずこのようなアジアな生地そのものだったり、影響を受けただろうものをよく見かけます。
異国への単純な憧れだったのかも知れないし、もしかして京都の葵祭りの山車にかけられた錦のように、海外から多くの手間をかけて輸入されたものを見せびらかすような思いもあったのかもしれません。
けれども、国は違えど同じ人間、自然のものを利用して素直に美しいと思いながら生み出したものには、素直に感動しただろうし、親近感を覚えて取り入れたとしても、なんら不思議はなかったのではないかと、そう思うのです。



今回買い求めてきた布達は、水屋箪笥や階段箪笥などどちらかという和のテイストの我が家にも初めから存在していたようにしっくり馴染んでくれました。
目にするにつれ、たくさんの出会いに恵まれたバリの思い出がよみがえるような気がしています。


2007-08-06

今月の映画 「ミルコのひかり」


映画 ミルコのひかり01


映画 ミルコのひかり02


映画を愛してやまない少年ミルコは1971年、不運にも事故で両目の視力を失い全寮制の盲学校に通うことになる。自分の身体に起こった変化を受け入れられないミルコ。希望の光を失いかけたある日、一台のテープレコーダーと出会い、“音”が作り出すイメージの世界を知る。

規律でしばろうとする学校で異端視されながらも、やがてミルコは音による物語の創作を思いつき、管理人の娘フランチェスカやクラスメートたちと共”音による物語”を作ろうとするのだが。。。。





カンペキに視覚型の人間である。

記憶しかり、判断基準しかり。


音楽や音は必需品ではあるが、あくまで映像の脇役、というのが私にとっての「音」の存在だ。



しかし、この映画を観て、逆の価値観もあるのだと今更ながら思い至った。


目を閉じて聞けば(映画館で「聞く」もないもんだが(笑))、目の裏にはっきり浮かぶ映像。

塔にとらわれた姫君、竜の吠声、カモメの羽ばたき、ヒマワリ畑のミツバチの羽音。


ミルコが紡ぐ音は、完全に映像を再現して”見せて”くれる。




以前観た試写で「パヒューム」という”香りを映像化した”作品があったが、これは”音を映像化した”作品と言い切ってしまっていいと思う。




現在イタリア映画界の第一線で活躍する音響編集者(サウンド・デザイナー)となったミルコ・メンカッチ。

6時間という長時間に恐れをなして未だに観ていないが、あの名作『輝ける青春』の音響デザイナー

の少年時代を描いた実話であるこの作品は、なんとイタリア全土から盲人の素人の子供を実際に集めて撮影したそうである。

しかし演技の素人とはとても思えない、少年達の生き生きとした表情。どこかメルヘンティックな作品をただのおとぎ話だけにしないだけの事実の重みを伝えてくれる。

盲人は法律で一般の学校に通うこともできず、未来の可能性も閉ざされていた時代。

その中で、結果的には法律を変えるきっかけになった、ミルコの個性と才能には素直に拍手を送りたくなる。




映画ではぼかされているが、現実にはもっと悲惨だったと言われる盲人学校は今では過去のものかもしれないが、紛れもなく「現実」の時代があった。

そしてミルコも彼らの友人達も、実在の人物であり、それの体現者達なのである。

友情、初恋、言葉にすると陳腐だけれど、そんなつつましい喜びも確かに存在したのだと思うと、うっかりうれし涙を流してしまいそうになるのだ。



大人になって才能を開花したミルコのそばには、未だにフランチェスカが寄り添っている。

観終わった後にそんな夢を見てしまうのは、あまりに理想的に過ぎるだろうか。



2007-08-04

新しい下駄

久しぶりに下駄を新調しました。


実は今通っているビルの一階が履物やさんで。
前から気になっていたのですが、ある日意を決して入ってみると、なんとそこは、

下駄屋さん!(大興奮)




20070804下駄




というわけで、おニューの下駄でこれから花火大会に出掛けてきます♪






20070804ケーキ01

開業お祝いにケーキを頂きました。なんと薔薇のケーキ!

20070804ケーキ02

薔薇のジャムでコーティングされています。
冷やして食べると美味♪





2007-08-01

今月の映画 「恋とスフレと娘とわたし」


恋とスフレと娘とわたし


ロサンジェルスでスウィーツショップを経営するダフネは、若くして夫と死別してから、3人の娘を育てあげた。ダフネにとって、娘たちの幸せな結婚だけが唯一の夢。娘二人は無事に結婚し、あとは末娘ミリーの行く末を案じるばかり。人気ケータリングショップでシェフとして働きながらも、まともな彼氏に恵まれないミリーを心配し、ダフネはミリーに内緒で花婿募集のWEB広告を出す。そんな中で登場した理想の花婿候補二人。

そんな中、偶然にも出会った花婿候補の父親とダフネは一目で恋に落ちてしまうのだが。。。。



久しぶりにダイアン・キートンの映画見に行くんだ~、と言ったら
年若い友人達に軒並み

それ誰?

と言われ、少々年代差を感じる今日この頃。(笑)



まあそれはともかく。

私もさすがにリアルタイムではないけど(笑)、リバイバルの「アニー・ホール」や「ミスター・グッドバーを探して」での、当時のファッションアイコンたるお洒落な彼女に憧れた覚えがある。
そんな彼女はもう60に手が届いているはずなのに、相変わらずキュート!お洒落!

ふんわりしたフレアースカートにウエストを幅広のベルトでぎゅっと締めたクラッシックな装い。
真珠のネックレスをこれでもか、と巻き付けたリトルブラックドレス姿。
歳を考えたらあり得ないスタイルの良さを存分に生かしたパンツルック。


娘の恋愛に口を出すわ、行動に移すわ、あげくの果ては娘の花婿候補をインターネットで募集(!)するわ、口癖からして「Because I said so(原題)」、激しくうっとうしい母親役なのに、それが嫌みでもなく、かわいらしく思えてしまうのは彼女ならでは。


この母親の娘ならば、と男性二人が興味を持ってしまうのも、なるほどうなずけてしまう。


その娘役のマンディ・ムーア。歌手として有名な彼女でもあるけど、キュートな娘役をやらせたらこっちも天下一品。最初は少々だらしない、今で言う「干物女」な彼女が、恋をして、どんどん綺麗になっていくところは、初主演作の「プリティ・プリンセス」を彷彿とさせる。
少し太めなところもまた、親近感が湧く。モデルのような綺麗さでなく、生き生きとしたエネルギー、笑うと鴨のようにのどが鳴り(笑)、しゃべりだしたら止まらないミリーの魅力を見事に体現していたと思う。


仲がいいからこそ、過剰な心配をしてしまうのが人間。
それが同姓の親子であるならば、自分が踏んだ轍を踏ませたくないのが親心。
ミリーの魅力的な二人の姉も、ミリーもそれがわかっているからこそ母親の過干渉を受け入れている。

「私の言っていることは正しいわ」

けれどもそれは娘達独自の思いや考えを、頭ごなしではないにしろ否定しているのと同じ事。
人生に起こりうることを全て経験している人間などいやしない。
正しいはただ「自分にとって正しい」だけなのだ。


新しい恋にめぐりあって、それに気が付いたダフネは、これからもっと娘達と素敵な関係を結んでいくのだろう。



ミリーの二人のボーイフレンドもそんなにメジャーではないようだが魅力的だし、個人的にはダフネの相手役、スティーブン・コリンズ(スタートレックのデッカー中佐!)が渋くてナチュラルな大人の男で素敵だった。

いや、ほんと。
60の齢でこんなどきどきかわいいキスが出来るんだったら、女冥利に尽きる。
ってか、歳を食うのも悪くない。

最近では一、二を争う素敵なラブシーンだった。




人生はサプライズ。
そして、自分を偽っては本当の幸せは手に入らない。


一番自分らしくいられる相手を選んだミリーも、突然の恋に落ちてしまうダフネのとまどいぶりに心がキュンとなる。
恋っていいもんだな、と思える、とてもかわいらしい映画です。



プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。