--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-28

今月の映画 「60歳のラブレター」

大手建設会社の定年退職を目前に控え、ずっと家庭を顧みなかったまま若い愛人と第二の人生をはじめようとする孝平と、専業主婦として家族に尽くしてきたちひろは、離婚を決意。お互いが別々の道を歩み始めたとき、新婚当初ちひろが30年後の孝平に宛てて書いた手紙が、時を経て届けられる。それを読んだ孝平がとった行動とは。
5年前、愛妻に先立たれ娘と暮らす医師・静夫は、医療小説の監修を求められ、翻訳家として第一線で活躍する麗子と出会う。新しい恋に臆病だった2人に勇気をくれたのは、思いがけない人からの英語でつづられたラブレター。
青春時代にビートルズを謳歌し、今は魚屋を営む正彦と光江。口げんかは絶えずとも、友達のような2人に訪れた悲しい出来事。手術にのぞんだ光江が眠る病室には正彦が弾き語るギターの音色が響く。それは2人の思い出の曲でもあり・・・・。



大手銀行が2000年より実施してきた、夫婦が互いへの感謝の気持ちをハガキに綴って応募する投稿企画。合計8万通を超えるこの人気企画にインスパイアされて生まれた映画で描かれるのは、3組の夫婦と3通のラブレター。
それぞれ異なる人生のストーリーをグランドホテル形式で描いたこの作品は、ある意味年代が違えばとらえかたも違うような部分も多いのではないかと思う。

それでも、歳を経るごとに押し寄せてくる不安にふと立ち止まったり、それを見たくないが故に現実から目を背けたり、そんな感覚はたぶん誰にでもあるものではないかと思う。


誰もが愛されたい。愛したい。誰かとつながっていたい。
それがけして報われないとどこか諦めの境地であったとしても、それだけが唯一勇気と力を与えてくれるものだから。
それだけが孤独から救って満たしてくれるものだから。


30年も片思いができるのは、せつないけれどもしかしたらものすごく素晴らしいことなのかもしれない。



そして、ちひろのようにラベンダーの花をプレゼントされなかったとしても、麗子のように英語のラブレターを貰わなくても、光江のように歌を歌ってもらわなくても。
こんな風に心が寄り添える老後を迎えられたら、きっと幸せな人生の終焉を迎えられるに違いないと、これが実話をベースにしているだけにうらやましく思う。
そうしたらきっと、自分は心から誰かを愛した、それを心から満足して逝けるのだろうから。



スポンサーサイト
2009-04-26

Tokyo marunouchi Flower Weeks 2009

丸の内でこんなイベントに遭遇しました。





















オランダにいた時はこういうイベントはしょっちゅうあちこちでやっていたし、オランダのフラワーアレンジメントの国家資格ももっているので身近だったけど、最近はとんとご無沙汰で久しぶりだったのでちょっと嬉しかったです。

やっぱりお花はいいよねw








2009-04-26

阿修羅展@東京国立博物館


たかが像、されど像。
日本が誇る阿修羅像は、間近で見るとやはり見事なものでした。


サンスクリットで「asu」が「命」「ra」が「与える」という意味を持ち、そもそもは善神だったみたいなのに、いつのまにかヒンドゥー教ででは帝釈天に戦いを挑んだ悪者として、暴れん坊な鬼神のイメージが定着している阿修羅。


そういや、昔、「阿修羅のごとく」ってドラマとかありましたよね(笑)

けれども、この阿修羅像は、どこか悲しく厳しく、それでいて微笑んでいるようなとても端整で美しい表情。
荒々しさは全然なくて、むしろ静か過ぎるほどの印象

あえて戦うことを受け入れているような、そんな強さが感じられる阿修羅像は、だからこそ惹きつけられるのかもしれません。








長蛇を列を覚悟していましたが、GW初日の今日は20分待ちでした。
で、日射病避けか、こうやって日傘を貸してくれるみたいです、びっくり。

いやあ、サービスも変化しているんですね(笑)




阿修羅展
http://www.asahi.com/ashura/


2009-04-25

シングルモルト三昧@Bar, Polka Dots & MOONBEAMS


転職してからとんとご無沙汰の某バーにて開催されるモルトの会に。
とはいえ、蒸留酒は全然詳しくないので常連さんのオマケ状態(笑)


同行者によると、21種類くらい飲んだらしいです。
シングルモルトって同じ名前でも年代やボトリングによって全然違うのは、ワインと似てるかもとふと思ったり。



特に気に入ったのは以下の二種。



悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)



悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)




2009-04-24

まぼろしの薩摩切子@サントリー美術館




そもそも和モノ好きなので、とーぜん切子も好きなんですが、
江戸切子よりもっとモダンな感じを受けました。
オランダと交易してたり、ある意味先進的な
素地があった薩摩だからこそなのかもしれません。

紅色は薩摩が最初に発明したとか、
衰退の歴史が不明なまま、時代の中に埋もれてしまったとか、
なかなか興味深い展示品がたんまりあって面白かったのですが
なんといっても圧巻は、薩摩切子の雛道具!!

あの篤姫の輿入れ時に、薩摩藩の威信をかけて持たしたらしき代物は
5cmにも満たなそうなサイズの足つきグラスとか、三段重ねのお重とか、
まじごっそりと並んでいて。

それが全部切子細工なんですよーっ!
いやはや、ひとつでいいから頂戴って感じでした(笑)


サントリー美術館HP
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/09vol02/index.html



2009-04-23

Today's Flower


悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)





2009-04-19

錦糸町 とり喜

焼き鳥をこよなく愛するメンバーにて、スピンアウト的に発足した焼き鳥部、第一回部活にて、錦糸町はとり喜に行ってきました。


はじめの鶏刺から目が点。
なにこれっていうくらい、美味しい。

ただ焼いただけの椎茸がなんでこんなに美味しいのーっ!(叫)





























いやはや、日本酒があくことあくこと(笑)
鶏好きを自認して○年、つくづくまだまだ上があることを思い知った春の一日でした。



2009-04-19

また咲いてくれました


引越し祝いに頂いた蘭の花。
ベランダに出しっぱなし、もう四年も経つのに、毎年こうやって綺麗に咲いてくれます。



悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)



なんかうれしいよね、こういうの。



2009-04-18

新しくって、綺麗なもの。


新しいピアス。

疲れているときは、綺麗なものやいいにおいのものに癒される。


悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)


悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)


sowiというブランドのもの。
自然のモチーフに一目ぼれしました。




2009-04-15

大丈夫


これだけは、今日だけは絶対、っていうのって、誰にでもある。
そういうときだけ軒並みアウトって、やっぱりちょっとずつ心に澱が溜まる。痛い思い出が残る。知らないうちに心が疲弊する。



そういうときにただ怒らせてくれたらきっとまだ楽なのに。




そういう弱さは許してもらえないんだなって思うと、ちょっとせつない。
こういうときだけ、受け止めてはもらえないのは、なまじつらい。
同じ高さに降りてきて、お互いの怒りと苦しさをぶつけ合う戦いになってしまうだけなのが、悲しい。



大丈夫だよって言いながらは、怒れないよね?
そんなに自分の不安の方が大事?



正しいとか正しくないか、なんて必要ない。
だって、みんな、正しい。正しくないことなんてない。
正しいなんて、偉くない。





でも、大丈夫。


そう言ってもらえなくても、ちゃんと自分で自分に言ってあげられる。
いつだって。

大丈夫。私は大丈夫。



2009-04-15

roses


悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)


悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)


どんなときでも綺麗な花には癒されます。




2009-04-12

釣果

ひょんなことから私の知り合いと相方が意気投合し
なぜか釣りに行くことになり。


朝っぱらから出かけてたと思ったら、これだけ釣ってこられました。




新鮮なうちに食べようと思いつつ、今日はなぜか、
またもやお蕎麦を打つのが趣味の知り合いから生蕎麦が届き、
うっかり四人前を一気に消化してしまったので(アホ)
お刺身以外は今週の楽しみかな。


相変わらずいろんな方のおかげで美味しい思いしております(笑)



いわしとメバルは粕漬けに、カレイは煮付けに、アジは刺身にしましたw
次回は是非、鈴木さんか佐波さんで(笑)




2009-04-08

文京区さくら祭り











毎回思うけど、ここって穴場なんだよね~。

とっても綺麗でしたw




2009-04-04

今月の映画 「ミルク」



1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルクは、20歳年下のスコットと出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、小さなカメラ店を開店。
そこはたちまち同性愛者やヒッピーたちのよりどころとなり、ミルクは彼らを快く思わない保守派に対抗した新しい商工会を結成する事になる。社交的でユーモアにあふれたミルクは、近隣住民の抱える問題に、政治的により関わりを深めていくのだが・・・・。


アカデミー主演男優賞が発表されたとき、まだこの作品は観ていなかった。
候補作の中では、「ベンジャミン・バトン」のブラビがかなり感動的で、彼が取るとばかり思っていたので、かなり意外だった。


観終わって、しみじみ思う。
ショーン・ペン、凄い、凄すぎる。
これはどんないい演技をしたとしても、ブラビがかなうわけが無い。レベルが違う。

それくらい、この映画のショーン・ペンは凄い。



同性愛が、犯罪者と同等に扱われていたに等しい時代。
どこか人を集める才能というか惹きつけるチャーミングな魅力があったのだろうハーヴィー・ミルクは、何時の間にかゲイだけではなくレズ、マイノリティのような同じような差別を抱えるコミュニティのヒーローになっていく。
結果的には、ゲイだと公言した初めての政治家となり、アメリカの歴史に明確なマイルストーンを打ち立てた。
その功績は今も語り継がれ、様々な人に勇気を与えているのは間違いない。


けれども、この映画で描かれるミルクは、そんな完璧なヒーロー像とは一線を課す。


落選し続ける中で疲弊していく愛する恋人を選ぶこともできず、弱さゆえに依存する若い恋人を同じく弱さゆえに突き放すこともできない。
結果、どんどん栄光の中に押し出されていくミルクは、反面プライベートではどんどん孤独になっていく。

自分のためではなく、みんなのために、誰かのために。
ただそれだけなのに、みんなの”者”、公共の”者”となったために、身内や自分は犠牲にせざるを得ない。
ほんのちょっぴりの自尊心と達成感と引き換えに。


仕事や義務は麻薬だ。快楽や達成感を簡単に感じることができる。



この映画ではけして超人ではない、ただの人間のハーヴィー・ミルクが丁寧に描かれる。
それを細やかに演じきったショーン・ペンだからこそ、せつなくて心に残るのだろう。


そう、人間は利己的でちっぽけな存在であっても、勇気を持って誰かに力を与えることはできるのだと。
それを存在で示したからこそ、最後のパレードの光はことさら暖かい。



2009-04-04

夜桜



悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)



悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)


2009-04-02

Today's Flower



悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)



悉皆屋さん、やってます。 (しっかいやさん、やってます)




2009-04-01

今月の映画 「ザ・バンク 堕ちた巨像」



インターポール捜査官のサリンジャーは、ニューヨーク検事局のエレノアと共に、国際メガバンクのIBBC銀行の捜査を続けていた。内部告発をしようとした銀行幹部との接触のためにベルリンを訪れたサリンジャーだが、検事局員を目の前で殺され、また告発者も事故死に見せかけて殺されてしまう。証言を得るためミラノを訪れたサリンジャーとエレノアは、軍事メーカーの社長から銀行が武器取引に関与していることを聞きだすが・・・・。




セットとはわかっていても、某有名美術館を再現したクライマックスの銃撃戦はかなり見ごたえがある。
こんなに壊して大丈夫なのかなあ、とか、こんなもんに巻き込まれたらたまらんよなー、とかいう一般常識的に見れば突っ込みどころ満載だけど、それだけ映画的なシーンであり、熱いアクションシーンだった。


その映画的なものやご都合主義に、うまく現代の問題点を絡めた本作は、最初ぐいぐい引き込まれるが、そのうちに失速していく。
見終わった後の妙なむなしさは後述するが、考えるに人間というのは、テーマや目的を共有できていないと心が失速するものなのかもしれない。


悪者を捕まえる。
正義が勝つ。

もしくは主人公が絶対絶命な状況を乗り越え、ハッピーエンドな結末。


これらの大前提は、映画に出てくるすべての人がそれが”正しい”と信じていて、その気持ちが一致していることではないかと思う。
大虐殺をしたテロリストを捕まえたり、凶悪な犯罪者を人生をかけて追ったり。
それは時々孤独な作業になることもあるし、悪役に肩入れしてしまうこともある。けれども、起こりうる結果は「誰もが望んでいる結果」だから気持ちに無理が無いのだ。


けれどもこの作品の主人公サリンジャーには、ほぼそれがない。確かにニューヨーク検事局のエレノアとは協力体制をとっているが、まるで彼が非常識な人間であるようにだんだん見えてきてしまう。非常に孤独なヒーローだ。
どんどんイリーガルに手を染め、それはけして彼一人の勝手な欲望のためではないのにものすごくかたくなに勝手な人間に見えてしまう。


人は孤独には勝てない。
孤独な人間は、とても危なげに信頼できないように見えてしまう。
仲間がいるだけで、気持ちを共感できたと思うだけで、それはある意味「正義」になる。外れている人間の「正しさ」はただのはみ出たマイノリティでしかないのだ。


だから、見終わって、切ない。
彼は、けして自分のために命と人生をかけたわけではないのだから。



こんな風に正義が多数決や権力に勝てないのが現実だとしても、だからこそ夢を見る方法はないものなのだろうか。
クライグ・オーウェンのこなれた演技、ナオミ・ワッツの冷静な演技、レベルの高い役者を揃えて丁寧に描いた作品であるがゆえに、せめてフィクションであってもと、そんなことを思う。






プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。