--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-28

今月の映画 「サヨナライツカ」


着物もドレスも、ジーンズも。
1975年、タイ・バンコク。航空会社のエリート社員・豊は婚約者の光子を東京に残し、バンコク支社に赴任。そこで艶やかな女性・沓子と出会う。ホテルのスイートルームに住み、金にも愛にも困らない奔放な沓子。そんな彼女に豊は惹かれ、情事を重ねていく。だがそれも結局は、光子との結婚までの間のこと。結婚式を目前に控え、豊は沓子と別れようとするのだが……。



実は、辻仁成の小説はあまり好きではない。
例外は二点だけ、「冷静と情熱のあいだ」と、この「サヨナライツカ」
(数少ない映画化原作にどちらも入っているところを見ると、同じような人は結構いるのではないかと密かに思っている(笑))


そういう好き嫌いを、とりあえず横に置いておいても、これはまったく別物である。
そう思って見る方がいい。


この作品のキーはよくも悪くも奔放な女性”沓子”であり、
彼女のキャラクターが崩れると全てが崩壊する。
奔放で、自由で、魅力的で、圧倒的なエネルギーを持ち、
絶大な自分への信頼感で生きている沓子は、
間違っても男性に媚びたりしてはならないし、またそんな女性ではない。

特に好青年を誘惑するシーンの目。
あれは「選んで」はいない。「選ばれる」ことしかできない女性の目だ。


そして”沓子”は選ぶことしかしない女性だ。


中山美穂は確かに美しいし魅力的だが、映画の中ではただ若い男性を愛し、
その気持ちに引きずられたただの悲しい女性になってしまっていた。
残念ながら、彼女は選んだことはなく、常に選ばれてきたのだろう。
そういう意味では、ビジュアルではなく、
本質的なところでキャスティングミスであったといえると思う。

”好青年”である豊は、自分勝手さと弱さ、
そしてずるい魅力にあふれてなかなかのナイスキャストだったとは思う。
しかし、さすがにメイクで20年の時間の流れを表現するのは、少々無理があったのでは(笑)


着ることの無かったウェディングドレスだったり、
過去の思いに引きずられて社長の座を明け渡したり、
そんなシーンも必要なかったのではないかと思うが、
さすが「私の頭の中の消しゴム」の監督というべきなのかもしれない。


久々にがっかりした作品だった。


スポンサーサイト
2010-02-28

江戸の英雄-博覧亭コレクション-@UKIYO-e TOKYO(浮世絵美術館)

浮世絵というのは、なんとなく美人画というイメージがあった私。
武者絵というジャンルが浮世絵にあるのを初めて知りました。

なんと、浮世絵の初期から、ほとんどの浮世絵師が武者絵を書いていたそうです。
題材となったのは物語や歴史上の人物で、
見る限り今でいう漫画のようなイメージに近かったような気がします。

歌川国芳から、歌川国貞、明治の月岡芳年、豊原国周まで。
小さめの会場で点数も少なめですが、なかなか面白い展示内容でした。


着物もドレスも、ジーンズも。


UKIYO-e TOKYO(浮世絵美術館)
http://www.ukiyoe-tokyo.or.jp/
2010-02-28

頑張れ~

着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F0090.jpg


東京マラソン。
なんか毎年寒くて天気が悪いのは不思議なんだけど(笑)

頑張れ!
2010-02-27

今月の映画 「渇き」

サンヒョン神父は、人々を助けられない自分への無力感からアフリカの研究所で“死のウィルス”の実験台に志願する。発病し一度は死亡したサンヒョンだが、すぐに復活。奇跡と思われたが、彼の体には異変が起き始めていた。
聴覚や嗅覚が研ぎすまされ、太陽光を嫌い、人の血を求めるように。研究所の輸血の影響でバンパイアになっていたのだ。同じ頃、幼なじみのガンウの妻テジュとめぐり合う。急速にひかれあった2人は、背徳の関係に溺れていく。
やがて二人はテジュの願いを受けてガンウの殺害を計画し、それは成功したかに見えたのだが・・・。




バンパイアになった神父と人妻の背徳の愛。
センセーショナルなポスターの印象もあって想像していた「信仰に生きる神父が愛欲に溺れて堕ちていく」というようなイメージは完全に裏切られた。


これは完璧なコメディだ。
それも、笑わすためのものではない。人間という生き物の滑稽さと必死さをあらわした「喜劇」だ。




神父として人のために生きてきたサンヒョンは、自分がバンパイアになってしまったことで、今までの価値観から見たら「悪」でしかなくなってしまった自分をもてあまし、その落差に耐えられずに壊れていく。
キリスト教などの一神教の信者に多いように思うが、すがるものがある人は強いが、それを失ったときの壊れっぷりには目を覆うものがある。
信仰という名の杖を寄りどころに生きるというのはそういうものなのかもしれないが、だからこそテジュに溺れていく彼の姿は非常に説得力があった。

そして、最初は気の毒で抑圧された人妻と思われたテジュは、サンヒョンとの関係を経て見事な変貌を遂げる。
実は自己中心で貞淑さのかけらもない、ある意味ビッチな女なのだが、どこか垣間見えるイノセントさがあどけない外見とともに強力な魅力となっている。
たぶん、彼女は義理の母に食事など必要なものは与えられ体は育てられたかも知れないが、人間として心を育てててはもらえなかったのだろう。その生きる生命力みたいなものと徐々についていく自信が彼女を魅力的に見せていたのではないだろうか。

彼女が言う「私は彼ら親子の犬として生きてきた」というのは、サンヒョンがとった意味とは違ってはいたが(その勘違いのせいで彼は殺人まで起こすことになるわけだが)うそではなく彼女は本当のことを言っていたともいえる。
彼女はまだ人にはなっていなかったのだ。

最後の最後のシーンでの彼女の行動は、彼女は彼女なりにサンヒョンを愛していたということがよくわかる、滑稽で泣けるシーンだ。


精神世界を主軸として生きてきたサンヒョンと本能的に感覚で生きてきたテジュ。
彼らの食い違いとそれぞれ生きるため、欲望のために起こす必死の行動がこの映画のメインテーマであり、人間という愚かで愛しい存在に対する監督のやさしい視線ではないかと思う。


グロいシーンも多くあり、万人に薦められる映画ではないが、笑わせて笑わせて最後の最後にせつない愛情に泣ける、愚かで純粋な愛の物語は、パク・チャヌク監督のバイオレンスな作風に耐えられる人には是非。





2010-02-21

お大尽遊び@向島

芸者さんや半玉さん(ちなみに京都では舞妓さんと言います)というと、
つい時代劇などのシーンを思い浮かべてしまいますが、
向島には今でも120人くらいの半玉さん、芸者さんがいるそうです 。

とはいえ、なかなか個人では望むべくもない世界。
そんな気分を味わえる素敵なイベントに参加してきました。

第四回 向嶋 華のお座敷
http://mukoujima-kenban.com/

半玉さんのキュートさにときめき、
芸者さんたちの艶やかさや色気にくらくら。

第三回も伺いましたが、今回は踊りがメイン。
あでやかな衣装にしなやかな動きは、女の私でもどきどきしてしまうくらい。
こういうのにお金を使う男性の気持ちがちょっとわかるような気も(?)

着物もドレスも、ジーンズも。
こちらは第三回の際の画像。
なんと今年は撮影禁止になってしまっていました。
なにかあったんでしょうね・・・。


回を重ねるほどに、チケットがとりにくくなっている知る人ぞ知るイベント。
それでも20分電話をかけ続ける価値はあったなと思います(笑)

来年はいけるかなあ??

2010-02-19

今日のランチ

着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F0081.jpg


やってることは完全おのぼりさん(笑)
2010-02-19

BAZAAR@cafe Seminar 第2回@六本木ヒルズクラブ


着物もドレスも、ジーンズも。

長年チェックしている女性ポータル老舗大手のcafeglobe.comと女性誌「Harper’s BAZAAR」とコラボして行われている【BAZAAR@cafe】プロジェクト。
六本木ヒルズクラブのフレンチレストラン「the French cellar」で開催されたこちらの二回目のセミナーに、運のいいことに一回目に続き今回も当選させていただき、参加してきました。
題して、「知られざる美の王国 スコットランドの魅力」。


ワインでは結構ポピュラーになったウィスキー(私としてはモルトと言いたいので、以後モルト)とお料理のマリアージュを楽しんでしまおう!というコンセプトのイベントらしく。
モルトバーには時々出没したりするとはいえ、どちらかというとモルトは食後酒というイメージが強いので、かなり新鮮な感じ。
(そういえば確かに最近ハイボールとかも流行ってるし、その流れもあるかな?)



着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。
お食事前のお楽しみ
ムースみたいな感じだったけど、正体わからず(汗)

着物もドレスも、ジーンズも。
スコットランド産スモークサーモンとムースのポービエット
スモークサーモンと帆立貝のタルタル ズワイ蟹とキャビア添え マンゴーソース

着物もドレスも、ジーンズも。
アンガス種牛フィレ肉のグリルと野菜のコンフィ、レフォールソース

着物もドレスも、ジーンズも。
チョコレートファッジとチョコレートシャーベット木苺添え



これらの美味しいお料理ににあわせていただいたウィスキーは以下のとおり。
おしゃれですよね!

ウェルカムドリンク:ロングロウC.Vのハイボール

アペタイザー:アラン10年をたくさんの氷のロックで

メイン:グレンドロナック1993年

デザート:ベンリアック12年ポートウッド


途中で仲良しのモルト通の友人にこっそりラインナップをメールしてみたら、
「おお!これはなかなか!」というコメントが戻ってきましたw

着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。

お水もスコットランドのDEESIDEをガス入り、ガスなし二種類で。

着物もドレスも、ジーンズも。

お土産もたくさん頂きました。
ハリスツイードのポーチやカシミヤのラベンダーサシュ、ショートブレッド、アランとDEESIDEの小瓶などなど。


BAZAAR@cafe Seminar 第2回~知られざる美の王国、スコットランドの魅力
http://www.cafeglobe.com/fashion/hb_interview/vol2/index.html
2010-02-17

綴@日比谷

こんな場所にこんなお店があったとは。
知りませんでした。

業界用?(笑)


着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。
着物もドレスも、ジーンズも。


コスパは高めだけど、場所的には結構穴場かも?!


2010-02-16

チーズケーキ@Tante Marie


家人が頂いてきたもの。

私はこのお店知らないのですが、
味がしっかりしていて美味しかったですw


着物もドレスも、ジーンズも。
着物もドレスも、ジーンズも。
2010-02-16

今日のランチ

着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F0074.jpg


並木通り極近とは思えない値段設定が素敵(笑)
2010-02-14

ファイト餃子@西巣鴨


着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。


ホワイト餃子ではありません、ファイト餃子。(技術提携ではあるようですが)
知るひとぞ知る、という西巣鴨の人気店。

いつも友人がこちらの二階を貸しきってイベント開催をしてくれるので、
毎回美味しい餃子にありつけてます。
感謝♪

このもちもちの皮がたまりません!


ちなみにここの甕出し紹興酒もかなりのオススメです。
まず翌日に残りません。

ファイト餃子
http://r.tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13003796/
2010-02-13

マイ・スイート・バレンタイン



着物もドレスも、ジーンズも。

たぶん、立場的には上げる方のはずなんだけど
なぜかもらってしまいました。

いいのかな?(笑)




2010-02-11

2月文楽公演@国立劇場


着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。



久しぶりの文楽。
今回は、第一部の以下の2つを鑑賞w

「花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)」
「嬢景清八嶋日記(むすめかげきよやしまにっき)」


今回はチケットを確保してくれた友人が、見所もチェックしてくれていたので、
いつもよりさらにしっかり見ることができました。

まずは四季を順に踊りで表す、一つ目「花競四季寿」
三つ目の秋の段で100歳になった小野小町が出てきます。
これが半分ボケて物狂になっている(今で言う"まだらボケ")になっていて
なんていうか、かなり切ないというか、栄光ははかないというか(笑)

あの時代、本当に100歳まで生きていたとしたら、すでに化けモノ扱いだったとは思いますが・・・・・。

ちなみに踊りの舞台は演奏が今一つなことが多いらしいのですが(そうなの?)
今回は人間国宝鶴澤清治がビシッと締めている、とのことでした。
とはいえ、いっぱい人がいたので、もうひとつ差がよくわからなかったんですが(笑)

もう一つ「嬢景清八嶋日記」は、なんと十数年に一度しかやらない演目なのだそうです。
何故やらないかというと、経験やテクニックが必要で、
演奏、人形使いのどちらもかなりのレベルで揃わないと歯が立たないからだそう。
へええ。

今回は豊竹咲太夫、吉田玉女、桐竹勘十郎と役者が揃っていたせいもあって
確かに迫力のあるよい舞台でした。
まあ、糸さんがやたら泣いてばかりなのはどうか、って感じだけど(笑)
没落(?といっていいのかな?)した景清さんのなけなしのプライドと親の情の間で揺れ動く様は
しみじみ見ごたえのある演技でした。


2010-02-10

届きました

http://ameblo.jp/hijiri-info/entry-10437443963.html

↑で当選したプレゼントが届きました♪




着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。

届いたのはネックレスでした。

やっぱりこういうのってうれしいですよねw




2010-02-07

長崎ちゃんぽんと皿うどん

着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F0056.jpg


着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F00570001.jpg


今日はこれ音符
お腹いっぱいです。



2010-02-06

食後のおやつ

着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F0053.jpg
2010-02-06

トルコライス

着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F0052.jpg


まずは腹ごしらえ(笑)
2010-02-06

長崎へ

着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F0050.jpg


着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F00510001.jpg


行ってきまーす音符
2010-02-05

南高梅のキムチ


梅干が大好きです。
梅干があれば、たぶん世界中どこででも生きていけます。

反面、辛いものが大好きです。
韓国に行っても暮らせる自信、あります(笑)


そんな私の興味を限りなく惹いたのが、これ↓

着物もドレスも、ジーンズも。


酸っぱくて確かに梅干なのに、そこにキムチを混ぜて食べている感じ。
けしてまずくはなく、むしろ美味しいし好みの味なんだけど、ものすごーく不思議な感じです。

なんかしばらくはまりそうです(笑)


ご興味ある向きは是非一度お試しあれ。

2010-02-04

Today's Flower



着物もドレスも、ジーンズも。



2010-02-04

癒し2



着物もドレスも、ジーンズも。


ローソン万歳!(笑)

2010-02-03

癒し



着物もドレスも、ジーンズも。


2010-02-02

iPHONE


着物もドレスも、ジーンズも。


とうとう購入してしまいました(汗)



いやもう、これ面白すぎ~っ



使い勝手がどうとか電波がどうとか、そういう話ではないなあ、としみじみ。

ある意味よくできた大人向けおもちゃですね。
こういうの作らせたらホントにアップルって天才だなあ。


元りんごファンの血が騒いで仕方ありません(笑)


2010-02-02

ベルギーチョコ



着物もドレスも、ジーンズも。


またもやおみやげで頂きました。

・・・しばらくチョコ買わなくていいな(笑)


プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。