--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-30

ぶらっと着物谷根千、その後ふらふら


最近すっかり週末はのんびりまったり、引きこもり度が上がってきていたり。
それっていかがなものかというわけで、
相方とのお散歩も兼ねてネットの着物イベントに顔出し。



着物もドレスも、ジーンズも。

たくさんの着物姿はそれなりに圧巻。


・・・・・最終解散地に直行する体たらくは許してください(汗)




その後、千駄木のお気に入りのお店で午後の日本酒と洒落るw

着物もドレスも、ジーンズも。


ここでお酒を飲みながらの骨董品談義が好きなのです。
個人的にはあんまり教えたくないお店なので、今日もひっそり訪問してみた(笑)



その後、ふらふらとあちこち湯島やら飯田橋やら。
普段いけない場所をさまよい、最終的には門前仲町で蕎麦を手繰って〆。
天気はいまいちなれど、のんびりした日曜日の午後でありました。



着物もドレスも、ジーンズも。

で、今日もお気に入りの絣と白の博多帯を角出しに。

最近やたらとアップ率が高いような気もするんだけど(汗)
この組み合わせ、この時期は本当に重宝で助かるんです~



スポンサーサイト
2010-05-30

今月の映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」



東京の大手家電メーカーに勤務する筒井肇。これまで仕事一筋できた彼は順調に出世を続け、次期役員も目前だった。しかし自分の仕事のために親友を事故で亡くし、母の発病で帰郷したことをきっかけに50歳を目前にして彼は自らの人生に疑問を抱きはじめる。子供の頃に家の近所を走るばたでんの運転手になりたかったことを思い出した肇は、思い切って会社をやめ、採用試験を受けることにするのだが・・・・。



中井貴一という役者は、こういう役をやらせると本当にうまい。
モーレツサラリーマン(死語!(笑))のかたくなな姿、さまざまな問題のハザマでもがくでもなく漂う姿、自分を知ったときのいざぎよさと再生していく過程での無邪気さ、たくましさ、そしてそれらの矛盾さの自然さ。
ある意味、一番スタンダードな日本人を体現しているということなのかもしれない。

奈良岡朋子や佐野史郎、高島礼子という芸達者な脇役陣、本仮屋ユイカのような若さの特権のようなエネルギー。
肇と一緒に就職試験を受ける青年は、印象的な視線にどこかで見たなあと思っていたのだが、あの百恵さんと三浦友和氏の次男の三浦貴大だったそうだ。
演技にそんなに危なげなくまさか新人とは思わなかったのだが、やはり血は争えないということか。
ハンサムというより存在感が印象的で、このあたりの印象も家系なのか、将来が楽しみな役者さんである。


スクリーン一杯に広がる出雲の自然、宍道湖の脇を鮮やかに走る二両編成の電車。
悪人がまったく存在しない、日本の理想的な田園風景と物語を嫌いな日本人はまずはいないだろう。



この映画を見始めたときから、自分の夢はなんだっただろうとずっと考えていたのだが、考えてみると転勤族だった父親について引越しを繰り返していた私は、生活の変化に対応することに必死で、そういうものは持っていなかったことに気が付いた。
というか、例えばパイロットや宇宙飛行士の類などの夢が言葉どおり夢物語であることを、かなり早い段階から知っていた気がする。
そういう意味では子供らしい希望は持っていても、どこか夢を持ちえなかったのだろう。

豊かな自然の中ですくすくと育ったであろう肇は、そういう意味では幸せな子供時代を過ごしたのだろう。
帰る場所を持った人間特有の豊かさがこの映画を支えているといったら、ちょっとうがちすぎだろうか。




2010-05-29

梅雨支度


個人的には、雨は持病に影響するので好きではないのだけど、
そろそろ5月も終わり、時期は間近ということで梅雨支度。



着物もドレスも、ジーンズも。

雨の日に足元の不快さって気を抜くとハートにもくるからね。

いい大人だから、せめて自分をちょっとでも気持ちよく梅雨が乗り切れますようw





2010-05-27

綺麗!



着物もドレスも、ジーンズも。

昼間の雨が嘘みたいw


2010-05-23

チョッパーコレクション、増殖中♪


毎度おなじみ、チョッパーコレクションの増加報告(笑)


着物もドレスも、ジーンズも。

桜海老!


着物もドレスも、ジーンズも。

伊達政宗と、米どころ新潟はルフィ付きw


着物もドレスも、ジーンズも。

かなり大きめのミラー。
ワンピファンならかなりよだれモノのデザインでしょ!w



うーむ、皆様の愛でだいぶ増えてきたコレクション。
どれだけあるのかだいぶわからなくなってきましたー(笑)
一度リストにでもしてみようかしらんw






2010-05-22

頂いたり当選したり



着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


こういうタイミングって重なるものなんでしょうかね??



2010-05-20

こんな天気と気分の時は

着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F0212.jpg

辛いもの!



東京スンドゥブ、初めて食べました。

2010-05-16

釣果と記念日


最近よく海にお出かけする相方は釣りの腕もあがってきたらしく。
今回はめばる2、かさご2、小あじ2、中あじ4、大あじ1、さば1 とかなりの大漁。


てなわけで、せっせと料理に励む。




大量のあじのタタキ。

新鮮なものは脂がくどくないので、こうやって食べてもさわやかで美味しいw




あじの南蛮漬け
とはいえ、一匹いわしも混じってたり(笑)




王道、さば味噌




ズッパ・ディ・ペッシェ(トマト味のブイヤベース)




13周年の記念日でもあったので、エディブルフラワーのサラダなどと
ちょっとこじゃれたイタリアンな夜を楽しみましたw

2010-05-16

第九回きもので遊ぼ@神楽坂


今回のお題は「笹島先生と過ごす新緑のカフェテラス」
そうです、あの着付けの笹島先生です。

実際に「着て動く」ことで経験に裏打ちされたお話はものすごく参考になりましたが、
なによりも身を挺して?モデルをしてくださった参加者の方のおかげで、
それを実践した先生の着付けを拝見することができたのはもうけものでした。

私の着付けは見事に自己流で、
いわゆる洋装体型な自分をどうしたら綺麗に見せられるか、
どうしたらサザエさんのフネさん並に日常着にできるか、だったので
いろいろなことがものすごーく間違ってたらどうしようと思っていたのですが(笑)
誤解を恐れずに言えば、経験で自分で工夫しつつ積み上げてきた方法は
そんなに本筋からはずれてもいず、間違ってもいなかったなあということが
確認できたような気がします。

ミュージカル落語の三遊亭亜郎さんのご紹介もあり
元四季ファンでミュージカル好きの血が騒いだりもしてw




その後は、快晴のテラスへ移動してワインブッフェ。
おしゃべりしながら気持ちよくほろ酔い、なかなか盛りだくさんなひと時でした。











で、本日のお召し物は。

5月はまだ袷の季節とはいえ、気温の上下するこの時期は本当に着る物に悩むのですが
個人的には一番活躍するのが、シルクウールの単。
これにレースの襦袢をあわせて。

根付の印伝の葡萄模様で季節をほんのり感じさせて。

半襟を笹島先生に褒めていただきましたw



2010-05-14

Today's Flower





2010-05-12

銀座一丁目にて

着物もドレスも、ジーンズも。-CA3F0202.jpg

いつの間にかこんな建物が。びっくり。

なにかのイベントの真っ最中。
新車のプロモーションかなにかかな?

2010-05-09

やっぱり買ってしまった


着物もドレスも、ジーンズも。

ユニクロのONE PIECE Tシャツ。

メンズのLサイズしか残ってなかったのに、
悩んだ末にやっぱり買ってしまいました。


まあ、部屋着にでもすればいいかw
(↑自分に言い訳(笑))
2010-05-09

ポンペイ展 - 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡 - @横浜美術館



着物もドレスも、ジーンズも。


子供の頃、神話や御伽噺の類が好きだった。
「ポンペイ最後の日」という児童向けの歴史本があり、どこで読んだのかもう忘れてしまったけど、最後の火山の噴火のイラストは印象深かった。

その本のくくりの概要はこうだ。

「火山の噴火は快楽と栄華を求めすぎた人間たちへの罰、そして都市ポンペイは滅亡した」

初めて現地に行った時ものすごくいい天気で、抜けるような青空の下に広がる都市の遺跡を見たときもそれを思い出してなんともいえない気分になった記憶がある。



2000年前の文化とは思えないほど、ポンペイという都市は近代的な機能を備え、その充実振りには驚くほどだ。
追い炊き機能付きの給湯器、火力が調節できる釜を備えたパン屋(現地にある)快適な社交所でもあった入浴施設。
反面、快楽にも貪欲で、美しい装身具で体を飾り、銀の食器をずらりと並べ、豪華な食事を寝そべりつつ食し、おなかがいっぱいになれば、食べたものをもどしてまた食事を続けたという。

奴隷文化まっさかりであるから、生きるための労働は我慢は最小限度でよい。
そんな栄華を極めてしまうと、人間は時間をもてあますのか、快楽のみ追求するようになるのかもしれない。

そういえば、あるポンペイの遺跡の寝室の壁には、色もまだ鮮やかな春画で飾られていた。


そんなポンペイは神の怒りにふれて滅亡したが、快楽や便利さ囲まれすぎてなにかを見失った彼らの姿は、もしかして現代の私たちの姿に重なるような気もする。
そんなことをふと思ったりした。


ポンペイ展
http://www.ntv.co.jp/pompei/index.html

2010-05-07

横浜土産




あじさいがかなりツボw


増殖を続けている我がチョッパーコレクションですが、

ご当地チョッパーだけで20種類程になりましたw


ここまできたら、行くとこまで行くか!(笑)



しみじみ皆さんの愛情に感謝ですww




2010-05-05

つつじ祭り@根津神社


相方が仕事のGW最終日、いい天気に誘われて下町探索。
目的は根津神社のつつじ祭り。

激ごみを覚悟して訪れるも、最終日のせいか思ったほどでなく。
のんびりと花を堪能することができましたw


着物もドレスも、ジーンズも。着物もドレスも、ジーンズも。着物もドレスも、ジーンズも。
着物もドレスも、ジーンズも。着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。
着物もドレスも、ジーンズも。着物もドレスも、ジーンズも。着物もドレスも、ジーンズも。着物もドレスも、ジーンズも。着物もドレスも、ジーンズも。着物もドレスも、ジーンズも。
着物もドレスも、ジーンズも。




着物もドレスも、ジーンズも。

柚子餡や抹茶餡というのが新鮮で、通りすがりに思わず買ってしまった柏餅。
帰りがけにいつものお店に持って行ったら好評でしたw


で、本日のお召し物はこんな感じで。


着物もドレスも、ジーンズも。

下町っぽく、お気に入りの絣もどきに、白の博多帯を角だしに。
襦袢のオレンジ色がアクセントですw





2010-05-05

招き猫なツアー


今年のGWは相方の仕事があって、近場うろうろののんびりモード。

こういう時間も悪くないなあと思いつつ、
気晴らしに、埼玉方面へちょっとしたドライブへ行くことに。
(一番混んでないと思われたせいです(笑))


まず、見つけたのは張子のお店。




好みどんぴしゃの世界にしばし時を忘れる(笑)


張子って犬張子のイメージが強かったのですが、ここは圧倒的に招き猫や行事物が多いみたいでした。
お雛様も節句人形もつい欲しくなる自分を一生懸命戒める私。
お店の二階も見事なコレクション展示室になっていて、たくさんの招き猫やだるまが所狭しと。
からくり人形などもあり、なかなか貴重で眼福な世界でした。



玄関にも招き猫w


春日部「玩古庵」
http://www.machi-pita.com/shop/index.php?ShopID=110006&reportID=4409&reportType=aa


こんなイベントもやってました。



都内にさしかかり、招き猫からふと今戸神社を思い出し(笑)
せっかくだから帰りがけに寄ってみることに。





縁結びの神社と今ブームらしく、若い女性が長い列を作ってました。
いつの時代も女性の夢は変わりませんね。

待ち時間、およそ30分強でした。




ここは招き猫発祥の地。




こんな碑も。


思いがけない尽くしの一日。
もしかして、なにかいいことが私にも訪れるかな♪









2010-05-03

Today's Flower



着物もドレスも、ジーンズも。

2010-05-01

歌舞伎座最終日



着物もドレスも、ジーンズも。

最後1日の表示が見えるかな?
すでにすべての公演が終了しているのに、この人出、すごいですね(笑)



やっぱり建替えは残念な気がします。
いくら後ろといえども、ビルってなんかさびしい気が。


プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。