--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-29

今月の映画 「わたしの可愛い人 - シェリ」


着物もドレスも、ジーンズも。

1906年パリ、名うてのココット(高級娼婦)のレアは恋に落ちる危機を何度も切り抜け、今は事業にも成功し優雅な生活を送っていた。
一方、彼女の元同業の友人はある打算を秘めて、問題児の一人息子シェリをレアに託す。数週間で別れるつもりが6年も二人は共に暮らすが、年ごろになったシェリに結婚話が持ち上がり、レアは動揺するのだが・・・。


25歳の歳の差、大人の女と青年の恋、ということで、
正直もっとしっとりとした駆け引きの内容かと思っていた。

・・・えーと、さすが恋の文化の方々、ためらいも迷いもなく、


さっさとくっついてます(笑)


つーか、むしろ恋には手だれのはずのレアが
わがまま美青年シェリに振り回されている感じだし(苦笑)




とはいえ、恋に落ちた人間のおろかさや情けなさを細やかに描いていて、
単なる恋愛物語とは一線を架したメロドラマにはなっている。
加えて、キャシー・ベイツ演じる、レアへの対抗心を秘めた
(?というかむき出し)のシェリの母親との心理的駆け引きが秀悦。
嫌いなのに、仲間であり、離れたいのに離れられない。
そんな微妙な人間関係の苦味が見事にスパイスになっていたと思う。


まずは老いを自覚する女を演じたミシェル・ファイファーがすごい。
個人的にはいまだ充分美しい女優さんだと思うが、
老いに対する恐怖、でもまだ自分に価値があると思う自負、
それによって素直になれないプライドと母親的な愛情の示し方を
せずにはいられなかったおろかさを円熟の演技で見せている。


ルパート・フレンド演じるシュリは
ただ巨大な存在である母親に代わる「やさしい母親」が欲しかっただけなのだろう。
そこにいてくれる、無条件に自分を愛してくれる、そんな都合のいい存在。
けして正しい愛情ではなく、もらうことだけしか意識にない甘え。
でなければ、戻ってきたレアを見て安心して新妻のもとに戻ったり、
あれだけ恋焦がれたレアを再び手にいれたのに、
彼女に母親を見てショックを受けたりはしなかったはずだろう。

彼女の幸せなど考えず、ただ自分が幸せになることしか考えていない。
おろかで幼すぎる存在。
だからこそ、可愛く愛らしい存在なのだろう。


確かに美しいけど、ああいう男が魅力的って・・・私にはわかんないなー(苦笑)



スポンサーサイト
2010-09-26

ファイト餃子で満腹飲み


都営荒川線庚申塚駅近くにある「ファイト餃子」

野田で有名な「ホワイト餃子」ではありません。
オーナー独自の工夫をしたオリジナルです。
以前より、お店の方と懇意な友人のおかげで有名店となった今でも、
気持ちよく食べ&飲ませていただいています。


着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。

餃子だけでなく、炒飯ももちろん美味しいのです。


着物もドレスも、ジーンズも。

特筆すべきはこの紹興酒。
あちらこちらで紹興酒は飲んでますが、ここのほど残らないお酒はないです。
毎回相当飲みますが、本気で悪酔いしません。

↑画像は口開けの儀式に興奮して、我先にと撮影に群がる人々(笑)


前々から企画していたといえ、先日テレビに出てしまったそうで
長蛇の列の中申し訳ない思いをしつつ、今回も堪能させて頂きました。
オーナーさんお母さん、いつも本当にありがとう!


2010-09-25

久しぶりの口紅


やっと秋めいた気候になりましたね。

ここ数年グロス一辺倒だったのですが、最近また口紅が気になっています。
今年は流行もクラッシック回帰らしいですが、そんなこともなにか影響してるのかしらん?



そんなことで、相方の海外出張土産にこんなものをリクエスト。

着物もドレスも、ジーンズも。

久しぶりにきりっとラインをとって、塗ってみようかなと思っていますw



2010-09-24

Today's Flower


いろいろあってここのところ少しめげていたら、
元気がないねと思いがけずプレゼントされました。


うれしい♪


着物もドレスも、ジーンズも。




着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。

こういう細やかさもうれしい気持ちが倍増しますよねw

2010-09-23

チョッパーがピアスになった


さすがにキャラクターものを身に着けるのはかなり悩むお年頃。
でもこんなさりげないサイズとデザインなら、大丈夫と思いませんか?(笑)


着物もドレスも、ジーンズも。

パッケージもかわいい♪

着物もドレスも、ジーンズも。

ひずめと桜モチーフ。
チョッパーといえば、桜の花だもんねw


仕事の時も、密かに大好きなチョッパーを身に着けていたら、
なんだか元気になれそうです。


2010-09-18

Today's Flower



着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。


2010-09-10

Today's Flower


着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。

暑いと切花が持たないので、久しぶりに鉢植えにしてみた。


2010-09-08

ぶどう祭り♪


相変わらず声は出ませんが、このまま引きこもるとあとで大変なので出勤だけはしています(苦笑)

そんな中、お世話になっている業者さんから心づくしの届け物がありました。

着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


あけてみると、見事な旬のぶどう。
つやといい大きさといい、たぶん自分で買うレベルじゃないやつ(笑)


房ごと洗ってチームの面々や近くの席の人に配って歩くと
みんな嬉しそうにつぶつぶをとってほおばって、美味しそうに笑う。
大量なので、かなり広い範囲に配れて、ちょっとしたぶどう祭りでした。

皆で同じものを美味しいね、と言い合えると、
どこか空気がほっこりやわらかくなりますね。
とても素敵な陣中見舞いでした。




2010-09-07

今月の映画 「食堂かたつむり」


着物もドレスも、ジーンズも。

一緒に住んでいたインド人の恋人に必死で貯めた貯金も家財道具も一切合切持ち逃げされ、ショックで口がきけなくなった倫子。残されたのはおばあちゃんのぬか床のみ。
仕方なく苦手な故郷に帰り、馴染めない母ルリコと豚のエルメスとの生活をはじめる。
やがて、倫子は一日一組予約限定の食堂を始める。そのうち彼女の料理を食べると願いがかなうという噂が流れ始め・・・・。


風邪で仕事を休んでしまったので、前から気になっていたこの作品をDVDで鑑賞。

偶然読んだ原作が結構気に入っていて、それもあったのだが、
原作の方はどちらかというと倫子の成長物語であるのに引き換え
この映画では、母親であるルリ子さんと倫子の関係性の物語になっている。

そのため、ルリ子さんは原作より気持ち幼く、感情表現が下手で、
倫子は気持ち大人で人生に達観した印象である。
原作の駄天使のようでマドンナのような大人のルリ子さんが好きだったので
少し消化不良で物足りない感はあったのだが、
ベテラン余貴美子の演技力で別な魅力になっているのはさすがだった。


ファンタジーのような原作の雰囲気をそのまま映像化するのは難しいだろうが
たぶん、原作を読んでいるか読んでいないかでかなり違った印象だと思う。
例えば原作では尼寺の僧侶のようなイメージの倫子は、
スクリーンでは、修道院のシスターのようだったりする。
方向性は一緒だけれど、イメージが違う。
そんな不思議な面白さがあった。


だいたいにおいて違いは面白さに通じていたのだが、
ひとつだけ、あれだけかわいがっていたエルメスを食べるシーン。
ある意味原始的な愛情であり、強さなのだろうと思うが
原作のように自分で手を下すのと、肉になるのを見送る映画の演出と
そこの違いが、個人的にはちょっと残念だった。
(虫と陰毛の違い+知らない男性を知り合いの女性に変更したことも
かなり違和感はあったけど。あれは入れるなら必要ない変更だと思う。)


個人的には、こんなファンタジーな内容だからこそ
自分で手を下すえぐさと血のにおいを、排除して欲しくなかったような気がする。
命を余さず体に取り込むこと、それが大我な愛であることを
大上段に構えれば命が永遠に循環していくことをテーマに語った原作であり、
そしてそれがこの物語のキモだったのだろうから。


とはいえ、倫子が作る魔法の料理とそれで幸せを得る人々を見ながら、
いつの間にか元気になれる素敵な御伽噺であり絵本であると思う。
心が疲れたときにまた、見直してみたい。











2010-09-06

お江戸春鹿会@Sake Bistro W 虎ノ門

毎度おなじみ、今西酒造主催の「お江戸春鹿会」
今回の場所は虎ノ門にあるSake Bistoro W
こちらもお世話になっている有楽町宝の系列店です。



着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。

前菜



お刺身

着物もドレスも、ジーンズも。

かに肉たっぷりの「金メダル」コロッケ


次のタコのお料理は撮り忘れたらしい・・・(汗)

着物もドレスも、ジーンズも。

生春巻き

着物もドレスも、ジーンズも。

ローストポーク

着物もドレスも、ジーンズも。

冷たいそうめん



頂いたお酒も相変わらずご自慢の品々で、お料理とぴったりw


着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


何本かは他の器で供されたので、撮影できなくて残念。
(けして酔っ払っていたからではない(笑))



正直、残暑厳しい午後の時間、日本酒は重いかなと思ったのですが、
なんのなんのロックスタイルや、なんと燗酒まで、様々な飲み方で
練られたメニューとともにするするとお腹に収まりました。
毎回言ってる気がしますが、きちんと考えられた仕事はやっぱりさすが、ですね。


今回も堪能しました♪
ご馳走様でした!



2010-09-06

お見舞いにシュークリーム


甘いものが苦手な私ですが、シュークリームrとアイスクリームにだけは目がありません。

風邪で声が出なくなり、楽しみにしていた予定にも参加できず
少々お冠だったところに、それはかわいそうと美味しいお見舞いを頂きました。


ああ、愛だわ~(涙)


着物もドレスも、ジーンズも。


美味しいものには気持ちを癒す効果がありますね!


パティスリーアビニヨンというお店のものだそうです。


2010-09-05

今月の映画 「ソルト」


着物もドレスも、ジーンズも。

CIAエージェントとして働くイヴリン・ソルトは、自分でも知らないうちにロシアのスパイの容疑をかけられてしまう。身に覚えのない嫌疑を晴らすため、そして自分を陥れた黒幕の正体を暴くため、あらゆるスパイ技術を駆使したソルトの孤独な逃亡と戦いが始まった・・・・


私のお気に入りのひとつに「シュリ」という韓国の映画がある。
二重スパイになるために子供の頃から養育され、それが正しいと教えられ、
そして初めての愛を知ったとき、その自分の運命と愛の板ばさみで苦しむ、
そして愛した男のために、自分を犠牲にする、そんなストーリーだ。

この「ソルト」という映画も、これと基本は同じだな、と感じながら見ていた。


ソルトは何者なのか?という謎を開示しないように作られていることもあって、
彼女はCIAの味方なのかそれともロシアの二重スパイなのか、
ラスト近くまではグレーな存在として描かれる。
行動も一転二転、つい白か黒か、な視点で見てしまいそうになるが、
見終わって、私は彼女は途中までどちらでもなかったのだと思っている。


自分の運命も役割も嫌というほど知っている。
それを裏切ることはもはやできないことも知っている。
なぜならそれは子供時代から身に付けられたアイディンティだから。

だからこそ、彼女にできることはこの穏やかな日常が少しでも長く続いて欲しいと、
来るべき時から心をそむけて、ただこの時間が一日でも長く続くように、祈ることだけ。

それが登場時のイブリン・ソルトだったのではないだろうか。


けれども、愛する伴侶を誘拐されたとき、自分に疑いをかけられたとき、彼女は悟る。
どうあっても、やりたくなくても、やらなければ彼を救えない。
けれどもやりたくない。
けれどもやらなければ、やったと思わせなければ彼の命はない。
そしてそれを実行した時点で、彼を救えてもこの生活は終わりだと。

そんな彼女の苦渋の決断の後、
彼女の目の前で、無残にも彼が”処刑”される。

そのとき初めて、文字通り彼女は「ソルト」になったのだと思う。
泣きもせず叫びもせず、冷静に、彼女は変化していく。
訓練された自分を最大限に利用する凶器、もしくは狂気となるために。

見ている私たちの前で。


これはそんな悲劇のスパイの誕生物語だ。
それ以上でもそれ以外でもない。


どちらかというとエピソード0のような作りなので賛否両論あると思うし、
主人公に感情移入しにくい展開はもう少し練る余地はあったと思う。
彼女の謎をひっぱったために、結果的に消化不良な作品になったことは否めない。
シリーズ化を前提としているらしいラストを考えても、少し残念である。

けれども、彼女の苦しみとあきらめと、そこから生み出される負のエネルギーの行方を
見てみたいと思うことも事実だ。

そんな興味を引き出すことのみが、大きな目的だったとしたら、
この映画は確実に成功したことになるのだろう。


2010-09-04

今月の映画 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」


着物もドレスも、ジーンズも。

湾岸戦争に従軍したハンニバル・スミス大佐と、彼が率いる特殊部隊が無実の罪を着せられた。
自分たちの仕事に誇りとプライドを持つ彼らは、納得できずまんまと脱走して姿をくらます。そして汚名をすすぐことと名誉挽回のために、自分たちの能力を結集して自分たちを陥れた黒幕たちを追い詰めていく・・・・。


オリジナルは知らないのだが、かなり人気のあったシリーズらしい。
確かに、のっけからジョン・ハンニバル・スミス大佐が通りかかったワゴン車を奪ったり、
そうかと思うとモヒカン頭のB・A・バラカス軍曹と意気投合して、
麻薬組織に処刑されそうになっている“フェイス”ことテンプルトン・ペック中尉を
気が付いたら救出していたり。
ここまででも???なところに、さらにイカれたパイロット、マードック大尉が加わり、
彼が操縦するヘリコプターに乗り込み、気が付いたらで空中回転である。
(ヘリで空中回転できるとは知らなかった・・・(笑))

勧善懲悪とは言わないが、ルパン三世やワンピースにも通じるすかっとした爽快感は、
一昔前であってもさぞかし見ていてわくわくしたことだろう。

戦車で空戦できるのか?(これが見事に空戦なのだ(笑))とか、
そのまま湖におっこちて無事なものなのかとか、
とにかく肉弾戦からカーチェイス、空中戦と盛りだくさん過ぎて、
いくら名誉挽回のためでもあなたたちこれでいいの?とふと問いかけそうになるのだが、
そういうことを考えず頭をからっぽにして見るのが一番よいのだろう。

それぞれの際立ったキャラクターとその彼らの友情(?)と信頼感、
そしてロミオとジュリエット的な恋愛模様も時折挟みつつ
色々な要素てんこもりのサービス精神満点の作りは、
お約束ではあっても、見終わった後心が元気になること請け合いである。


ラストシーンから見ても、シリーズ化を視野に入れていることは明白なので
彼らの活躍がまた見られることを楽しみにしたいと思う。







2010-09-04

Today's Flower



着物もドレスも、ジーンズも。



着物もドレスも、ジーンズも。


さびしいよ、って口に出せないのは、悲しいことだよね。





2010-09-01

ロン・カーター ソロライヴ@KDDIデザイニングスタジオ

友人に誘われて、久しぶりのライヴへ行ってきました。

ジャズ狂いのいとこがいるので昔からわりと聴くものの、
実はほとんど知識のない私。
ロン・カーターって聞いたことあるな、と思ったらものすごーく有名な方だったのですね(汗)
(すみません・・・・)


着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。


ベースのみのソロというのも、最初はまったくイメージがわかず。
正直に言うと最初は曲に聞こえなかった。
それがだんだん、耳のそばで曲に形を変えてきて、
ささやくような音楽にまた変わっていくその流れは、
楽しむというより、どこか不思議な感動でした。


演奏された曲は以下の通り。
「Willow Weep for me」
「A little Blues in G」
「Sounds + Rhthm」
「Just a little Time」
「You are my Sunshine」

そして、、アンコール曲「Desert Wind」。


個人的には宗教音楽のようにも聞こえました。
演奏テクニックにしても音にしても、
ジャスの概念が少し変わったような気がします。


着物もドレスも、ジーンズも。

最後にロン・カータを交えた全員での記念撮影も。


この模様は、USTREAMにて生配信されていたそうで、
現在アーカイブでの配信もされているそうです。
興味のある方は、是非↓
http://www.kds.kddi.com/movie3/1009021000.html



それにしても、綺麗な指だったなあ~
指が綺麗な男性って、セクシーですよねw





KDDIデザイニングスタジオ(画像等引用させていただきました)
http://www.kds.kddi.com/index.html



プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。