--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-26

今月の映画 「プリンセストヨトミ」


着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。

7月8日金曜日、午後4時――大阪が全停止した。遡ること4日前の月曜日。東京から大阪に3人の会計検査院調査官がやって来た。鬼の松平、ミラクル鳥居、そしてハーフの旭ゲンズブール。彼らは順調に大阪での実地調査を進めていくが、財団法人「OJO(大阪城跡整備機構)」に不信な点を感じる。だが、徹底的な調査を重ねるも、経理担当の長曽我部にのらりくらりとかわされ、諦め始めた鳥居も「これでOJOが嘘をついているとしたら、大阪中が口裏を合わせていることになりますよ」と不満をもらす。そのとき、松平の脳裏にある考えが閃いた。意を決して再びOJOを訪れた松平の前に現れたのは、お好み焼き屋「太閤」の主人・真田。「私は大阪国総理大臣、真田幸一です」・・・・。


奇想天外なうえにはちゃめちゃな展開、濃すぎるキャラクターが満載な割に、
すんなりと見れるのは鬼才万城目学の作品だからだろうか。
普通は大阪城の下に国会議事堂があるなんて言われたって想像だってできないのだが
そんなことももしかしてあるのかも、と思わせられてしまう勢いが確かにある。

とにもかくにもキャラクターが一癖もふた癖もある人物ばかりなのだが、
面白いことに妙にリアルで人情満載、誰もがしっくりとした存在感を放っている。
特に真田を演じる中井貴一は、さすがの一言、
この役はたぶん彼しかできないのではないだろうか。

実は「鬼の松平」を演じる堤真一を目当てに見に行った私、
もちろん彼の演技力もすごかったのだが
(あれだけ表情のない役で存在感を放つのは相当なものだ)
それでもこの映画の中のMVPは確実に中井貴一だったと思う。

この二人のタッグだけでも相当な見ものなのだが、脇を固めるキャラも秀逸。
ミラクル鳥居の綾瀬はるかはどう見ても地じゃないかという気もするが(笑)
旭の岡田将生の若いいちびり加減もいいし、
真田をはじめ、笹野高史演じる長曽我部や蜂須賀など
ちゃんと歴史に基づいた名前であることにもにやりとしてしまった。


いじめや性同一性障害のような現代の問題点を盛り込みつつも
機能停止ったって観光客や出張者はどうするんだ?とか
そもそも女たちはどこへ?とか
存在を知らない大阪人はどうするのだとか、
地方にいる大坂人はどうなるのかとか、
父親が長生きしたらどうなるんだとか
嫁に来た関東の人間は徳川家とみなすのか、とか
突っ込みどころは満載以上に満載すぎて完全なるほら話なのだが
それを含めてほろりとしたり泣けたり、もちろん漫画的な笑いもあって
いい意味で鑑賞感がすっきりさわやかな作品だと思う。


グリコのネオン、道頓堀、ビリケンさん、中之島、梅田の陸橋、新世界、府庁、大阪城。
大阪の名所はきちんと網羅し、食べ物もお好み焼きにたこ焼きに串カツと
関西人としてはそれだけでも結構楽しめる。


しかし、どうどう考えても串カツのソースのつけ方が足りませんな、会計検査院のお三方。
二度漬け禁止なんだから、そんなにお上品に食べてちゃだめやで~(笑)






スポンサーサイト
2011-06-21

新しいカメラ


昔は一眼レフをあちこちで振り回したりしていたので
未だにカメラをメモ代わりに持ち歩く癖が直らない。
今は仕事でも幅広く使うので、使用頻度の多さといえば
プロじゃないとしたらなかなかのものだと思う。

で、使い倒して早六年。
まだまだ使えるんだけど、ピンも甘くエッジもきかなくなってきて少々心もとない。
やっぱりほら、仕事だと困るしなんて言い訳して新しいカメラ♪

着物もドレスも、ジーンズも。

ストラップとワンピの飾りは前のカメラからの定番なのです。

さてさて、この子ともきっと長いつきあいになるんだろうなー
末長くよろしくね♪



2011-06-19

Today's Flower



着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。

黄色の薔薇の花言葉は「嫉妬」

こんなに綺麗な花なのにね。
2011-06-19

ファイト餃子@西巣鴨


久しぶりに西巣鴨(庚申塚)のファイト餃子へ。


着物もドレスも、ジーンズも。


ホワイト餃子系列ではありますが、ここの餃子は独自のものでとにかくおいしい。
テレビなどでもよく取り上げられるのでいつもたくさんの人が並んでいるのですが、
友人の伝で毎回おいしく頂かせていただいてます(感謝!)


着物もドレスも、ジーンズも。

このこんがりさ加減がたまりません!


もう何度も伺ってますが、飽きることがないんですよねー、ここの餃子は。
野菜多目の餡のせいか、それとも独自の配合という皮のせいなのか。

おいしいうえに絶対に翌日に残らないここの紹興酒とともに、
今日もご馳走様でしたw


2011-06-12

SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2011 Cherish


@さいたまスーパーアリーナ
(コンサートタイトルが長すぎて題名に入らなかった・・・・)


というわけで、ひょんなことからご存知”永遠のアイドル”松田聖子ちゃんのコンサートへ。

着物もドレスも、ジーンズも。

あの一万人規模の会場がほぼ埋まっているというのもすごかったけど、
それよりもなによりも、やはり永遠のアイドルはすごかった。

パステルカラーのふりふりドレスやスパンコールのミニの衣装もハイソックスも、
まったく違和感なく似合うし可愛い。
そうかと思うとシックなドレスも着こなして余裕の進行と貫禄はさすがの一言。
しょっぱなのダンスもかなりすごかったし(ところどころ口パクだったような気もするが)
それ以上になにがすごいって、声がほとんど変わってないんですね、この方。
普通、年齢を重ねれば声が低くなるんだけど、聖子ちゃんの場合懐メロを歌えば軽々時間を飛び越えちゃう。

いやあ、まじですごいと思いました、リアルに。
幅広い年齢層に人気なのも納得、今更ながら実感いたしました、はい。


ラストのアンコールで沙耶香嬢が出てきたけど、ママの方が全然オーラがある、つーか綺麗。
正直ちょっと気の毒になってしまいました。
ここまでママが偉大だと、二卵性双生児のようにしか生きられないような気がする。


まあ、そんな余計な感想はどうでもいいですね(苦笑)
最後のアンコールまで懐かしい曲もたくさん、よく練られた構成で楽しんだ約三時間でした。



しかし、やっぱりコールは微妙に恥ずかしいよな・・・(笑)






2011-06-12

Today's Flower



着物もドレスも、ジーンズも。

あら、先週と同じ花になっちゃった(苦笑)


2011-06-05

Today's Flower



着物もドレスも、ジーンズも。


着物もドレスも、ジーンズも。


2011-06-04

ざーりーだびっとそん



着物もドレスも、ジーンズも。

次郎長もかわいいけど、この海老名チョッパーが素敵過ぎw


2011-06-04

夕食まで200km


梅雨の晴れ間のあまりの天気のよさに
弥次喜多のアジフライを食べに行こう!(食べたい!)」と一路沼津へ。

最低月に一回は伊豆の海に通っていた頃からの定番のここは、
揚げ物万歳なお店だけど、なんといってもお目当てはアジフライ。
個人的には下手な高級店にも引けはとらないと思っているし
オランダ時代もたまに夢に見たほどの私的な逸品。
ときどき無性に食べたくなるんですよねw


着物もドレスも、ジーンズも。



着物もドレスも、ジーンズも。

山盛りキャベツとアジフライ三枚

着物もドレスも、ジーンズも。

このお店の名物、蟹のお味噌汁
(昔は蜆だった気もするのですが)

着物もドレスも、ジーンズも。

この日は追加でマグロの剥き身を頼んでみました。
ご飯も一緒に巻いて食べると、丼飯がぺろりとなくなります。危険(笑)


高速も空いていて、快適ドライブとおいしい食事。
車だとビールが飲めないのが若干寂しいけど(苦笑)
往復約200kmの贅沢な晩御飯、たまにはこういうのもいいよねw


2011-06-01

しりしり器


着物もドレスも、ジーンズも。

ゲット♪ww


プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。