--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-30

金閣寺 The Temple of the Golden Pavilion @赤坂ACTシアター


金閣寺が一度焼失して、再建されたというのはなんとなく知ってたんですが、
もっと昔々の出来事だと思ってました。
ほら、○○の乱、みたいな。


こんなに現代に近い時代の話だったとは。
だから近代史は苦手なんだってば!(←明治維新以降は歴史じゃないと学生時代は主張してました(笑))


というわけで久々のストレートプレイ鑑賞。


 
まずは、


三島作品ってしみじみ偉大なるマンネリなのだと再認識。
まるで水戸黄門のようだ(笑)



彼の作品の中でも相当な有名作であるこの「金閣寺」ですが、実は未読。
でも、どんなストーリーでも「主人公が壊れていく」というテーマはすぐにわかってしまう(笑)
ようは、”どう壊れていくんだろう”という、そこがポイントなんだなあとしみじみ。


個人的にはエンターティメントは、
わざわざ渋い気持ちになりたくないので
ハッピーエンドが好みなのですが、
こういうので共感と生きる思いを得る人もたくさんいるのだろうし
そんな時代を反映しての、だからこその三島文学だったのでしょうね。



演出は非常にモダンで斬新で、でもわかりやすかったです。
光の使い方というか色温度を巧みに使い分けていて
ほぼ暗転がない舞台変化も違和感なしでした。
このモダンさとテーマである寺というエキゾチックさは
確かに海外では受けただろうなあと思う。


主人公の溝口役の森田君はまたジャニーズですか?という感じでしたが
(ファンの方済みません)思ったより健闘していたと思います。
とりあえずあの大きな体が舞台の上では小さく見えたのはなかなか。
でも苦悩も動きもなんていうかステレオタイプで、
もうひとつ自分のものにしていなかった感じも否めませんでした。
そういう意味では受身の狂気しか感じられなかったのは残念。


韓国&フジテレビで話題の高岡蒼甫演じる柏木は想像以上にいい感じでした。
まあどこか素のキャラなところも多分にあったような気もするけど、
カタワなのに女を転がせるというキャラクターにはそれなりに説得力が必要なわけで
考えてみれば演技力はある役者だし、うまく演じていたと思います。



〆はやはりこれ。
赤坂の取っておきのお店で美味しい日本酒を頂きました。


ぶれちゃったのはけして酔っていたからではありません(笑)




この横のスケートリンクではたくさんの人が楽しんでいました。


スポンサーサイト
2012-01-29

着物を頂きました

着物好きを公言していると
「実際に着て欲しいから」とお着物や帯を頂くことがあります。



今回もそんなご縁で頂きました。



お母様のものらしいですが、40年一度もお召しにならなかったと。
その割にはサイズも現代物、黄ばみなどもほぼなく保存状態はこのうえありません。
単仕立てなので、裏地に引っ張られなかったものたぶんいい意味で影響しているのでしょう。

刺繍のような織りも面白いです。


着るために生まれたのならやっぱり着てもらってなんぼなんだろうと思う。
もし私が着物だったらたぶんそう思うから(笑)


そんなこんなで手元には結構な頂き物があったりしますが、
こうやってめぐりめぐって私の手元に来たコたちには
大げさでなく縁や運命を感じるのです。
そんな感じでこのピンクちゃんともいい相棒になれたらいいなw




2012-01-29

毛皮を洗う

埃の匂いが結構気になったので、いい天気もあって自宅洗い。
あ、一応リアルファーです。



毛足の長いものとかラビットみたいに毛が抜けやすいものは難しいし
高級品はさすがに躊躇するけど(いやそもそも持ってないけど(笑))
水洗いでしか取れないものもあるので、結構やってしまうほうです。




繊維の理屈や特性がわかっていれば自分でも工夫できることは結構あります。
このあたりは着物の手入れを勉強したから出来ることではありますね。


とりあえず相方のネクタイの染み抜きとか、ちまちましたことが自宅で出来るのは
コストパフォーマンス的にもありがたいです(笑)

2012-01-20

今月の映画 「J・エドガー」

弱冠29歳で捜査局長官となったフーバーは、組織内を改革し、連邦捜査局を米国内における最高の諜報機関へと成長させる。やがて、フーバーは自らの権力と組織の諜報能力を利用し大統領や政治家らを裏から操るようになる。



いろんな意見はあると思うが、批判を恐れずに言ってしまう。



こういう背景で作られたというのが本当なら、
FBIこそ恐ろしいテロ的組織じゃないのか?!


そもそも、フーパー長官の子孫から名誉毀損で訴えられないのだろうか?


ホント、こういう映画を作っちゃえるアメリカという国の懐の深さには
しみじみ敬意を禁じえないです。(マジ)




映画はひたすら初老の域に達した男のモノローグと語りだけで進んでいく。
どう見ても好々爺とは言いがたい、一方的な言い方も居心地悪く感じる上に
まるで歴史の教科書をひたすら読まされるような暗く地味な画面構成は、
あの感動作「ミルク」と同じ脚本家とはとても思えない。
たぶん過去最高と言ってしまっていいディカプリオの演技をもってしても
残念ながら観客を引き込むことには失敗してしまっているように、個人的には思えた。




なにかが乗り移ったかのディカプリオの演技は
繰り返すがたぶん彼の歴代の中でも最高と言っていい、と思う。
特に初老の演技は、あれ?これ本人?と一瞬思ってしまうほどの出来だ。
また母親を演じるジュディ・リンチの演技もさすがとしか言いようがない迫力だ。
片腕であるクライドを演じるアーミー・ハマーもなかなかの熱演で、
俳優の演技も監督の意向もむしろアカデミーを意識したとしか思えないのだが、
いかんせん、どのキャラクターにも感情移入できないのだ。



これは映画という”娯楽”の中では、私は致命的だと思う。



アメリカンペーパーバックやテレビ番組で育った世代ににとって
フーパー長官というのは、現実はどうあれアイコンでもありヒーローだ。
それなのにここでは恐ろしいほどのコンプレックスの固まりで
平均以下の自分を持てあますコミュニケーション能力不足なマザコン男でしかない。
その個人の狂信がアメリカの巨大な組織を作り上げていって”しまう”、その怖さは
もしかしたらホラーと言ってしまってもよいのではないかとも、正直思ったりする。


本当に、エドガーの「正義」は、「100%の正義」だったのか?


どこの世界に自分の生活を盗聴されたり記録されたりしたい人間がいるだろうか。
人間というものは、最低の尊厳は絶対的に保障されるべきものだと思うが
それをまったく無視した人物がここで描かれるJ・エドガーことフーパー長官であり
母親もクライドもミス・ギャンティもそれをとめるどころかむしろ幇助してしまっている。
確かにいきなり家を爆破される状況は好ましいとは言わないけれど、
それを防ぐために「人を管理する」ことは、正しいことはやはり思えない。



そしてその「人を管理する」ために作られた組織がFBIなら
どれだけ高尚な目標とその恩恵にあずかる後世があったとしても
ゆがんだ意識が作り上げたゆがんだものに見えてしまうのだ。



こういう歴史的なドキュメンタリーネタ、
ある人物の「実は」を描く作品が好きな人もいるだろう。
私もけしてエドガーが悪人とは思わない。
むしろ悲しく、強く、信念の人であると思う。
だから否定はしないし、こういう作品もあっていいと思うけど、
なにもかもを詳らかにする必要はない、と個人的には思う。



男性同士、それも老人の域の愛情表現が
あれだけエロチズムにあふれたものは見たことがない。
それだけやはり俳優陣の演技が素晴らしかったのだと
こうやって見終わった後でもしみじみ実感したことは付け加えておきたい。


2012-01-15

黒サバト新年会


おなじみ黒い主婦の集まり、黒サバト。
今回の開場はなんと、浜松町のスナック「Tearoom&Snack Lobby」
素敵なママが切り盛りするお店です。


今回は黒いメンバーの知り合いも合流して
ママの手料理をつつきつつ、相変わらずのおしゃべりに花が咲く。



そしてスナックといえばやっぱりカラオケ!


カラオケといえばすっかり=ボックスな今日この頃、
このステージタイプはむしろ新鮮な感じ(笑)


ちょっと緊張しましたが、久しぶりのカラオケも堪能させて頂きました。
(みなさま、お耳汚しすみません)


今回も楽しい時間はあっという間。
幹事のakikoさん、ありがとうございました♪



そんなこの日のいでたちはこちら。




場所が場所なので、イメージは昭和モダン。
灰紫の紬に茶系の綴れ帯、ターコイズを加えた中間色でまとめてみました。
トンボのブローチがアクセント。


いつもなら道行を羽織るところだけど、
今日は黒のファーケープとバックででおじょうさんぽく♪
(けしてマダムではない)




トンボは「勝虫」ともいい、昔から吉祥モチーフ。
めでたい新年を祈念して。




こんな素敵なプレゼントも。
やっぱり帯留にするかな?

2012-01-14

お年玉再び?

落語会でほくほくした翌日は会社の部署の新年会。

うちの会社はやたらとイベント好き。
飲み会でも必ず出し物やクイズ大会やゲームをするのが慣わし(?)
今回もチーム対抗クイズ大会が開催されたわけですが・・・・。



思いがけず優勝。
そしてこんな賞品までもらってしまいました。



逆輸入バージョンのカシオのユニセックス腕時計。

軽いので海外旅行用とかによさそうです。



しかし二日続けてのこの勝ちっぷり。
うれしいけど、今年の運をこれで使い切ったわけじゃないよね~(悩)


2012-01-12

神楽坂で落語とお年玉

発端は、前回紹介されて気に入ってしまった神楽坂のお蕎麦やさん
年越し蕎麦を食べに行ったこと。

通りすがりにこんなチラシがぶら下がったお店を見かけたのです。


高級な料亭にしか見えない外観で居酒屋というのがまた面白い。


入ってみたら、ちゃんと居酒屋。
飲み放題も豪快。


ワインの「デキャンタ」を頼んだら、これが出てきた。


素敵過ぎる(笑)



考えてみたら飲みながら食べながら気楽に落語を一席って
すごくいいですよねー。


これは来月も来ようと決心したところ、



席終了後のじゃんけん大会で、

私は笑福亭和光さんの色紙(限定一名)を
連れは次回の前売りチケット(限定一名)を

見事ゲット!
やったー!!


思いがけないお年玉。
今年もいい年になりそうです♪






2012-01-09

弾丸伊勢ツアー

ふといきなり行きたくなって、夜行バスで行く0泊1日の伊勢ツアーへ。
ええそうです、相変わらず思いつき突発行動の我が家ですがなにか?(苦笑)


23時新宿発の夜行バスで(アルコール片手に)出発。
目が覚めれば、そこはもう三重県w




せっかくなので二見が浦でご来光と思ったのに、曇り・・・しくしく。


めげずに伊勢神宮に向かう。
(途中晴れてきたのは既にもう気にしない。ええもちろんですとも。)







やっぱり心洗われる空間です。
前回訪れたのは約十年前ですが、たまたま偶然に
斎宮様のお渡りに遭遇したことを思い出しました。
あれはしみじみラッキーだったなあ。



さて、お伊勢さん詣でという最大のミッションをクリアしたところで
次に狙うは当然その地の美味たち♪




冬限定の赤福ぜんざい。美味。




お神酒も当然w




大好きなてこね寿司。

次のバスの時間がせまっていて、ここまで来てあわや食べ損ねるか!というところ
その必死さに恐れをなしたのか
すし久さんは開店前だというのに持ち帰り弁当を特別に作ってくれました!!
本当にうれしかったです。

すし久さん、その節は大変ありがとうございました。
そしてとてもおいしゅうございました。次回はゆっくり伺いたいと思います。



おなかも満足したところで、せっかくなので日本三大稲荷の豊川稲荷を目指す。






お伊勢さんにはないので、ここでおみくじを。


出たのは末吉。
「たとえば山を掘りて金をうるが如く、はじめは苦労あれどものちついに仕合よし。何事も途中に捨つべからず」


初詣の時とほぼ同じキーワードが並んでいてびっくり。
ただの偶然と言ってしまえばそれまでだけど
このタイミングでその繰り返しに出会うのもまた必然。

それが黄金にたどり着く道ならば、心して頑張っていこうと思います。




有名ないなり寿司のお店は長蛇の列で断念。


帰り道、富士山も美しく見えて満足。

この日は今年最初の満月、月も美しい夜でした。











2012-01-07

ランチで新年会

2012年最初の連休初日は、
いつもばたばたと忙しくしている我がチームの慰労を兼ねて、
我が家でランチタイム新年会を開催。


若い女子ばかりなのに見事に健啖家が揃うメンバーなので
(けして類は友を呼んでいるわけではないと、個人的には思う(笑))
飲みも食べ物もそれなりに準備はしたのだけど
そのぺろりぶりには改めてしみじみ感心。


肉食女子の皆様とか、私の周りには本当に元気な女性ばかり。
見ていて幸せになる、とてもうれしいことですね。



ちなみに客人3名+我が家2名のために作ったものは以下。


・豚バラ肉のロースト(豚肉600g)
・かぼちゃのシーザーサラダ(かぼちゃ大半分)
・グリーンサラダ(レタス大1個、サニーレタス半分などなど)
・フルーツドライトマトのペペロンチーニパスタ(パスタ一袋)
・ツナのソーミンちゃんぶる(素麺5把)


他にはオリーブや自家製グリーントマトのピクルスなど。
お酒も日本酒からワインから泡盛まで、
ランチタイムだというのに色々飲んじゃったり。


こうやって書くとあらためて結構な量だな(笑)


今度はもっとたくさん作んなきゃかなあ?
というわけで、みんなまたおいでねw

2012-01-01

あけましてご馳走様☆元日料理いろいろ


久しぶりに気合を入れて二年参りになど行ったもので、
元日の昼過ぎからごそごそだらだらはじまる我が家の食卓。

まるで怠惰な一年を象徴するかのような状況ですが、
まあこれはこれでよし、ということで(笑)


【昼の部】


<おせち>
一段目:牛肉のたたき、南瓜きんとん、ねずみ大根の赤ワイン漬物
二段目:鱧板、黒豆、野菜の筑前煮
三段目:新巻鮭の焼き物、鰤照焼き、春菊サラダ

白菜のペペロンチーニ
ほうれん草と鶏肉のお雑煮 済まし仕立て

<お神酒>
大和川酒造 純米寒造り やうえもんだけ(カスモチ原酒)
はんだ 樽酒



なんか毎年毎に手抜きになっていくような気もしないでもない。



【夜の部】



オニカサゴのお刺身でスタート。


お神酒はおんな泣かせ 純米大吟醸。
ねっとりした味わいにぴったりw


メインディッシュはアマダイ大小ペア達。

でかっ!



しかし、我が家の釣り師はどこかで聞きつけてきたらしく大胆にも丸揚げを御所望。
(うろこがぱりぱりして美味しいとのこと)


しかしだね、


・・・そもそも入んねーし(爆)

考えた挙句北京ダック方式でなんとか調理してみる。



やわらかい身のアマダイなのでさすがに少し崩れちゃったけど、いやはや確かに美味ww


泡とあわせるとマジ絶品でした。


そしてアマダイ小さんは土鍋に入るサイズだったので炊き込みご飯に。


ビフォーアフター(笑)


さすが釣りたて高級魚、美味しかったーっ
新年早々満足です。ご馳走様でした!



今年は久しぶりにお礼参りと初詣の二年参りに行きました。

おみくじは末吉。
「けはしくもたゆまぬ道はみちのくの黄金の山につづくとぞ知れ」

まるで見ていたかのように今年のミッションを言い当てるような内容。
険しくても黄金の山に続く道ならば、頑張って進んで行きたいと思います。


そんな2012年1月1日。


結城風(たぶん)の厚手の紬に粋になり過ぎないようベージュの帯。
新年らしく赤味を差して、根付は鼈甲細工の鶴でおめでたく。
足元は歩くことを考えて白木の下駄。



2012-01-01

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

いつもこんな僻地までお越し頂き、大変感謝しております。
呑み食べ着るしかないのかっ!というようなのんべだらりなブログですが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

誰もが心から幸せな一年でありますように。


年賀状はこちら→ http://hijiri.info/greeting/2012new%20year_n.html
プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。