--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-31

7DOORS 青ひげ公の城@東京グローブ座


ユディットは青ひげ公の異名を持つ公爵から結婚を申し込まれた。
彼女は公爵の悪い噂を知る兄弟の反対を押し切り、
何かが隠されているという「7つの扉」の中を見たいという願望から結婚を承諾する。
公爵の執事に付き添われながら拷問部屋・花園・領土などの部屋を
1つ1つ開けるユディットは、そこで謎の男たちに出会う。

彼らは一体何者なのか?
なぜ、この城に居るのか?
彼らの言う「7つのコレクション」とはなにか?
そして、彼らは何を意味しているのか・・・。

ユディットはなかなか姿を見せてくれない公爵への想いをはせながら歩を進め、
7つ目の扉を開けるが、そこにいたのは・・・・。






キリスト教の七つの大罪をテーマにした作品。
もとは確かオペラだったと記憶している。



一皮剥けば皆自分の望みのために他人を利用しようとするのが人間。
救われたいのに殺し、受け入れない相手は目の前から排除しようとし、
自分の納得のために記憶をすり替える。

大多数の私たちはその矛盾に気づかないまま。




悪いことを悪いと自覚できない自称善人ほどたぶん最大の罪人なのだ。





シンプルなストーリーは早い段階で結末が読めてしまうが、
誰でも思い当たる部分かあるだけに希望ある最後を期待して見てしまうのかもしれない。
そしてやはり救いのない終わりに、どこかホッとしてしまうのも人間だからなのだろう。




ユディットを演じる水夏希さんは元宝塚男役トップスター。
おとなしく敬虔な女性らしい前半のユディットも無難に美しくこなされていたが、
やはりラストのオーラは圧巻。
カーテンコールの格好良さなんて、並ぶ八名の男性が全て霞む勢いで
さすがとしか言いようがない(笑)

私は女性が男性に見えないたちなので宝塚はもう一つはまらなかったが、
見えるタイプの人なら確実にはまるのがよくわかる。
観客の九割が女性だったのも改めて納得です(笑)



7DOORS 青ひげ公の城公式サイト
http://www.7doors.jp/

スポンサーサイト
2012-03-31

悠久の色彩 東洋陶磁の美@サントリー美術館



磁器よりも陶器が好きです。
できればもさっと土っぽいのが。(意味不明)



というわけで、おなじみサントリー美術館で中国&韓国陶器三昧!(違)




青磁も綺麗だけど、白磁のなにげなさの温かみもいい。
赤磁の儚げな消えそうな魅力もいい。
生活用具として生まれたとはいえ、
いえだからこそさらに美しいものを、と思うことこそ、
文化の始まりなんじゃないかなと改めて思ったりします。


使うために作り、さらには美しさを求め、
今度は美しさのために作り、
そのを美しさを我がものとして所有することを欲する。



豊臣秀次が有していたという油滴天目茶碗の素晴らしさ。
それまで領土の為に戦っていた武士たちが
小さな茶碗の為に命をかけた意味が、
こんな美しいものを見るとなんだかわかるような気がします。



サントリー美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol07/index.html

2012-03-25

黒井健 絵本原画の世界展@銀座松屋



この方の作品は個人的には
「手袋を買いに」と「ごんぎつね」(こちらは記憶あやふや)
程度の印象しかなかったのですが、


「ああ、これ見たことある!」

「これこの人の絵だったんだ!」


と思うものが多くて、意外さにまずびっくり。


柔らかな色彩とイラストのような絵は、
パステル調なのに子供っぽくなく
どこかそばに置いて時々眺めたくなるような不思議な魅力があります。
大人でもファンが多いというのは
そういう作風からもきているのでしょうね。


作品も相当数あり、かなり見ごたえのある展示会でした。




しかし、原作をもらってから絵の完成に三年とか十年(!)とか
出版業界はわからないけど大丈夫なのかしら、とふと思ったり(苦笑)



入り口ではころわんがお出迎え。
ショップでもたくさんのころわんグッズがあってちょっとびっくり。
私はこの絵本もキャラクターも実は知らなかったのだけど、人気なのですね。


画業40年記念 「黒井 健 絵本原画の世界 ~物語との出会い~」展
http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20120314_kuroi.html


2012-03-21

ローズマリーの花が咲きました


2012-03-20

隅田川クルーズで浅草へ

以前懸賞で頂いたクルーズチケット。
いつの間にか期限が!


というわけで、天気のよいお休みに浅草ツアーと洒落ることに。





休日出勤の相方の分もあるから船で往復しちゃうもんね!

(↑前日に言われたのでちょっと怒ってました(笑))



ヒミコさんが一杯だったので、

日の出桟橋から通常の船に乗ります。こちらも結構一杯でした。




いい天気!
スカイツリーもくっきり!



盆か正月かと錯覚しそうな人出。
やはりスカイツリー効果かはたまた春休みか。



大道芸もやってました。



浅草寺からスカイツリーを望む。


ちょっとシュールな絵。
なんだかSF映画みたいですね。



路地裏にはスナフキン。



お約束の休憩(笑)
ロゼのシャンパンとイタリア北部のスナック「フェッテ」



いい男物中古着物を見つけたので、襦袢と一緒に相方へのお土産に。
欲しがっていた羽織紐も見つけたのでおまけにプラス。
こういうとき中古サイズが豊富な体型はうらやましい。


2012-03-17

志らく×談笑 二人会@大宮市民ホール

前回に引き続き、今度は大宮へ。





前座のがじらは、前回の志ら乃に比較するとザ・前座という感じかな。
下手ではないのですが、聞かせるというにはもう少し精進が必要かな、という印象。


なんだろう、軽い?と言えばいいのかな?
(って、なんてえらそうなコメント(笑))




そして真打登場。
まずは談笑師。


相変わらずお上手でパワフルなのですが、
ネタが二つとも前回拝見した二人会と同じというのはかなり残念。
さまざまな場所で講演を行っていらっしゃるのは知っているものの
新しいネタ下ろしにも常から熱心でいらっしゃることも承知しているので
こういうシリーズを連続して伺うかもなユーザーのことも考慮していただきたかったかなーと。
ちょっと寂しい気分に(笑)


その後の志らく師。
いやはやこれが素晴らしかった。


人情物語の「紺屋高尾」、主人公もさることながら
特に主人公の久蔵を取り巻く人々の群像の表現には泣かされました。
最後のオチもそうくるか!という斬新さ。(個人的に)


前回も思ったのですが、この方の噺はなんだかドラマを見ているような
どこか妙な雰囲気があります。
なんとなく立体的というか。


このネタは談志も好きだったそうですが、私もすっかりはまってしまい
帰り道々、この噺の由来などをモバイルで探しまくる始末(笑)
とにかく印象的な噺で、この一席で大宮まで遠征した甲斐がありました。



そういえば、調べているうちに談春師でこの「紺屋高尾」を観て
落語にはまったという方がいました。
噺家が変わることでどのくらい変化するものなのか、
これは俄然興味が出てきちゃったな、と。


私の落語初心者修行はまだまだ続きそうです(笑)




せっかくなので、大宮氷川神社にお参り。
広い境内は静かで壮大で、真ん中の池の風景もすごく素敵。
桜の時期にまた来たいな。


2012-03-15

当たった!

愛読している着物雑誌から届いてました。


ちょうどW.Dの日、神様からのホワイトデーかしら?(笑)

2012-03-14

Today's Flower

自分で買わないお花はやっぱり格別。
久しぶりのときめき、ありがとう。

2012-03-05

韓国ソウル食い倒れツアー【その参】


さて、最終日。
とりあえずお土産などなども買わないとね、というわけで東大門へ。



雪が凍り付いてます。
やっぱり寒いんですね~。


一通りの買い物を済ませたので、
昨日とは打って変わって地元の人がお昼を食べるようなお店に入ってみる。



大当たり!
ポッサムキムチのキムチのしゃきしゃき甘いこと!
こんな美味しいキムチ、初めて食べました。





こんな定食屋が近所にあったら、それだけで生きていけるな(マジ)





教会の下は普通のお店。
このちゃらんぽらんさがいい(笑)



喫茶店でコーヒーを頼むとお菓子がついてくる。
こういうのもちょっとノスタルジックな感じがしませんか。



韓国版R25?!




飛行機に乗り込んだら雨。
滞在中に降られなくてよかった。


駆け足だったけど楽しかったソウルツアー。
また来るね♪(食い倒れにな)





2012-03-04

韓国ソウル食い倒れツアー【その弐】

二日目は、まずは明洞(ミョンドン)へ。


韓国がお初という同行者が、
どうしてもサムゲタンが食べたい!とのたもうたので
老舗と言われるこちらでランチ。




ここも地元(?)の人で一杯。
まだまだ寒い日、暖かいスープものは体がぽかぽかしますね。


その後はソウル通の友人オススメのにんにくチキンを食べに江南まで遠征。



こういうカードを買って地下鉄に乗ります。
パスモとはちょっと違うんだけど、普通にチケットを買うより便利。



地下鉄の雰囲気は日本と全然変わりません。



郊外に来た!という感じの町並み。
観光地とはまた雰囲気が違いますね。




これが有名なパンボチキンのにんにくチキン。
フライドチキンににんにくソースがたっぷり掛かっています。


以前から食べてみたかったのですが、
わざわざ食べに行くほど、かと言われると
実は私としてはそんなでもありませんでした。(同行者も同様)

でもはまる人ははまるようなので、一度話のタネに試すのはいいかもしれません。





チキンでおやつ(!)を済ませた後は

こちらも友人オススメのホルモンのお店へ移動。

同じく江南地区にある「ヤンマニ」というお店です。




見よ!この厚さ!
そしてやわらかい!

はっきり言って知っているホルモンとはまったく別物です。
(私はホルモン本番の大阪の女なんやけどな)
下手な焼肉より味わいがゴージャス過ぎ、びっくり。






そしてここのミノチャーハン!
これだけのためにまた行きたいと思えるほど。


はっきり言って韓国値段で考えると非常にお高い値段設定ですが
日本に比べれば問題なし。
ここはオススメです。



ここも他にも店舗があるそうです。
韓国では美味しいお店はチェーン化する、これは本当みたいですね。





2012-03-03

韓国ソウル食い倒れツアー【その壱】

まだまだ感情的な問題も消えないお隣の国ではありますが、
特に野菜と辛いものが大好きな私にとっては、大好きな食が一杯の国、韓国。


そんな食を食べつくさんと、持ち越せない有休消化という口実の元に
ソウル食べ歩きツアーへ出発!




出発日は偶然ひな祭り。
成田空港にも大きなお雛様が。




到着!
しみじみ近い。


というわけでホテルにチェックインしたら、
まずは焼肉でしょうと、フロントに聞いたお店へゴー!




チェーンのようですが、実は韓国では美味しくて人気が出るとチェーン化するそうで
下手なお店に入るのであればチェーンの方がオススメなのだそうです。

残念ながら名前は失念してしまいましたが、
こちらのお店も多分地元の方で一杯でした。







マッコリははずせないよね~w

同行者は韓国の清酒を飲んでみたいと注文。
ちょっと日本のより薄くて甘めかな?



この野菜一杯の副菜の数々がお代わり自由、生野菜もお代わり自由というのが
野菜喰いの自分としては本当に本当にうらやましい。


はっきり言って食べ物の問題だけなら、私明日から住める自信あります!(笑)



満足してホテルに戻り、宴会を経て就寝(笑)
さて、明日からも食べまくりますよ♪

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。