--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-27

ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年@国立西洋美術館


ちょうどベルリンが急激な成長の一途を辿っている時期によく行った。
旧いものと新しいもののコントラストのそのバランスの危うさが
街の景観のちぐはぐさと相まってその蒼さがとても魅力的だった街。


当然、美術館も巡っているはずなのだが、
なぜかここに「真珠の首飾りの少女」があったという意識はなかった。
おかしいなあ、健忘症?



というわけで「真珠の首飾りの少女」である(笑)




同じ敷地内で「真珠の耳飾りの少女」を見たら、
当然「真珠の首飾りの少女」も同時に見るべきではという(強い)要望の元
同じ上野公園内をハシゴ。





正直、マウリッツハウス展に比べると
絵画よりも彫刻(というか宗教的建造物)やデッサンが多くかなりばらばらな印象。
(このような構成の美術館は結構あちらには多いけど)
やっぱりこの時期のメインはフランドル一帯の地域であって
プロシアの権威をもってしても集めるのが精一杯だったのだなあと思う。




それでも「真珠の首飾りの少女」の他に
たぶん私がフェルメールで一番好きな「黄金の兜の男」や
日本初公開らしい「ミネルバ」もあってなかなかの充実度。

(しかしこのミネルバの照明はダメすぎでしょう!バックのメドゥーサが全然見えないじゃん!)



レンブラントやルーベンスの習作とか見ていると
成長をたどるベルリンの若いイメージとかぶって
思い出を遡ってしまったり。




「ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年」
http://www.berlin2012.jp/tokyo/
スポンサーサイト
2012-07-27

マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝 @東京都美術館


平日もものすごーく混んでたよ!と言われて、恐る恐る観に行ったが、
中途半端な平日の時間だったせいか、とりあえず無事に鑑賞。



マウリッツハウス美術館自体はオランダ在住時代に何度か行ったので
なんとなくどれも久しぶり、という感じ。
「真珠の耳飾りの少女」は現地でも人気の絵だけれど、
あちらでは邸宅の部屋の窓辺に飾られているという体なので
今回のように暗い部屋で照明も工夫してうやうやしく展示されていると
ちょっと恥ずかしがっているみたいにも見えた(笑)



そういえば、フェルメールばかりフィーチャーされてるけど
相当数のレンブランドやブリューゲルなどなかなかのラインナップ。
マウリッツハウスが休館中でなければ
なかなかここまで持ってこれないだろうな、などと思ったり
ふとあの建物のたたずまいを思い出したり。



上野の美術館群も雰囲気はあり大好きだが、やはり空気は違う。
あの乾いた空気の中で、もう一度くらい見たいような気はする。




マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝
http://www.tobikan.jp/museum/2012/mauritshuis2012.html




2012-07-26

「男の花道」@ル テアトル銀座

時は江戸時代後期。上方の歌舞伎役者・加賀屋歌右衛門の失明の危機を救った眼科医・土生玄碩。
難局を乗り越えた二人には医師と患者を超えた友情が芽生える。
歌右衛門はいつか玄碩の恩に報いたいと思いながらも、大坂から江戸に下り大成功を収める。
同じく江戸に行き貧しい人々を無償で助けていた玄碩は、ひょんなことから仕官することになるが、
話がこじれた末に刻限までに歌右衛門が駆けつけなければ、殿様の前で切腹しなければならないという窮地に陥ってしまう。
それを文で知る歌右衛門。ついに玄碩への恩返しの機会がと思うものの、その時は満員御礼の舞台上演の真っ最中で・・・。






映画・舞台の題材として幾度となく取り上げられ、友情物語の代名詞とも言われる(らしい)「男の花道」。
どっちかというと友情物語だと「走れメロス」じゃないか?というタイプなので(笑)
もうひとつまともに見た記憶はなかったのだけど、想像以上にいい舞台だった。




何といっても、中村福助が演じる女方の加賀屋歌右衛門が美しく格好いい。
不安に泣いても恐れに慄いても、凛としたそのたたずまい。
踊りのシーンなどやはり目を奪われる。
それだからこそ玄碩の危機を知り、舞台で狂乱しながら観客に訴える姿が心を打つ。



また中村梅雀の飄々とした気のいい医者っぷりも安定した魅力で彼の本領発揮というところ。
周りがなんとなく手を貸したり赦してしまう育ちの良さというか根の綺麗さというか
ツンデレな態度にもそういう人間性が遺憾なくにじみ出ていて魅力的だった。


こういう人って確かにいるよなー。
周りは大変だと思うんだけど(笑)






マキノ雅彦らしい、無駄のないシンプルな演出とストーリー立ては
この主役二人の安定した華のある演技なればこそ。
音楽が宇崎竜童という斬新さも思ったほど違和感なく、
二人の絆と友情についほろりとしてしまういい舞台でした。



意外とジャニーズな風間俊介演じる嘉助がさわやかでよかったなー。
どこかの劇団所属の俳優さんかと最初思ったくらい。
ジャニーズな方の舞台は結構見たけど、演技については「がんばりましょう」的な感想が多かったので
(ニノとか評価高いけど、個人的にはそうでもないと思っていたりする。ファンの方すみません。)
思いがけず拾いものな気分でした。



相手を心から想う気持ちに性別や代名詞はいらないよね。






そして、今回気づいたこと。
歌舞伎の方ってどれだけ早口で話してもきちんと声が届くのね。



歌右衛門が舞台から観客に向かって玄碩を助けに行かせてくれと
もう役者もやめるから許してくれと掻き口説くシーン。
ものすごく感情的で早口なんだけど何を言ってるかははっきりと聞こえる。
現代劇の役者さんだとこのあたり残念ながらダメな場合が多い。


動きの美しさやたたずまいの説得力もさることながら
このあたりでも伝統芸能を身体に叩きこんだ人々の凄味をしみじみ感じました。





「男の花道」オフィシャルサイト
http://www.parco-play.com/web/play/otokonohanamichi/
2012-07-16

初めてポタリングというものをするなり(=自転車復活のお知らせ)


オランダ時代は環境もあって結構乗っていたのに、
帰国してからすっかりご無沙汰しまくりのMY自転車。




最近まわりが妙に自転車ついているので、ふと引っ張り出してみる。



屋根のある駐輪場とはいえ
ホコリだらけで、もうあちこち完全にイカれていると思ったけど
タイヤOK(空気ちゃんと入る、たぶん抜けてない)
ブレーキ前後OK(ちょっと硬い気がしなくもない)
チェーン錆び錆びだけど、一応稼動してる様子。



というわけで、一応お店にメンテに持っていってみつつ
今時はやりのポタリングというものをしてみた・・・つもり(笑)



こいつが愛車です。
中古で譲ってもらったから相当古いものではあります。


ロードレーサーではなく、デュアルパーパス?クロスバイク?
こういうオンオフOKのタイプって今はなんて言うんだろう?

(↑昔、ダイビングでセカンドステージをオクトパスと言って笑われた人=トラウマ)






いい天気!
そして卑弥呼さん。



というわけで、周りの自転車な方々へ。
正しいポタリングというものに是非誘ってください♪


2012-07-16

日本橋~描かれたランドマークの400年~@江戸東京博物館




小さく北斎やら広重やら書いてあったので、
浮世絵もあるんだな程度の気分で行ったら前半ほとんどが浮世絵!
(一部肉筆画)




同じモチーフ(日本橋)を描いたその時代の絵をこれだけ並べて観る機会は
はっきり言ってほとんどないと思うのに。




商業ベースに乗るものは多かれ少なかれタイトルで全てが決まる。
どう考えても、この展示会、タイトルで損してると声を大にして言いたい。
(感覚的に美術愛好家というより民俗学好きのお客の方が多かったし・・・既に遅いが)



私だったら「広重、北斎他時代絵でたどる、日本橋の400年」とかにするけどなー。






とまあ、文句で始まってしまったけど(笑)
それだけ想像以上に見ごたえがあったということだ。



日本橋という象徴がどれだけ「=江戸」であったか、
高札場がある南側より北側の河岸を誇らかに描く心意気とプライドや
生き生きとした彼らの生活の表現を見ても
ランドマークとしての日本橋という存在が
結果として大きな意味を持っていたことがよくわかる。




個人的には江戸が東京になり、近代化し、
電車を通すため橋の形状をにフラットにした頃から
日本橋は象徴ではなく、橋という建造物になってしまったのかなと
そんな風に思った。



それでもやっぱり日本橋は変わらずそこにある。




日本橋~描かれたランドマークの400年~
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/special/index.html

2012-07-15

7月15日明けの空


月齢25の細い月と木星、その下に明けの明星(金星)。


木星の少し上にいるはずの昴(プレアデス星団)はさすがに雲も多くて微妙だったけど、
明け方の空は綺麗でした。





本当はこんな風に見えるはずだったんだけど。
(ネットから拾ってきました。掲載問題ある場合はご連絡くださいませ。)



この日の昼間は木星食でもありました。
ご覧になりましたか?


2012-07-15

今月の映画 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」

1988年7月15日、エマとデクスターはカレッジの卒業式に初めて言葉を交わす。
ひょんなことから一夜を共にした二人だったが、これからも良き友人でいようと約束する。

労働者階級のエマは自分なりの夢を描き、一方、裕福でハンサムなデクスターは気楽で華やかな人生を歩んでいく。
二人の友情関係は7月15日に会うことで続いていたが、テレビの司会者として有名になっていくデクスターと地道に生きるエマのそれぞれの生活はだんだんかけ離れて行く。
やがて二人はそれぞれのパートナーを見つけ、デックスは結婚。
しかし、彼の成功は脆くも崩れ去り、人生の壁にぶつかってしまう。そんな中エマの書いた小説が出版社に見出され・・・。







「愛してる」という言葉を絶対に言わないという友人がいる。
どこか不実な気がするからだそうだ。
私自身はといえば、どちらかというと異性よりも友人や家族に気楽に「愛している」と言うほうだ。
ハグなんかと同じような感覚で「いとおしい」く「大事な」「守りたい」という意味合いで使ったりするので、
異性に対してはむしろ母親的な意味になってしまいそうな気がして躊躇してしまうことがある。




言葉だけでも人によってそれだけ違うのなら、では親友と恋人はなにが違うのだろう。




エマとデクスターは大学を卒業する「7月15日」に出会い一夜を共にし、
いわゆる最後までには至らず親友として付き合っていく道を選ぶ。



映画は彼らは23回の(正確には20回なのだけど)「7月15日」を淡々と描いていく。
その中で彼らはそれぞれ人生を歩んでいきながら
生きる世界も階級も何もかも正反対であるに関わらずその長い長い間ずっと心を許し合い、
だからこそ辛辣に時には喧嘩し泣いて慰め合い、相手の幸せを思いあっているように見える。



それぞれのパートナーと別の人生を歩みながらも、ずっと。




これは恋愛なのだろうか、それとも友情なのだろうか。





大好きな漫画「ハチミツとクローバー」(羽海野チカ作)の中で花本先生がこんなことを言う。


「上手いコトバが見つからないんだよ 原田も理花も恋人とも友達とも違った ただ大事だったんだ オレにとって。」




代名詞に置き換えられない、けれども何にも変えられない大事な存在。




たぶん恋を相手の心を欲しいというどちらかというと自分のための熱病であると仮定するなら、
失う怖さで人の足はすくむことだろう。
特に最初の頃のエマはそうで、だからこそ転落していくデクスターに
「愛しているけど好きじゃない」と言い放つ。
心から信頼しているからこそ、拒否される恐怖や嫌われるリスクを乗り越え、
自分をぶつけることができる相手を親友と呼ぶなら、確かに彼らは親友で、
そして最初からちゃんと相手という人間に惹かれているから成立する関係で
そしてやっぱりそれはどんな形であっても「愛」という言葉で表せるものなのだろうと思う。




最後の最後のシーンで娘にエマのことを聞かれたデクスターは
既にエマと結婚し人生のパートナーであったにも関わらずにこう言う。


「エマは親友だったからね」




愛するということが相手の幸せを望むことならば、
確かにエマの愛はデクスターを変え、そして変化したデクスターはエマを愛で幸せにした。



個人的にはこういう相手がいる人に惚れてしまったら地獄だろうと思うけれども(笑)
そんな相手にめぐり合えた彼らはやはり幸せだったに違いない。




こういうちょっとまじめで頑固ででもかわいらしい女性を演じさせたらアン・ハサウェイに並ぶものはなく
学生時代のダサい格好も美しく成長した大人の女性像も魅力的だったが
いい加減で軽くてでも魅力的なデクスターを演じたジム・スタージェスも素晴らしかった。
この二人の魅力で、この映画はせつなくもさわやかな大人のラブ・ストーリーに仕上がっていると思う。




エマとデクスターが運命的な出会いをする7月15日は、
イギリスではマザーグースにも出てくる聖スウィジンという聖人を記念する日。


折りしも今日も7月15日。
23年後の今日、私はなにを懐かしみ、誰を想っているのだろうか。

2012-07-13

神谷バー@浅草

花のお江戸に出てきて早うん十年。
やっと憧れの神谷バーに行くことができました(笑)



デンキブラン初体験w


チェイサー(?)はハーフ&ハーフのビール。
え?こういう頼み方するもんじゃないの??





子供の頃デパートの食堂に連れて行ってもらえるのが
この上なく贅沢で楽しみだった頃を思い出しました。


こういう雰囲気、好きです。





帰り道、スカイツリーも綺麗に見えました。


2012-07-11

須藤元気Present's WORLD ORDER LIVE 2012 @東京国際フォーラム



須藤元気という元格闘家で現ミュージシャンでパフォーマーのことはぜんぜん知らなかった。



ネットで友人が話題にしていて、たまたまテレビ出演しているのを見てこれはすごい!と思った。
チケット取れたけど行く?って言われて、即OKの返事をした。




テクノな歌に乗せて、ジャパニーズサラリーマンの姿で踊るロボットのようなスローなダンス。
言葉にするとギャグのようなのだけど、これがめちゃくちゃ格好いいのだ。
人間の体の極限のパフォーマンスをこれほどわかりやすく表現するものはないような気がする。



掲げるスローガンは「WE ARE ALL ONE(すべてはひとつ)


まさに戦う日本のサラリーマンである。
現代の日本男子の格好よさ。リゲインの世界。




途中のMCで愛だのなんだの言わなかった方がよかったという意見が回りにあったけど
私はむしろ言ってよかったと思う。
「金」と「感動」、「自分が変われば世界も変わる」
確かにべただしくどいかもしれない。
けれども改めて言葉にする良さと繰り返しの呪文効果はあると思う。



全ての人間が同じように感じて同じことを思っているわけではないのだから、
その方向性を提示するのに、わかりやすい言葉ほど効果的なものはない。


そして彼はその効果をよくわかっている人のように思えた。





しかし元格闘家はまあわかるとして、
小説家で俳優で書道家でミュージシャンでパフォーマー、どんだけ守備範囲広いんだ(笑)


たぶんMCのように、あーだーこうだと考えずにとりあえず動いてしまう人なんだろう。



それが様々なチャンスやエネルギーを連れてきて、結果きわめてしまう、というタイプ。
たまにいるよなー、こういう人。



いやはや、本当にセクシーで格好いい日本男児です。
ちょっと惚れるねw






2012-07-08

今期初の麻着物



小千谷縮と金糸の入った紺の博多帯。
紫で色を差して、根付は涼しげなトンボ玉に。

浴衣も考えたけどギャラリーと写真展のはしごという状況からちょっと綺麗目に。


今年初の麻は涼しくていいけど久しぶりに纏うと軽くてなーんかきまらん(笑)


もう夏ですね。


2012-07-08

doughnuts 企画写真展「都会の星」@リコーフォトギャラリーRING CUBE銀座



星占いもプラネタリウムも夜景も、好き。

そのうえ、あの人気の占いサイト「筋トレ」を主宰する
石井ゆかりさんが写真にキャプションを添えるという企画にも惹かれ
またひょんなつながりから素敵なお誘いを頂くというおまけまでついて
これは!、といそいそと観に行った。




想像以上によかった。本当に。



専門家が見ればいろいろコメントや感想はあるんだろうけど
添えられた石井さんの暖かいキャプションを読みながら
あちこちの夜の風景の上に広がる星空のデザインを順に見て行ったら
場所の記憶やその時の思いや、過ぎた時間なんかがうわーっと蘇ってきて
なんだか泣きたくなってしまったくらいだ。




過ぎてしまった時間や思い出のように。
何時でもそこにある夜空もけして同じものは存在しない。
けれども消えてしまうわけでもない。



この先、私が消えたら私の中にある記憶も思い出も消えてしまうけど
事実が消えるわけでもない。




なお、作者の東山正宜さんはアマチュアながらも、
「はやぶさ帰還」の写真で新聞協会賞特別賞を受賞した方でもあり
その写真も見ることができます。




宇宙も星空も、なんて広くて切なくて不思議で、そしてこの上なく綺麗なんだろうね。





doughnuts 企画写真展「都会の星」
http://www.ricoh.co.jp/dc/ringcube/event/urban_star.html


2012-07-08

光の風景 イタリア -Hiroko Arai- @銀座伊東屋ギャラリー



友人と行ったお店でたまたま隣になった御縁でご案内を頂き
ずうずうしく伺ってみた。




欧州在住時も、オランダからイタリアはやっぱりちょっと距離があるので
しょっちゅう行っていたわけではないけど
それでもやっぱり描かれた風景は懐かしく感じる。


フィレンツェのクリスマスシーズンの飾りつけられた通りや
ローマの少しさびれた裏通りの空気感。
郊外の広々した野原の風景。


絵は写真よりなんだかメルヘンチックでノスタルジックになるような気がするのは私だけかしら。




ああ、また可の国へ行きたいなー。

2012-07-01

半年振りのお伊勢さんと浜松ツアー

我が家ではごく普通に発生する、突然出かけよう病。
なんらか安いチケットやらクーポンやらツアーやらを発見した時に
かなりの確率で発病する症状です(笑)


今回はお正月に続き、ちょうど半年の節目を祝って(?)
お伊勢参りに行こうということに。



見つけたツアーはなぜか浜松宿泊。
実は浜松には大事な友人がいるのですが、彼女も忙しくなかなか会うこともままならない。
いやもうこれはもうまとめていっちゃう世界でしょ、どんどんww





実は小学生の頃、二年間浜松に住んでいた私。
実に○十年ぶりの浜松の観光地、舘山寺温泉です。


・・・・こんなんだったっけ?


さすがに記憶と重なるところはまったくありません。
いやはや時の流れは残酷です(苦笑)




とりあえず足湯など。





せっかく来たんだからと、やっぱり地酒の買い出しは欠かさず。


左端の小瓶は名産のうなぎにあわせて造られたということですが
おちゃめなラベルデザインからは想像できない、なかなかこれがステーキとかにもあいそうな拾いもの。
このサイズしかないってなんかもったいなくないですか・・・・蔵元さん。




浜名湖の夕日。



夜はホテルに訪ねてきてくれた友人と話しこむ、充実した時間。
忙しいのに来てくれて本当にありがとうね、Tちゃん♪







翌日は雨模様の中、伊勢まで移動。





実は外宮は相当ぶり。
たぶん子供のころに来たらしいけど、記憶もうろ覚え、ほとんど初訪問気分。








そしてこちらはお馴染み内宮。
ちょうど一年の折り返しということもあって、
雨模様にも関わらずたくさんの方がお参りされていました。



今年もあと半分、さてどんな後半戦になることやら。
色々不穏なことも多い今の世の中ですが、みんなが幸せになる方向にいけばいいですよね。






無事にお参りを済ませたら、この時期はこれ、な「赤福氷」を。




宇治氷の中に赤福が入っています。
この時期に本店でしか食べられないのです。


雨で気温が低くなければもっと美味しかったと思うけど・・・・・(爆)









にぎわうおかげ横丁にも七夕の短冊が。




プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。