--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-31

今月のたまぼた



ミラノの巨大美術館は飛行機や列車まで展示されていてびっくりしたのを思い出しました。
懐かしいな、楽しみ♪




うん、今年こそ日やけ止めをちゃんと塗る生活をしよう!
(↑海山以外忘れる人)




いっちばん!(?)
ご馳走様でーすw



わーい、玉堂さんw
こちらも楽しみです♪

スポンサーサイト
2013-05-26

産地直送魚祭り


シマガツオという深海魚(?)らしいです。



見たとおりの大きなお魚。
産地直送、新鮮なお魚は確かにうれしい、うん。


しかし、八匹はどう考えても多すぎると思うんですけど・・・・。

(実際は十二匹も釣ったらしい・・・・。)




結局友人やら知り合いの小料理屋さんにお持ちして、とりあえず無駄にはせずに済みました。



しかし、ホントにでかい。



脂の少なめのハマチといった感じ、かな?




釣り船屋さんで買い求めたという生しらす。
目がぎょろぎょろ、新鮮さ一目瞭然ww



同じお店でつっているという生しらすの沖漬。

液体が進むすすむ♪




というわけで、こんなお酒を合わせてみました。
なじみの酒屋の若だんなの大プッシュ。








二日目は生しらすのパスタに、シマガツオのムニエルを。
ちょうど食べごろの八朔を頂いたので、イタリアンサラダを添えて。


パスタは半生になったしらすが美味~♪



美味しかった、ご馳走様でしたー。
海の神様に感謝です。



こう魚続きだとちょっと肉が食べたい気もしちゃうけど(笑)



2013-05-19

28th Ogikubo Malt Club

すっかり大手を振って参加するようになってしまった、お馴染みOMC。


お酒だけでなく、多彩な参加者の方とおしゃべりに花が咲くのが魅力です。













今回も堪能しました!
ご馳走様でした♪


2013-05-17

Today's Flower



2013-05-17

三社祭り 本社御霊入れの儀







夜の神輿とスカイツリーの組み合わせはなんか面白い。





実は三社祭は我が家にとってはちょっとしたアニバーサリー。


というわけで、その後はべたにお祝いしてみました(笑)
これからもよろしくね♪


2013-05-07

Today's Flower



お誕生日おめでとうございました。


ついでに自分用まで買ったのは内緒♪(笑)

2013-05-05

新歌舞伎座新開場杮落5月大歌舞伎




演目:
1.鶴亀(つるかめ)
2.菅原伝授手習鑑 寺子屋(てらこや)
3.三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ) 大川端庚申塚の場



装いも新たに(ビルも増設して)華々しく再開した新歌舞伎座。
当初はチケット争奪戦の激しさ(想像)に恐れをなして、
「落ち着いたら行こう」と自分に言い聞かせ早々に戦線離脱していたものの、
やっぱり見たいかと言われれば見たい。


そんな中、、GW真っ最中のチケットがそれもペアで手に入ることに。

それも二階席最前列!
神様ありがとう!!



というわけで、三年ぶりの歌舞伎座である。
まずは、恐れていたほど違和感なく、新築そっくりさん的な出来栄えに一安心。
階段がエスカレーターになっていたりトイレが広くなっていたり使い勝手もよくなっていて、
このあたりやはり相当に往年の歌舞伎座ファンに心を配られたのだろうと想像に難くない。



そして杮葺落ならではの豪華な内容に溜息。

ゴージャスな布陣や美しい舞いの鶴亀も見どころだが、
1部に限るならやはり松王丸/和尚吉三の二役を演じた松本幸四郎丞だろう。

個人的には中村吉右衛門丞の大大ファンで、
彼のお方であれば3号でも5号でも一夜の夢でもいいと明言している人間だけれども、
やはりの力量のある役者さんの安定ぶりは素敵。
どちらかというと、吉右衛門丞よりもよりさらに正統派のイメージの強い幸四郎丞であるが、
和尚吉三のような飄々とした男ぶりも魅力的。



演目もフルで見るのもいいが、演目の中の重要な一幕をじっくり見せるというのも
余韻があってこれはこれで悪くなかった。
せっかくだから初めて歌舞伎を観に行こうといったライト層に向けて
いいスタートを切られたのかなと思う。



新しい時代を感じさせる新生歌舞伎座。


正面で記念撮影をする方々や、賑わいごった返すロビーを見ていると
このような伝統芸能が盛況なのは本当に喜ばしいことだ、と思う。

次月の歌舞伎のチケットも30分で売り切れたそうな。
苦難の時代を守り保ってきた先人たちも、きっと空の上で喜んでいらっしゃることだろう。



そんな晴れの日のいでたちはこちら↓



初新歌舞伎座ということで敬意を表して演目からネタを拝借。
端午の節句でもあるので、川に見立てた白地の紬に流水模様の青名古屋、
半襟と濃黄の蜻蛉玉の根付で朧月。

「月も朧(おぼろ)に白魚の篝も霞む春の空、冷てえ風も微酔(ほろよい)に心持よく...」


さすがに鯉のぼりはやめました(笑)



2013-05-05

レインボー東京タワー





GW限定のレインボーカラーバージョン。
綺麗♪




子供の日にちなんで(?)鯉のぼりもたくさん泳いでいました。

2013-05-03

ロンドンバスツアー@着物十番イベント


着物仲間主催のイベント。
ロンドンバス貸切ツアー(飲み放題付)






参加者全員着物姿なので、目立つこと目立つこと。
交差点ごとに指差される(笑)




見慣れた風景もバスの二階から見ると新鮮ですね。


一時の非日常なツアー。
楽しかった♪






そんな日のいでたちはこちら↓


ロンドンバスツアーということで、衛兵カラーの赤×黒にユニオンジャックの紺を差して。
タータンチェックじゃないけど、半襟も長着も帯締めもチェックで統一。
雰囲気は出たかな?


プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。