--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-16

今月の映画 「SP 野望篇」



着物もドレスも、ジーンズも。


東京・六本木で国家システムを根底から揺るがすような未曾有のテロ事件が勃発。
研ぎ澄まされた神経と高い危機回避能力を持つSPの井上は、上司・尾形の意味深な発言に猜疑心を抱きながらも任務を遂行するが、テロリストの魔手は、笹本ら第四係のメンバーにも向けられていたことが発覚する・・・・。




「なんだ、この嫌がらせな終わり方はっ!」


と思ってしまうほどの”テレビ的な作り”をした試みにある意味感心しきり(笑)


これだけがっつりと次回予告(テレビではないので当然有料で見に行く次回作である)を
引きとして入れるのははすごいと思う。
人気テレビシリーズである自信なのだろうか。


シリーズ作であっても、一本として成立しているものが”作品”であると思っているので
このようなやり方は個人的にはNoである。
ただ、最近このような最後まで見たいなら追加料金が必要だよ、という課金軸は
映画以外でもビジネスモデルとしては成立しているわけだから時代の流れということかもしれない。



内容としては、テレビシリーズと同様、謎が少しずつ解けていくスタンスは変わらず。
ほぼスタントなしで演じたという岡田准一のアクションはジャニーズとは一線をひく本格派。
堤真一はじめとするおなじみ他のキャストも相変わらずいい味を出しているし、
物語ではなくSPの世界のひとつのエピソードとしてはそれなりに楽しめたと思う。

複雑な設定の割には悪役は悪役、いい人はいい人的な勧善懲悪なつくりも今は逆に新鮮で、
きっとファンなら続編は見に行くのだろうし、なんやかや言って私も見に行くのだろう(笑)



でも、堤真一目当てにはあの扱いはやっぱりどうかと思うのよね。
というか、映画にする必要ってあるのかな、これ。基本的な疑問(爆)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。