--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-17

今月の映画 「KISS&KILL」

着物もドレスも、ジーンズも。

旅行先の南フランスで、信じられないほど素敵な男性スペンサーに出会い、心をときめかせるお嬢様ジェン。ふたりは即恋に落ち、スピード結婚に至る。だが、彼は誰にも言えない、ある“危険な秘密”を抱えていた。なんと彼は、凄腕の元・CIAのエージェントだったのだ!郊外で幸せな結婚生活を送るふたりの人生は、その“秘密”のせいで、突然にして大きく変化する。スペンサーの命を狙う敵を相手に、未だ親離れができないジェンも、銃を手にして闘うはめに……。


「ハンサムで優しく、理想的な夫は実は殺し屋だった」


てっきりロマンチック・コメデイと思っていたのだが、
実はファミリー・コメディというオチとは思わなかった(笑)


ロマンチックなシチュエーションで出会い、幸せに暮らしているラブラブな夫婦。
ご近所さんやコミュニティにも溶け込み、
職場でも順調、姑舅との関係も良好。
穏やかでハッピーな生活。

一皮剥けばそれが自分たちの生活を脅かすものばかりだったとは、
冷静に考えてみたらかなり恐ろしい話だ。

コメディの形をとっているので一見笑いに包まれているが、
友人と思っていた人間が自分を殺そうと次々と向かってきたら、
普通なら簡単に人間不信になってしまうに違いない。
そういう意味ではかなりブラックな作品ではある。


デミ・ムーアの夫として有名なアシュトン・カッチャーがなかなかいい。
当初の理想的な王子様もいいが、途中妻に秘密がばれ、
今までの不満や本音が出てくる普通の男性っぷりが嫌味なくキュート。
ハンサムで鍛え上げた肉体もパーフェクト、知性も感じられるとくれば役柄も幅広そうに感じられるが、
既にレストランなどの経営なども手広く行う実業家でもあるらしいので、
今後どれだけ本格的に役者業をやるのかなんて、ちょっとミーハーなことも考えてしまった。
次のロマコメ女王としてじわじわ売り出し中のキャサリン・ハイグルも、
確かになにをやってもキュートで、ある意味単細胞でおまぬけなお嬢様をうまく演じていた。
ただこの人、かなりカーヴィーなボディの割には、どうも色気を感じないのが惜しいところ。
かわいらしさと色気はなかなか同居しにくいということなのだろうか。

最後があっけなさ過ぎて、ちょっと物足りなさはあるものの
派手なアクションも楽しめ、コメディとしては異色ながら面白い作品である。
ただ、実は結婚という深い問題を提示している面もあったりするので、
デートムービーには?ではあったりするけど(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。