--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-22

坂本龍馬×百段階段@目黒雅叙園


随分前にチケットを頂いていたというのに、ついついまたもや最終日に滑り込み(汗)

「龍馬伝」というヒット番組、そしてイケメン福山龍馬のりりしい姿で
今年一番日本を元気にしただろうヒーロー、坂本龍馬の姿を偲ぶ展示会。
百階段という美麗な舞台ということでかなり楽しみにしていたのだが、
ほとんどの展示品が書簡のたぐいで、ちょっと期待はずれだった感じ。

確かに刀やお龍に送った帯止めなど興味深いものもあったが、
せっかくの舞台も、書簡の保存のためか薄暗くて魅力半減。
やはり説明書を読まなければ内容が理解できないものがメインでは
なかなか展示としては難しいというところなのだろう。



それにしても毎回思うのだが、坂本龍馬という人物はそんなに魅力的だったのだろうか。
(確かに福山龍馬のようなイケメンだったら、それはそれで格好いいと思うのだが(笑))
風雲児であることは間違いないと思うが、こうやって軌跡をたどるにつれ
本当に周りの人間を幸せにしていたのか、いつも疑問に感じてしまうのだ。

確かになにかを成し遂げる実行力はすごかったと思うが
そのエネルギーで、もしかして周りを無理やり巻き込んではいなかったのだろうか。
パワーがありすぎて、知らずに巻き込み不幸にしてしまった人はいなかったのだろうか。

私の龍馬像は、天真爛漫であまりにポジティブで、
不可能を可能にしてしまうエネルギーを持った人物。
そしてある意味勝手で周りがサポートせざるを得ない子供っぽさをあわせ持った男性。
確かにそれは非常に魅力的でもあっただろうが、もしも少しでも違っていたら
もしかして彼は暗殺などされなかったかもしれない、などと思ったりするのだ。


「坂本龍馬×百段階段」
http://www.megurogajoen.co.jp/event/ryouma/index.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。