--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-27

今月の映画「RED」


着物もドレスも、ジーンズも。

かつてはトップCIAエージェントだったフランク。今は引退し、田舎町でのんびり暮らしていた。
そんな彼の唯一の楽しみは、用事を装い年金課の女性サラに電話をかけること。
ある夜、フランクはコマンド部隊に襲われる。次はサラの身が危ないと感じたフランクはサラを強引に連れ、かつての上司で今は老人介護施設で暮らすジョーを訪ねる。襲撃者たちはCIAと関わりあいがあることがわかり、フランクは引退したかつての仲間たちと反撃に出るのだが・・・。



B級の匂いがぷんぷんするものの、見終わったときにはまさに
「若造はすっこんでなっ!」な気分になれる年寄り万歳な映画(笑)

最近この手のベテランが活躍する映画が多いのは、やっぱり世情なのかと思いつつ、
痛快なアクションに笑えてほろりとしつつテンポよく楽しめるストーリー。
隠居なダイハード?(笑)なブルース・ウィリスのアクションもまだまだいけてるし、
(ところどころCGやコマ落しで調整しているのは、年齢を考えれば全然OKだろう)
相変わらず怪演なジョン・マルコヴィッチに老いてもなおセクシーなモーガン・フリーマン。
よくぞこれだけ揃えたという一級ベテラン俳優が
本当に楽しんで演じたのだろうことが見て取れる快作に仕上がっている。


なんといってもヘレン・ミレン演じるスナイパー、ヴィクトリアが最高。
「クイーン」のエリザベス女王が、白いドレスでマシンガンをぶっ放すんだからたまらない。
数十年前の焼けぼっくいに火がつくのも、さもありなんなクールでセクシーな爽快さはあっぱれ。
いやもう格好いいです!若い女なんかすっこんでろって感じです!!
是非こんな風に歳をとりたいものです!!!
(マシンガンはぶっ放せませんが(笑))


唯一不満なのが、モーガン・フリーマン演じるジョーの扱いのあっさり加減かな。
アクションシーンもほとんどなく、途中で死んでしまう設定なのももったいない。
こういう作品なら、実は生きてましたご都合主義も全然ありなわけだから、
続編があれば、ばっちり生き返って
最低でもマシンガン100発に手榴弾2、3発くらいはがっつりきめて頂きたいものである。


既に40代も半ばを過ぎているはずのメアリー=ルイーズ・パーカーが
すっかり”お嬢ちゃん”扱いになるのも納得なロートルパワー。
(新スタートレックのマッコイ医師のカール・アーバンなど、まるでそこらのあんちゃんである)
意外性もなければ、ラストのどんでん返しもないけれど、
見終わればスカッとすること間違いなしの、老若男女誰にでも薦められる娯楽映画です。

ちなみにタイトルの「RED」とは、「赤」ではなくて「Retired Extremely Dangerous」の略。
作中では「超危険な年金生活者」という訳文になっていて、その絶妙さにちょっと笑ってしまったw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. はじめまして

巣鴨のファイト餃子を検索してきました~
ここは近いのですが、まだ行った事が無い、、、
いつも並んでますが、今度行って見ます~
プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。