--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-27

今月の映画「ツーリスト」


着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。


逃亡中の国際指名手配犯、アレキサンダー・ピアースの恋人、エリーズのもとに手紙が届く。「8時22分、リヨン駅発の列車に乗り、僕の体型に似た男を捜せ」。指定されたヴェネチア行きの便に乗ったエリーズは、ある男に声をかける。その彼はアメリカ人ツーリストのフランク・トゥーペロ。戸惑うフランクをよそに、エリーズはヴェネチアの高級ホテルに誘う・・・。



バカップルのプレイですかっ?!


と、見終わってつい叫びそうになる(叫ばないけど)。

どこをとってもロマンチックだし、先がわからなくてどきどきするし、
それなりの(というかかなりレベル高い)アクションやチェイスも見せてくれるし
ドレスアップしたジョニーとアンジーは格好いいし
(特にアンジーのエレガントさは今までにない魅力)
セリフもおしゃれでぐっと来るときている。

かなり見所が多くて楽しめるだけに、

「そのオチかい!」



という終わり方にちょっと放心するわけですね。

まあ、結構嫌いじゃないんだけどね、こういうのも(笑)




ある意味、ジョニーとアンジーの存在感と演技力がなければB級アンダーな内容を
ここまでの作品にした二人の力量にまず拍手。
そこに加えて昔のスパイ映画というか、ロマンチックサスペンスの王道というか
セットも衣装もゴージャス、セリフもくどくない程度にばっちり甘いしと、
そういうポイントは見事にきっちり抑えてあるので、
矛盾だらけでもわかりやすくて、ひと時夢を見るには充分な内容。
デートムービーとか、疲れているときのスイーツの代わりとしてなら
結構お勧めできる作品かもしれない。


鑑賞の際にはゆめゆめリアリティなど求めないように。
そもそもおとぎ話に、そんな無粋なものは必要ないのだから。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。