--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-30

倉木麻衣 in 日本武道館


2005-10-30


先日友人と飲んで、結構夜遅くに帰宅してメールチェックしたら「おめでとうございます!ライブモニターに当選しました」とのメールが来ていた。

誰のライブかなあと思ったら、なんと倉木麻衣。おおっ!
そのうえ会場が日本武道館ですか!
おまけに翌日かいっ!(いやその時点では既に当日だし

わざわざモニターなんぞ必要ない人気コンサートではないのか?との疑問が頭をよぎるも、酔っぱー状態な私はとりあえず思いついた友人にお誘いメールを入れてそのまま寝てしまった。
それが第一の間違い。

次の間違いは、そのメールが激しく延着したらしいこと。
「今日は行けないごめんねー」と連絡が来たのが、既に当日の夕方。うーん、どうしよう。一人で行ってもいいけど、なんとなくそれもどうなのか・・・うむむ。
でも、なんてったって日本武道館だし・・・(貧乏性)
結局、開演2時間前に捕まえた友人に無理矢理つきあわせたが、そうでなければあやうく権利を放棄するところでした。



放棄しなくて、ホントによかった。



倉木麻衣自体は、嫌いではないが、そんなに好んで聞くという感じでもなかった。
元々彼女はヒット曲も多いし、どちらかというと聞き覚えのある曲も多い。ただ、R&Bブームの時からなぜか私の周りには男性は倉木麻衣派、女性は宇多田ヒカル派が多くて、その影響かなんとなくそんなにご縁がなかった、というところだろうか。
今回もだから男性を誘った方が喜ばれるんだろうなあ、と割と真剣に考えたくらいだし。

かわいらしくて線が細い印象があったから、そういう思いこみもあったのかもしれない。


武道館ライブは3年ぶりらしい彼女は、けれど覚えていたより随分大人びていて、そしてとても礼儀正しくて、素敵な女性だった。歌も相変わらずうまいし曲もいいけれど、歌の合間に語りかける言葉の端々に思いやりがあふれていて、見ていて気持ちがいい。
中盤には「ここからしばらくバラードを何曲か続けて歌いますので、座って聞いて下さい」と、ファンを気遣い、感極まって涙ぐみ、出血大サービス(なんと五曲!)のアンコール後には、深々とお辞儀をして「気を付けて帰って下さいね」

たぶん実際に会っても、きっと素直ないい子なんだろう。そんな彼女の優しいオーラにあふれたコンサートは(ノリノリで踊りまくって)本当に楽しい時間でした。



しかし「いい子だよね~」との私の感想に同行の友人

「娘に欲しいよね」

・・・いや、さすがにその言い方はいかがなものか。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。