--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-23

開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 II 不滅のシンボル 鳳凰と獅子@サントリー美術館


着物もドレスも、ジーンズも。

開館50周年記念のIに続いてIIを鑑賞。
毎度ありがとうございます(誰に言ってるの?)


今回は鳳凰と獅子がテーマ。
実は私、キリンビールのラベルのあの動物が獅子だと思っていて
サントリーでそれってすごいなあと能天気なことを思っていたのですが
調べてみたら、あれは同じ想像上の動物でも「麒麟」でした。

だってどっちも似てるんだもん・・・すみません、サントリーさん、キリンさん(汗)



さて、工芸品やお道具系の所蔵物が多いサントリー美術館らしく
茶道具や屏風やいろんなものに描かれた鳳凰や獅子が満載でしたが
結局のところ、先進文化への憧れだったんだろうな、っていう気がしました。
茶道具の茶器に、唐物というジャンルがありますが、あんな感じ?
いつの時代も他の国のものはなかなか手に入らないだけに
美しく貴重に思えたのかもしれません。

嫁入に準備された、丁寧に染められた布団ガワや箱根細工などは
素朴ながらも非常にすばらしいものが多くて。
吉祥と考えられた想像上の生物に、幸せな将来を願ったのでしょうね。



それにしても鳳凰が中に描かれた天目茶碗、素敵だった~
あんなのでお茶をたてたらさらにおいしく感じるのだろうな。
写しでいいからどっかに売ってないかなあ(真剣)










スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。