--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-24

今月の映画 「ニューイヤーズ・イブ」

大みそかのニューヨーク。一大イベントである「ボール・ダウン」の責任者に抜擢されたクレアは土壇場のシステムトラブルに悩んでいた。
1年前に出会った女性が忘れられないビル、かつて恋人同士だったが、別れたおかげで大成功を収めた男女は偶然再会し、死期の迫った孤独で頑固な老人は、娘とすごした幸せな大晦日のことを密かに思い出していた。それをやさしく見守る看護婦。
25年間、仕事に明け暮れていたイングリッドは突然会社を辞めて、“今年の目標リスト”をクリアするために奮闘することを心に決める。
心配性の母親と二人暮らしをしている15歳の少女の大晦日の夢。大晦日が嫌いな男ランディは一人の女性とエレベーターに閉じ込められてしまい、ある病院では大晦日に出産を予定している妊婦とそれを取り巻く家族たちがある目的のために奮闘していた。
・・・・はたして彼らは、幸せな新年を迎えることができるのか?




ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、ハル・ベリー、アシュトン・カッチャー、ジョン・ボン・ジョヴィ、ザック・エフロン、リー・ミシェル、サラ・ジェシカ・パーカー、ミシェル・ファイファー、キャサリン・ハイグル、ジェシカ・ビール・・・・。

これでもか、の主役級のオンパレードには、見る前からいやでもわくわくしてしまうが、
大晦日の彼らのそれぞれのエピソードが絡まりあい、大円団に向かうラストには心がときめく。


たくさんの人がそれぞれの人生を生きるニューヨーク。
富める人も貧しい人も若い人も老いた人もいる。
それぞれの人生がそれぞれすばらしい。

私が一番気に入ったのは、ミッシェル・ファイファー演じるクレアが
お調子者のメッセンジャーボーイと一年の目標リストを次々とクリアしていくエピソード。
長いリストには「バリへ行く」とか「世界一周」とか、
どう考えても一日じゃ無理というものばかり並んでいるのだが、
それを見て当然のように「無理!」と投げようとするポールに言い放つ
「Use imagination!=想像力を使って!」というイングリッドのセリフがいい。


実際に彼らはその”想像力”でどんどんリストをクリアしていくのだが、
「どうにかしたいという意思があれば思いは叶えられる」、そんな姿に勇気付けられる。

わたしの可愛い人 シェリ」で初老ながら妖艶な高級娼婦を演じたファイファーが
長年仕事ばかりしていて世間とずれてしまった、ある意味ダサいキャリアウーマンを見事に演じているのだが
(あれが同一人物って俳優って恐ろしい(笑))
そんな彼女がどんどんかわいらしくなっていくのが、見ていて嬉しくなる。
相手役のザック・エフロンもお調子者のおにいちゃんから
エンドロールでは見事なナイトに変身していく。
結局人は誰かと過ごすことでしか変貌できないのだなとしみじみ思う。
たぶん女性ならばだれでも共感しそうなかわいらしいエピソードだった。


それ以外にも名優ロバート・デ・ニーロのエピソードも泣けるし、
それに差し込まれるハル・ベリー演じる看護婦の物語も切ない。
15歳の少女であっても死期が近づく老人であっても
誰かを思い、恋しい人に傍にいてほしいのは変わらないのだということを改めて思う。


人は一人では生きていけないから。
けれど、誰でもいいわけではないから。


愛は自分を取り巻く全ての人のために。恋は見つけてしまった唯一人の人のために。



個人的にはサラ・ジェシカ・パーカー演じるキムの母親像とその後の姿に差がありすぎて
他の物語のリアル感と比べてもちょっと取ってつけた感があるのだけど、
まあこれも大晦日の夢と思えば、一番おとぎ話的なエピソードかもしれない。


色々なことがあっても、新しい年はきっともっとよくなると思える幸せ。
鑑賞するなら、是非大好きな人と一緒に。


それにしてもエンドロールにメイキングを入れるって世界的に流行なんでしょうか。
夢見る思いはしばらく余韻を楽しみたいものだと思うんだけどなー。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。