--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-29

今月の映画 「宇宙兄弟」


兄・六太(ムッタ)と弟・日々人(ヒビト)は子供の頃は宇宙飛行士を目指すと約束した仲良し兄弟。そのまままっすぐに夢に突き進んだヒビトは現在NASAの宇宙飛行士として日本人初として月に向かおうとしている。
そんなヒビトの悪口を言った上司に頭突きしたことで、自動車開発会社を退職に追い込まれたムッタは、再就職も上手く行かず、意気消沈していた。
そんな時、ヒビトからメールが届き、子供の頃の夢をもう一度思い出すのだが・・・・。



昔、今はなきNASDAの仕事をしていた時期があって、
そのせいか宇宙モノをナナメに見る癖がついてしまっていて、
原作もあまり真剣に読んでいなかった。
(今は知らないが、宇宙事業はある意味国対国のパワーゲームの面も強かったりするので
結構シビアだったりする。)


もっとうんと子供の頃はムッタやヒビト並に星や宇宙が大好きで
学研の図鑑シリーズは「星」と「宇宙」が格段に早くぼろぼろになったものなのに。


現実に(一時的に)負けたムッタじゃないけど、大人になるってなかなか大変だ(笑)



そんな結構上から目線をものともせず、
この映画は想像以上に面白かった。
原作は有名だけど、知らなくてもたぶんOK。
もっと乱暴に言えば、彼らの夢は宇宙でなくてもきっとOK。

ようはムッタとヒビトの絆とムッタの成長をテーマにした青春物語なのだから。



そんな一歩間違えればぐたぐたべたべたになりそうなご都合主義な話を
さらりとまとめあげることができたのは、たぶんムッタを演じる小栗旬の力量だろう。
大げさな演技になりそうなところを最大限に押さえ、
漫画原作にありがちなくどいキャラクターをふとどこかにいそうな人物として描いてみせる。
色々な話は聞くものの、若手でもぴか一の実力派というのはまさに真実だと思う。



とにかく漫画から抜けて出来たようなムッタと岡田将生演じるヒビトを見るだけでも価値がある。
(個人的にはJAXA試験官役の堤真一だけでも充分眼福だったけど(笑))



それにしても小栗旬ってかなりの二枚目なのに
ムッタのようなもじゃもじゃ頭の三枚目を演じても全然違和感がないのがすごい。


演技力というのも大きいと思うし、
昔、能役者さんだったか、気持ちを作るとその状況をも呼ぶのだと聞いたことがあるが
もしもこの印象の違いが気持ちの作りで出来上がるのであれば
つくづく男性は作りだけでは格好よく見えないのだなあと思ったり。


あ、これは女性も一緒かな?




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。