--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-05

カモシカ肉を食す


鹿パーティに参加できなかった私たちを思いやって
思いがけなくおみやげに頂いたカモシカの肉(多分前足)



カモシカって食べていいの?と聞かれるけど
あくまで私の理解では


1.保護種なので勝手に捕ってはだめ。
2.ただ増えすぎたり自然に害をもたらすこともあるので、
調整のため毎年一定の決められた数を捕獲することは認められていて
それは食べてOK。(当然勝手に決めてよいわけではない)
3.あくまで現地=山での話であり、どこかで売るためでもない。


(あくまで私の勝手な理解なので、万が一カモシカ食べたいんですけどとか
狩猟したいとか言う場合は、ちゃんとご自身で法律を調べてくださいね)




そんな貴重なお肉、これは美味しくがっつり頂かねば!






オーブンで丸焼きといいたいのはヤマヤマなのだけど
一般家庭のオーブンレベルでは対応しきれず、
泣く泣くロースト仕立てにすることにして、せっせと骨から肉をはずす。



野生の肉は火を通しても硬くならないから
赤ワインを風味付けにじっくり火を通す。うーんいい匂い♪



付け合せは山で買ったセリと三つ葉の香りを生かして
オリーブオイルとレモンであっさりしたサラダ仕立てに。


味の濃い肉にはこれくらいじゃないとあわない。







ちなみに野生の肉は硬いと思っている人が多いんだけど
あくまで個人的な経験から言わせてもらうと、
関西出身の私は、狩猟解禁後の猪鍋を丹波まで毎年食べに行っていた時期があって
そこでは「猪肉は煮れば煮るほど柔らかくなるのであせって食べないこと」と教えられた。


そのお店では猪を捕るときにうっかり捕れてしまう鹿を
(と一応言っていたけどちゃんとそのために捕ってたんだと思う(笑))
刺身仕立てで前菜として出してくれて、
それを食べて空腹をなだめながら猪肉が煮あがるのをひたすら待ったものだ。



その後、都会に出てきて(笑)何かの機会に猪肉を食べに行ったとき
さっと火を通せば充分ですいいといわれてものすごく面食らった。
でもそのお肉は確かに煮すぎると硬くなってしまって、
これは私の知ってる猪肉じゃない!と思ったことがある。


あくまで感覚だけど、たぶん脂とかが違うんじゃないかな?
基本的に山のもの野生のものは熟成させるし、
寄生虫の可能性もあるからレアとかじゃ食べないしね。


もちろん、このカモシカさんも全然硬くならず非常に美味でしたw


(あ、これもあくまで私見なので、事実とは違うかもしれませんので
正しいことはご自身でお調べくださいませ)





箸休めは一株150円という素敵な値段で買ったネギ。
白いところはコンソメマリネレモン風味、青いところは香酢風味の中華炒めに。





折りしもこの日は満月に加えて、
通常より月が大きく見えるというスーパームーン。



ベランダで月見酒をしつつ、山の恵みに思いを馳せるのでありました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。