--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-24

そんなつもりはなかったのに。

お参りにたまたま寄ったら骨董市やってた富岡さん。


こういうときに限って、おいでおいでをする子たちがいるのはなぜだろう(爆)




・・・・本当にそんなつもりはなかったのよっ!
信じて!!




完全に未使用品の紺の絹絽。




こちらはたぶんかなりアンティークな単。
とはいえ、白物にしてはほとんど汚れなく、普段着としてはかなり上等の部類。


なんにせよ薄くて軽いので暑い日には重宝しそう。
着付けはちょっと面倒かもしれないけど(笑)




銘仙の単。
色が綺麗で着たとしてもせいぜい一回か二回な、すこぶる状態よし子ちゃん。




袖がかなり長いので、普通の襦袢は無理っぽいな。
いっそ筒袖の襦袢かな。


この袖の長さで古いものの割には思いがけず身丈がある意味がわかります。
(昔は身長で袖の長さを決めていたから)
意外とないんですよね、このサイズの銘仙って。




そしてなぜかおまけに帯を一本貰ってしまったり。
銀糸が効いてるモダンな名古屋。
こちらも白物にしては相当程度よく使えそう。



いやはや、出会いとはいえ、またもややってしまった。
そろそろしまう場所も考えねば(汗)







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。