--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-15

今月の映画 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」

1988年7月15日、エマとデクスターはカレッジの卒業式に初めて言葉を交わす。
ひょんなことから一夜を共にした二人だったが、これからも良き友人でいようと約束する。

労働者階級のエマは自分なりの夢を描き、一方、裕福でハンサムなデクスターは気楽で華やかな人生を歩んでいく。
二人の友情関係は7月15日に会うことで続いていたが、テレビの司会者として有名になっていくデクスターと地道に生きるエマのそれぞれの生活はだんだんかけ離れて行く。
やがて二人はそれぞれのパートナーを見つけ、デックスは結婚。
しかし、彼の成功は脆くも崩れ去り、人生の壁にぶつかってしまう。そんな中エマの書いた小説が出版社に見出され・・・。







「愛してる」という言葉を絶対に言わないという友人がいる。
どこか不実な気がするからだそうだ。
私自身はといえば、どちらかというと異性よりも友人や家族に気楽に「愛している」と言うほうだ。
ハグなんかと同じような感覚で「いとおしい」く「大事な」「守りたい」という意味合いで使ったりするので、
異性に対してはむしろ母親的な意味になってしまいそうな気がして躊躇してしまうことがある。




言葉だけでも人によってそれだけ違うのなら、では親友と恋人はなにが違うのだろう。




エマとデクスターは大学を卒業する「7月15日」に出会い一夜を共にし、
いわゆる最後までには至らず親友として付き合っていく道を選ぶ。



映画は彼らは23回の(正確には20回なのだけど)「7月15日」を淡々と描いていく。
その中で彼らはそれぞれ人生を歩んでいきながら
生きる世界も階級も何もかも正反対であるに関わらずその長い長い間ずっと心を許し合い、
だからこそ辛辣に時には喧嘩し泣いて慰め合い、相手の幸せを思いあっているように見える。



それぞれのパートナーと別の人生を歩みながらも、ずっと。




これは恋愛なのだろうか、それとも友情なのだろうか。





大好きな漫画「ハチミツとクローバー」(羽海野チカ作)の中で花本先生がこんなことを言う。


「上手いコトバが見つからないんだよ 原田も理花も恋人とも友達とも違った ただ大事だったんだ オレにとって。」




代名詞に置き換えられない、けれども何にも変えられない大事な存在。




たぶん恋を相手の心を欲しいというどちらかというと自分のための熱病であると仮定するなら、
失う怖さで人の足はすくむことだろう。
特に最初の頃のエマはそうで、だからこそ転落していくデクスターに
「愛しているけど好きじゃない」と言い放つ。
心から信頼しているからこそ、拒否される恐怖や嫌われるリスクを乗り越え、
自分をぶつけることができる相手を親友と呼ぶなら、確かに彼らは親友で、
そして最初からちゃんと相手という人間に惹かれているから成立する関係で
そしてやっぱりそれはどんな形であっても「愛」という言葉で表せるものなのだろうと思う。




最後の最後のシーンで娘にエマのことを聞かれたデクスターは
既にエマと結婚し人生のパートナーであったにも関わらずにこう言う。


「エマは親友だったからね」




愛するということが相手の幸せを望むことならば、
確かにエマの愛はデクスターを変え、そして変化したデクスターはエマを愛で幸せにした。



個人的にはこういう相手がいる人に惚れてしまったら地獄だろうと思うけれども(笑)
そんな相手にめぐり合えた彼らはやはり幸せだったに違いない。




こういうちょっとまじめで頑固ででもかわいらしい女性を演じさせたらアン・ハサウェイに並ぶものはなく
学生時代のダサい格好も美しく成長した大人の女性像も魅力的だったが
いい加減で軽くてでも魅力的なデクスターを演じたジム・スタージェスも素晴らしかった。
この二人の魅力で、この映画はせつなくもさわやかな大人のラブ・ストーリーに仕上がっていると思う。




エマとデクスターが運命的な出会いをする7月15日は、
イギリスではマザーグースにも出てくる聖スウィジンという聖人を記念する日。


折りしも今日も7月15日。
23年後の今日、私はなにを懐かしみ、誰を想っているのだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. 観たい!

Before Sunrise と Before Sunset が大好きなんですが、その2作を一度に観られるような映画なのかな…

一般公開が、とても楽しみです。

2. >KinaCoさん

Before Sunrise と Before Sunsetは
どちらかというと忘れられない人への想いだと思うので
ちょっと方向性は違うかも?

でもお勧めです。
変な話だけど、それなりの年齢でないと
共感は難しい映画だと思うのだけど
その分ものすごく深いと思います。


あ、もう一般公開してたんじゃないかな?w
プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。