--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-16

日本橋~描かれたランドマークの400年~@江戸東京博物館




小さく北斎やら広重やら書いてあったので、
浮世絵もあるんだな程度の気分で行ったら前半ほとんどが浮世絵!
(一部肉筆画)




同じモチーフ(日本橋)を描いたその時代の絵をこれだけ並べて観る機会は
はっきり言ってほとんどないと思うのに。




商業ベースに乗るものは多かれ少なかれタイトルで全てが決まる。
どう考えても、この展示会、タイトルで損してると声を大にして言いたい。
(感覚的に美術愛好家というより民俗学好きのお客の方が多かったし・・・既に遅いが)



私だったら「広重、北斎他時代絵でたどる、日本橋の400年」とかにするけどなー。






とまあ、文句で始まってしまったけど(笑)
それだけ想像以上に見ごたえがあったということだ。



日本橋という象徴がどれだけ「=江戸」であったか、
高札場がある南側より北側の河岸を誇らかに描く心意気とプライドや
生き生きとした彼らの生活の表現を見ても
ランドマークとしての日本橋という存在が
結果として大きな意味を持っていたことがよくわかる。




個人的には江戸が東京になり、近代化し、
電車を通すため橋の形状をにフラットにした頃から
日本橋は象徴ではなく、橋という建造物になってしまったのかなと
そんな風に思った。



それでもやっぱり日本橋は変わらずそこにある。




日本橋~描かれたランドマークの400年~
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/special/index.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。