--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-27

マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝 @東京都美術館


平日もものすごーく混んでたよ!と言われて、恐る恐る観に行ったが、
中途半端な平日の時間だったせいか、とりあえず無事に鑑賞。



マウリッツハウス美術館自体はオランダ在住時代に何度か行ったので
なんとなくどれも久しぶり、という感じ。
「真珠の耳飾りの少女」は現地でも人気の絵だけれど、
あちらでは邸宅の部屋の窓辺に飾られているという体なので
今回のように暗い部屋で照明も工夫してうやうやしく展示されていると
ちょっと恥ずかしがっているみたいにも見えた(笑)



そういえば、フェルメールばかりフィーチャーされてるけど
相当数のレンブランドやブリューゲルなどなかなかのラインナップ。
マウリッツハウスが休館中でなければ
なかなかここまで持ってこれないだろうな、などと思ったり
ふとあの建物のたたずまいを思い出したり。



上野の美術館群も雰囲気はあり大好きだが、やはり空気は違う。
あの乾いた空気の中で、もう一度くらい見たいような気はする。




マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝
http://www.tobikan.jp/museum/2012/mauritshuis2012.html




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。