--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-07

「日本舞踊×オーケストラ-伝統の競演-」@上野東京文化会館


日本の伝統の舞いである日本舞踊で、バレエの代表的な演目を演じようという試み。
題して「オーケストラで舞う日本舞踊」。


「トゥ(=つまさき)」という極限のパーツまで使って天上を目指すバレエという踊りと、
地を踏みしめながら手や動きで様々なことを表現する日本舞踊という舞い。
一見なにもかもが相反するこの二つの踊りなのだが、これが思ったよりかは違和感がなく少しびっくりした。

さすがにレ・シルフィードのようなクラシックな演目は正直かなり苦しいものがあったと個人的には思うが
(さらに言うと日本舞踊はあまり群舞には向かないと思っているのもある)、
ペトルーシュカや牧神の午後、いわゆるモダンバレエの演目だとあの独特の動きもしっくりくる。
(牧神というより仙人という感じだが(笑))
言われてみれば、モダンバレエもあまり飛び上がったりせず、
最小限のポーズで感情を表現するような方法論だから、方向性としては似ているのかもしれない。


(個人的にはバレリーナの衣装が村娘みたいで、それがかなり残念だったけど。。。)





そしてガラ公演でもある本公演の最大の目玉は、野村萬斎氏演出の「ボレロ」。

舞台中央に設えられた能舞台に、後ろには蒼い月。
スネアドラムのリズムに乗せて2野村萬斎が中心で舞い、
舞台を囲むように40名の紋付袴姿の男性達が静かに舞う。その迫力と神々しさ。

ラヴェル版ボレロはどちらかというと燃え盛る炎の中で激情を表現する踊りだとすれば、
萬斎版ボレロは人間という枠の中に秘められた様々な思いを、ただただ舞いににじませる。
しかしその静かな迫力は赤い炎に負けるとも劣らない。

バレエが天に近づくための踊りなら、
日本の伝統的な舞いはそもそも神に捧げるものであったことを、
改めてまざまざと思い起こさせるような本当に素晴らしい舞台だった。




日本舞踊×オーケストラ-伝統の競演-
http://www.t-bunka.jp/nichibu_orchestra/index.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。