--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-16

今月の映画 「東京家族」


瀬戸内海の小さな島で生活している平山周吉と妻のとみこは、
子供たちに会うために東京にやって来た。
二人は個人病院を開く長男・幸一の家を訪れる。美容院を営む長女・滋子、
舞台美術の仕事に携わる次男・昌次が集い、家族揃って食卓を囲むも束の間、
忙しい日々を送る彼らは両親の面倒を見るのをだんだん嫌がるようになる。
両親をホテルに宿泊させようとする。
周吉は寂しさを覚え、やめていた酒を飲んで騒動を起こしてしまう。
そんな中、昌次のアパートを訪れていたとみこがご機嫌で帰ってくるが、直後・・・・。



小津安二郎の名作『東京物語』をモチーフに、
設定などを現代に置き換えて家族の絆を描いた作品。
橋爪功、吉行和子といった大ベテランに、
妻夫木聡や蒼井優という若手トップまで、巧みで贅沢なキャストも相まって、
現代ならではの良作に仕上がっている。


たぶん、これが嫌いという人はほとんどいないんじゃないかなあ。
(好みは色々あるから言い切りはしないけど。)



特に橋爪功、吉行和子が凄すぎる。
経てきた時間や過去まで容易に想像できる演技。
特に二人で並んでホテルの窓から見えるライトアップされた観覧車を見ているシーン、
もうこれだけでこの夫婦の絆と、いい意味での枯れた関係を感じさせる。
夫婦ってこんなもんだよね、という凄味は、子供たちカップルにはとても太刀打ちできない、
リアルの勝利だ。さすがの一言でしかない。


昭和はこんなお父さんばっかりだったよね、と
たぶん誰もが具体的な誰かを思い浮かべたはずだ。
そんな誰でも持っているノスタルジーを押しつけがましくなく感じさせたところでも
もうこの作品は成功していたと思う。さすがの山田節。



ただ、そんなさりげなさの中で妙に気になったのは、
やたら東日本大震災ネタがちりばめられていたこと。
わざわざシナリオを変更したらしいが、これは必要だったのだろうか。


あれ程の悲劇が、どこかキャストの「いい人さ」を表すためためだけに使われているようで
どこかおさまりが悪く感じた。


もうひとつ、昌次の彼女の紀子の言葉遣いが微妙にダメなことが気になった。
敬語がうまく使えていないというか、お友達語の連発というか、
ボランティアも熱心で愛情豊かで優しいかわいい人として描かれているのに
これだけでどうしてもどこか常識外れのお嬢さんに見えてしまう。


今風の女の子を表すつもりだったのかもしれないが、
蒼井優ちゃんの雰囲気の良さも考えるとかなり残念な気がした。





けして邪険にしているわけでも愛していないわけでもないのに、
親という絶対的なものに甘えて生活を優先してしまう子供たち。
これが家族の現実だよね、とやはり思ってしまう。


けれども反面、やはり周吉ととみこは恵まれていたと思うのだ。
周吉の友人の言う「子供たちが立派になったから」ではなく、
ちゃんと子供たちに甘えられていたのだから。


必要とされないことは、たぶん一番寂しくて辛いことだ。


行きは二人でも帰ってきたら一人。
「東京には二度と行かん」と言う周吉がせつない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。