--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-06-26

今月の映画 「戦国自衛隊 1549」


映画戦国自衛隊 1549


今月末までの無料券があったので、相方と映画を見に行く。選択肢があまりなかったので、まあガンダムよりいいでしょうってことで(いや好きなんだけど(笑))「戦国自衛隊 1549」を観ることに。


思いっきりお金をかけているのもわかる。

出演者もけして悪くない。鹿賀丈史や伊武雅刀のようなベテランもさすがいい味出しているし(笑えるという話もある)嶋大介なんかリーゼントの昔の面影今いずこ、いつの間にこんないい演技を!と思ったし。

でっかいヘリはバンバン飛んでるし、装甲車はバリバリ走り回っているし、自衛隊も総力あげてバックアップしてますねーという感じで、ああいう世界が好きな人ならそれだけでオッケーだろう。


な・の・に!


それでどーしてこのレベルになってしまうのか。

はっきりいって理解に苦しむ。



けして面白くないわけではないんだけど、どうしてそうなるのか、とにかく大小限らず全然納得できないんだもん。戦国時代にヘリががんがん飛んで、あの反応はあり得ないって。タイムスリップしてきた武士なんてどこかに海外旅行してきたの?というくらいの気楽さにしか見えないってのはどう考えても痛すぎる。

そんな意味もよくわからない戦いの中で、やたらと物わかりよく現状に疑問も持たず、ただ一心に未来を守るだのなんだのと叫ばれても、ねえ。感情移入しろというのが無理というもの。

なーんか無駄に人がごろごろ死んでいっているようにしか見えないのが辛い。


だいたいが最初にタイムスリップした人間と後から迎えに行った人間の子供っぽいプライドをかけたケンカでしかないんだよね、これって。

勝手な理屈で勝手にケンカしている他人を見るほど、興ざめするものもない。


まあ、戦争なんてそんなもんだと言われたら、終わりなんだけど。



役者は兵隊を、女優は娼婦を演じさせれば誰でも名優、というのを昔聞いたことがある。

つまりは、そういう映画なのかもしれない。

画面は派手だし、話は分かりやすいから、テレビ放映用の娯楽大作としてならそれなりに楽しめたのかもね。


でも、どうも「すっごくいい材料を買ってきたのに、できあがった料理はあららのら」みたいに見えるんだよなあ。。。うむむ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。