--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-21

今月の映画 「ママの遺したラヴソング」


映画 ママの遺したラヴソング

フロリダで怠惰な生活を送るパーシーに、長年会っていなかった母の訃報が届く。ニューオーリンズの生家に帰ったパーシーを待っていたのは、見知らぬ二人の男。元文学部教授のボビー・ロングと彼を慕う作家志望の青年ローソン。古ぼけた一軒家で、嫌々ながらの同居生活が始まる。新しい生活、文学との出会い、初恋、そして初めて聞く亡き母の横顔。ささくれだっていたパーシーの心は、いつか少しづつ癒されていく。そしてある日、母が自分に宛てた一通の手紙を発見する・・・・。


ちぐはぐな三人の不思議な同居と、少しずつ寄り添っていく心と心。
生きることに挫折した人間の再生の物語として見れば、見応えのある映画。


彼らが果たして全て知っていたのか、街の人々の思わせぶりな態度はなぜだったのか、色々な部分が語られないままなので見終わった後にすっきりしないものは確かに残る。たぶん彼らの心の中のベーシックとして存在する”ママ”がくっきりした輪郭を持っていないことも、消化不良感に一役買っているのも否めないだろう。
生活感がない(どうやって生活費を稼いでいるのか?)ところにしても、ご都合主義という風に見えなくもない。
ボビーのセクハラすれすれの態度と言動は、はっきり言って見ているのも苦痛だし、以心伝心が基本の日本人文化では理解の範疇を越えているのではないだろうか。

それでも生きることに不器用な彼らがだんだんに寄り添い、穏やかな生活を紡いでいく姿は、見ているこちらも幸せな気分にさせてくれる。
ラスト近くのダンスシーンで泣けない人間はそうはいないのではないだろうか。



一人ぼっちと思っていても、周りを見渡してみれば実はそうでないことは多い。
パーシーにしてもボビーにしても、自分を”孤独”にしていたのはその自分自身の頑なさなのだ。



不器用な少女パーシーを演じたスカーレット・ヨハンソンも好演しているが、なんといってもだらしない落伍者ボビーを演じたジョン・トラボルタの演技が素晴らしい。ぶよぶよの体にいつも酔っぱらっているような下品な言動の中に感じられる知性と優しさ。そしてずるさ。今までのイメージを覆すような新境地である。
もう一人の同居人ローソンを演じたゲイブリエル・マックの美声年さと繊細さもいい。宣伝ではほとんど取り上げられてはいないけれども、彼の存在なくしては特にパーシーの若すぎるがゆえのあやうさを浮き彫りにすることはできなかったに違いない。


日本の宣伝では、スカーレット・ヨハンソン演じるパーシーばかりフィーチャーされていたので、実際に映画を観るまでは私もこれは少女の成長物語だと思っていた。
しかし、これはどう見ても「ボビー」という、生きることにつまずいた人間の再生の物語である。

「a Love Song for Bobby Long」 ・・・ボビーへのラヴソング。
原題で語られているように、ボビーという自堕落で魅力的なオトコの存在が、きっと全てを変えていったのだろう。きっと”ママ”にしてもそうだったに違いないし、だからこそ娘に遺した一番の贈り物だったのだ。



なんか疲れたな、という時に観ると、少し元気になれそうな映画です。







それにしても、スカーレット・ヨハンソンって確か二十歳くらいのはずだけど・・・・どう見ても17歳には見えないぞ。(笑)








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. 無題

予告編観ました。

トラボルタ、おじいちゃんになってましたね~

2. 無題

>キーボーさん

ホントに。
かなりびっくりしましたね。

さすがに髪は染めてるんだと思うけど・・・??
プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。