--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-25

下町ダニーローズ第15回公演 演劇らくご「死神が舞い降りる街」@赤坂レッドシアター



落語「死神」のサゲ(終わり)には色々あるらしいが、
最初に見たのが志らく師匠バージョンだったせいか
いまだに”自分でろうそくを消してしまう”、というオチが一番好きである。



身から出た錆、自業自得、おっちょこちょい。
悪気がないだけ、悪意のある者よりも性質が悪い。

自覚がないから治らない。たぶん生まれ変わっても。
それが、人間。




落語家・立川志らく師匠主宰、
劇団下町ダニーローズ公演「演劇らくご 死神の舞い降りる街」


志らく師匠の絨毯爆撃のようなTwitter告知はある筋では有名な話だが、
以前、たまたまやりとりしたご縁で師匠に直々にDMにてお誘い頂き
(たぶんまったく固有認知はされていないと思われるが(笑))
満を期して観に行ってみた。



ひとことで言うならば、落語「死神」+黒沢版「どん底」
舞台と舞台の間に挟まる落語四席も、
その後のストーリーとは無関係ではない凝った造り。

けれどもそんな言葉だけでは言い尽くせない、
何とも言えない不思議な空気感は妙なもどかしさも作りだす。
ものすごく玄人の演劇集団のような、けれどもまるで学芸会のような。

純粋に物語を楽しむためのの舞台ではない、と言えばいいだろうか。



個人的にはこれはサーカスだな、と思ったりした。
幻なのに、人間味と体温がありすぎてかえって騙されてしまう。



観客に「死神は誰か?」を予測させる企画だって、
その目くらましのためじゃないかと後から苦々しく思ったりするのだ。





正直万人に勧めるかと言われると首をかしげてしまうが、
はまる人はとことんはまる世界観だと思う。


私は観ているときはそこまで思わなかったが、後からじわじわ来た。
ふと振り返ると、そこにあの死神がにやにやに笑っているような。




それもがなんだか、とても悔しい。





アフタートークのたぶん一番素顔に近い師匠も親近感w




それに加えて、帰りがけ相島一之さんに偶然遭遇!
サインも頂きお話もできて夢見心地。

(おばQ(?)のイラストがツボすぎ!)


「落語ファンですか?」と言われてついうなずいちゃったけど、
SBから拝見している演劇ファンでもありますから!


ついとっちらかった自分が恨めしい。。。。(涙)


とにもかくにも死神お二人のサインを頂けて、私は満足です♪



そして、タンバリン芸人は一見の価値あり!




下町ダニーローズ第15回公演 演劇らくご「死神が舞い降りる街」
http://www.shiraku.net/?page_id=11

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。