--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-07

今月の映画 「モンスターズ・ユニバーシティ」


幼い頃から怖がらせ屋になることを夢見ていたマイクは、努力の果てに難関を突破し、
モンスターズ・ユニバーシティ怖がらせ学部に入学。
誰よりも努力を重ねるが、怖がらせ屋になるには、
見た目がかわいすぎるという致命的な欠点に悩まされる日々を送る。
ある時、マイクは、名家の出身で怖がらせの才能にあふれたサリーと出会う。
マイクはサリーをライバル視するが、自信に充ち溢れたサリーはマイクを見向きもしない。
そんな二人はある事件から怖がらせ学部から除名されてしまう。
しかし、夢をあきらめないマイクは、「最恐の怖がらせ屋」を決める
怖がらせ大会に落ちこぼれたちを組織して出場し汚名を挽回しようとする・・・・。





幼い頃から怖がらせ屋に憧れていたマイクは、努力を経て
モンスターズ・ユニバーシティ怖がらせ学部に無事に入学する。
日本でいうなら、医者か弁護士を目指して東大にはいるような感じかな?
(ん?ちょっと違う?)


けれども外見がかわいすぎるマイクは、そもそも適性がない。
いくら努力しても努力しても、どれだけ知識を詰め込んでも勉強しても
彼がなれないことは傍目にも明らかだ。


けれども彼はそれがわからない。
わからないから無駄な努力で絶望する。
家柄にも血筋にも恵まれたサリーを敵視する。




頑張れば必ず報われるというのは、
とても甘い幻想だし実現すれば素敵なことだけれど
残念ながら現実はそうとは限らない。


じゃあ、努力は無駄なのか?といえば、それも違うと思う。
努力は尊い。実行する意思はそれだけですばらしい。


問題なのはどこに向かうか、なのだ。


例えばモデルになりたくて身長が足りなければ確かに絶望的だ。
けれどももし目的が綺麗な服を着てスポットライトを浴びることならば
モデルにこだわる必要もない。
簡単か難しいかは別にして、アイドルを目指せばいい。
服に関わりたいのが望みならば、デザイナーを目指せばいい。
モデルという肩書きにこだわるなら、パーツモデルという手もある。



こうでなければいけないと思う気持ちは、自分も他人も不幸にする。
それは自分しか見ていないことと同義だからだ。



サリーの心配も思いやりもわからずに。




前作と異なり、この作品ではマイクが主人公だ。
そして前作を見た人なら、マイクが怖がらせ屋にならなかったことも知っている。



では彼は夢破れて不幸なのだろうか。




彼は努力して評価を見事覆し、親友と仲間と信頼を手に入れた。
今では相棒サリーと共にモンスターズインクきっての最強ペアだ。



若さゆえの挫折は希望への第一歩だ。
はなからあきらめて何もしないことに比べるべくもない。
何が答えかなのは、作品を見た人なら誰でもわかるに違いない。





なお、毎回、ピクサー作の短編が同時に上映されるが、
今回の短編「ブルー・アンブレラ」はとても素敵だった。
好きな人と見たら、きっとカフェで話をしたくなる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。