--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-31

花開く 江戸の園芸@江戸東京博物館


花が好きだ。生活の必需品だ。
オランダに住んでいたときに、ディプロマ(フラワーアレンジメントの資格)のプロコースまで取得してしまったくらいだ。
部屋の中に花は欠かせないし(だから真夏は非常に困る)、なんだかベランダはいつもいろんなものでもさもさしている。



ついでにいうと、日本は花が高い。
特にグリーンが高い。(これは知らない人が多い。)
というわけで、映画やドラマで見るような毎日家にアレンジメントを飾るなんていうのは、
この国では非常に高値の花(まさに(笑))になってしまっている。



そんなこんなで、こんなに江戸の人たちは花や園芸が好きだったとはちょっと意外だった。



春の花見の盛り上がりは現世もだから、まあわかるとして、
植木屋が自分たちの庭園を入場料を取って見せていたり、
それらの名所案内が発行されていたり、
変化朝顔に熱中したり、菖蒲や菊をやたら品種改良してみたり。


武士好みの葉っぱ系は少し渋すぎて笑ったけど、ジャパニーズSAMURAIらしくもあって好ましい。



そういえば、オランダにはオープンガーデンと言って
花の時期に庭を一般公開する行事があちこちで行われている。
それにあわせて飲み物を売ったり、苗を売ったり。
そういえば、チューリップバブルやヒヤシンスバブルなんて変化花に熱中したのもかの国だ。


人の熱中する対象って、そんなに変わらないものなのかもしれない。



でも、日本はいつの間にかずいぶんなコンクリートジャングルになってしまった。
園芸も花も、結構な高嶺の花になってしまった。
私もずっと地べたで花や植物を育てたいと願っているが、
マンション暮らしではせいぜいプランターを並べるのがせいいっぱいだ。



そういう意味でも江戸にタイムスリップしたいよね、と同行者と言い合ったが、
残念ながら江戸時代にはビールがないからねえ。
なかなかすべて希望どおりってわけにはいかないものですね(笑)



そんな日のいでたちはこちら↓



展示内容に合わせて蝶模様の有松に同系色の博多帯。
根付の替わりに同色の帯締めをして、アンティークのイヤリングで作った蝶でひらりと蝶尽くし。

扇子だけ草花を描いたものにして、開いたときだけ花が現れるお遊び♪



特別展「花開く 江戸の園芸」
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/special/2013/07/


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。