--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-29

今月の映画 「女帝」


映画 女帝

時は、古代中国の五代十国時代。皇帝の弟リーが、兄を殺して王位を奪い、さらに皇太子をも抹殺しようとしていた。王妃ワンは、義理の息子である皇太子を守るため、新帝リーと結婚する。彼に抱かれながら、魂は復讐の神に捧げる王妃。彼女への欲望に溺れながら、皇太子暗殺を企てる新帝。争いを憎みながら、父の仇を討つ決意をする皇太子。遂に、時は満ちた。その夜、国を挙げての盛大な宴が開かれ、一つの盃に毒が盛られる・・・・・。




「アジアの宝石」チャン・ツィイー主演の復讐劇。ベースはシェイクスピアの「ハムレット」らしいが、アジアチックな舞台のせいか、主人公が成熟した女性に変更されているせいなのか、もともとのハムレットに感じる青臭さはあまり感じることはない。



とにかくチャン・ツィイーが美しい。

赤いアイシャドウなんて、ビジュアルが苦しいと見れたもんじゃないが(笑)、さすがの美貌、それでも美しく見えるのがすばらしい。
そしてあふれ出す悪意と棘。



新帝が彼女に傾倒していく様が同姓からでも十分理解できる。男性ならたまったものではないだろう。





ちょっと「黒衣の花嫁」を思い出した。





復讐はむなしい。それは行為がむなしいのではなく、トリガーとなった、例えば愛する人は既に過去でしかないからだ。
引換えに復讐の対象である人物は、今その時を生きている。止まっった時はどんなに大事に抱えていたとしても、想いも心も色褪せてしまう。

たとえそのことで時が止まったように思えたとしても、その人は生きている。
そこから生まれる矛盾。




彼女の場合、もちろん皇太子のことを愛していたことは事実だろう。けれども、ならばもし彼が彼女に一緒に逃げようと言ったならそうなっただろうか。
たぶん、答えはNoだ。



彼女が執着していたのは「ワン」と名前を呼ばれていた過去の時間。それを体現している皇太子ウールアン。
権力の味を知り、執着されることを知った彼女は失った時を彼になぞらえて、愛情と錯覚していただけなのではないかと思う。






新帝リーを演じたグォ・ヨウの存在感といやらしさは格別。そこにほのかに見える純粋さがまたいい。

こういう役は本当にいい男しか演じられない。
皇太子役のダニエル・ウーもハンサム(けれども宰相の息子の方がかっこいいような気もした(笑))だし、ポストチャン・ツィイーとの呼び声高いジョウ・シュン演じるチンニーも、オフェーリアを彷彿とさせるような悲劇の女性役で、ウィンター・ソングで演じたようなビッチよりも全然いい。(笑)

全般的に動きといい、演技といい、役者のレベルは高いと思う。


舞台セットも衣装も美しく、変なワイヤーアクション(笑)も少なく、舞のような動きやゴージャスな雰囲気は一見の価値がある。
実在のようで実在ではない架空の国の御伽噺。





自分を一番愛した女帝は、愛されたからこそきっとみんなも愛していた。
愛は憎しみに簡単に裏返る。その逆も同じ。
皇太子のことも新帝リーのことも、自分の為に愛していたからこそ残酷にも冷酷にもなれた女帝は、だからこそ最後には消されるしかすべはなかったのかもしれない。 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。