--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-12

今月の映画 「さらば、ベルリン」


映画 さらばベルリン


ドイツ降伏後のベルリンに、ポツダム会議取材のためアメリカ人記者のジェイクがやってくる。彼の運転手を務める米兵のタリーは、裏側で、米軍の品を横流ししていた。やがてジェイクはタリーの情婦レーナが、かつて彼が愛した女性である事を知る。戦前、ベルリンに駐在していたジェイクは、人妻であるレーナと不倫関係にあったのだ。
そんな中、タリーが死体で発見される事件が起きる。渦巻く陰謀の中、ジェイクはレーナを救おうとするが、彼女は頑なにジェイクを拒む。その裏には大国の陰謀が渦巻いていた。。。



モノクロの画面に登場するのは「タフな男」と「謎めいた女」。
そして当然のように繰り広げられる「愛と裏切り」。


あの時代の風景や雰囲気はよく撮ったと思うけれど、ステレオタイプの人物像に軽い違和感。
特にケイト・ブランシェット演じるミステリアスなレーナ像、そしてその彼女の売春婦仲間の人物像。

翻れば軍服に身を包んだりりしくずるく潔い(そして女々しい)男たち。



男性なら、また違う感想を持つのだろうか。



謎が謎を呼ぶようなストーリーだけれど、ハラハラどきどきという感じではなく、むしろ息を詰めて見守る感じ。
けして幸せな展開ではなく、追いつめられていくような閉塞感は、好きかどうかはちょっと好みの分かれるところだろう。
ジョージ・クルーニー、トビー・マグワイアといった演技派も過不足ないが、重要登場人物が多いだけに、モノクロ画面で軍服を着ていると見分けがかなりつきにくい=話の展開についていけない(爆)ということもわかりました(笑)




「カサブランカ」や「第三の男」など、愛した女性の為に犠牲をも厭わない男性は名作の中に多い。
よく男性の純情と言われるそれらの気持ちにきっと嘘は無いのだろうと思う。

けれども、レーナやその他のヒロインを思うにつけ、もしかして彼女達をそこまで追いつめたものもそんな男性の想いだったのではないかと思わずにはいられない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。