--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-30

今月の映画 「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」


映画 スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ



壇ノ浦の戦いから数百年、平家の落人が拓いた山あいの寒村“湯田”は、埋蔵金の噂を聞きつけ押し寄せたよそ者たちに荒らされ放題だった。そして今、平清盛の平家ギャングと源義経率いる源氏ギャングの果て無き抗争の真っ只中に、さすらいのガンマンが流れ着く。清盛も義経も凄腕のガンマンを用心棒にしようと画策するが、寡黙な男が目を留めたのは、清盛への復讐心に燃え、義経の元に身を寄せる女・静だった。けれども彼女は殺された夫アキラの復讐に燃えていて。。。。



いやもう、よくぞ作った!としか言いようがない。
最初のシーンの背景のべったり絵の富士山からして、もうこの映画のすごさがわかろうというものだ。
(このシーンのサプライズがまた憎いことになっている)


寡黙な流れ者のガンマン伊藤英明に佐藤浩市演じる卑怯者の清盛、伊勢谷友介の残忍で美しい義経に付き添うのは変態すれすれの安藤政信、コウモリのごとく白と赤を行き来する香川照之の保安官。
女性陣は少数精鋭だが、木村佳乃の静も体当たりの演技だし、桃井かおり姐のかっこよさはハンパない(BBサイコーっ!!はあと)。

これでセリフは英語だわ、ゲスト出演にクエンティ・タランティーノ、とどめの主題歌が『昭和の心』北島三郎とくれば、三池マジックここにきわまれり、という感じである。
チャレンジングな映画が好きなら、この作品の豪華絢爛さだけでも一見の価値はあるだろう。



ちなみに今回「荒野の用心棒」がイタリア映画というのを初めて知ったくらいなので、いまいちピンと着ていなかったが、タイトルの”ジャンゴ”はいうに及ばず、そのあたりの仕込みは色々あるようだ。
ネタバレが満載すぎて、うっかりなにも書けないのが辛いが、ある意味マカロニ・ウェスタンに萌え、黒沢映画の侍に胸躍らせた世代へのエールとオマージュであると思う。


だからこそ、これだけのキャスト、メンバー、スタッフが集まれたのだろう。
そういう意味では文化祭の高揚感を感じられる作品といってもいいのかもしれない。




とにかく頭を空っぽにして観ることを心からおすすめします。
けして物語の主題は、なんて考えてはいけません(笑)




しかし、これだけ好きに作ったら、作る方も楽しかったろうな(苦笑)




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。