--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-18

今月の映画 「ウォーター・ホース」



いわゆるネス湖のネッシーを題材に膨らませた、
伝説の生き物ウォーターホースと孤独な少年のふれあいを描くファンタジー。


世代によるが、ネス湖のネッシーの写真を見て
夢を膨らませなかった人間はたぶんいないはず。


とにかくクルーソー(ウォーターホースの名前)の子供時代が過激にキュート。
常にバックに噴出しで「ママー!」という文字が浮かんでいるような、
かわいさと欠食児童っぷりにきゅんきゅんしますw。


キャスト的にはあまりヒットどころは使っていないけれど、
あの時代のちょっと硬くてスタンダードなスコットランドを感じられるようなセレクトがなかなか。
ミス・ポターで変わり者の姉を演じていたエミリー・ワトソンがモテモテのお母さんを演じています。

ついでにそれは職権乱用じゃないの?という大佐の行動が
その後降格にならなかったかがとても心配になるんだけど(笑)



戦争がつけた傷跡は消えないけれど、
新しく踏み出すことはできる。


いかにもスコットランドという雄大な風景と最近のCGってすごいなと思わせる映像。
見終わった後の突っ込みどころ満載加減も素敵な(笑)、見ごたえのある映画。
家族連れにもお勧めです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。