--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-10

今月の映画 「インベーション」



ワシントンの精神科医キャロルは得体の知れない不安に襲われていた。それは、ある日を境に、まわりの人間が別人になっているのではないかという恐怖。外見は何ひとつ変わらない。しかし、そこにいるのは、自分がよく知る夫でもなければ、友人でもない。感情を持たない不気味な誰か。

やがて、不安は現実のものとなり、街中から人間のあらゆる感情が消えていく。前だけを見て歩く無表情な人の群れ。そこには怒りも憎しみもない代わりに、哀れみも愛もない。友人の医師ベンが突き止めたのは、その変化は睡眠時に引き起こされるという事実。人の心を保ち続けるには、永遠に眠らずにいるしかない……。

オフィスの同僚、道行く人々、隣人、そして愛すべき家族。周囲の人間が次々に眠りに落ちていく中、変わってしまう恐怖より、変わらずにいることのほうが恐ろしくなっていく極限状態――。それでも、彼女はたった一人で戦うことを決意する。なぜなら、感情を奪われてしまったら、もう二度と息子を愛せなくなるから。それは母親が母親でいるための壮絶な覚悟――誰も信じない、感情を見せない、そして絶対に眠らない。まわり中すべてを感情のない人々に取り囲まれ、ジリジリと追い詰められていく戦慄の中、彼女はかけがえのないもののために立ち上がる。



ますます美しさを増したニコール・キッドマンの強い母親ぶりと冷静さがかっこいい。
彼女のような美貌と知性を兼ね備えた女性ならば、ダニエル・クレイグ演じるベンが「お友達」として甘んじてしまっているのも、十分理解できる。

いやあれは、女がその気にならない限り、永遠に口説けはしないだろう。


だいたい「眠気」という生理的な現象に精神力で勝てる人間がいったいどのくらいいるというのだろう。
それだけでも、並々ならぬ強さを持った女性だとわかる。
ある意味理想的な強く美しい女性であり母親。



けれども、眠ってはいけないというサスペンスの中で、息子への狂信的な愛情と、それに対比して浮き彫りになる元夫への冷たさには、正直「?」な気持ちが否めない。
確かに何者かにのっとられた元夫の得体の知れなさは恐怖だが、その中でも語られる彼の思い出話が本当だとしたら、それは少し残酷すぎる話ではないだろうか。

そしてその寂しさの隙間に何者かがのっとったとしたら。

ベンの心の隙間にもそんな闇があったとしたら。



ラストシーンに垣間見ることができる、形のない不気味さ。
一度「他人」になった愛する人を、その後も信じることができるのだろうか。

「他人」を実感したからこそ、あえて彼女はベンとの一歩を踏み出した、そんな風にも思えてならない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。