--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-22

結果としてそうでした、ってこと

歴史でも何でも、現代に生きる自分達にとってでも、
いわゆる定番や定説と呼ばれるものって
「結果的に」そうなった、そういう判断ができる、と言うだけの話で。

実際にはどうだったかなんて、
その人やその”時”を共有した人でなければ絶対にわからない。

後からなんて、なんとでも言える。





そのときなにを悩んだかどうか、とか
そのときなにを共有して、なにを感じて
なにがうれしかったかとか

過程を感じるのと、結果を論じることは全然違うこと。




なにかの感情を共有した人が愛しいと思うのは、
たぶんそういうことなんだと思う。
見えているものだけ、結果だけを論じるだけでは
たぶん絶対にわからないものが、そこには存在するから。



その”時”を一緒に過ごしたいと思ってしまうのは、
きっとそんなことをどこかで感じているからかもしれません。





そういう意味じゃ、誰かを好きになるって結構簡単なことなのかも(笑)





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。