--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-17

紫禁城写真展



宙の中心とまでいわれ、500年に渡って栄華を極めた中国「紫禁城」。
1911年までは明・清24代にわたる皇帝の住居であり、政治の舞台として世界最大の皇宮でしたが、当時は一般の人々が立ち入ることは許されなかった神秘の場所。


日本人写真家の小川一真が撮影した、まさにその時代を写すプリントもすばらしかったですが、中国人の現代の作家、侯元超がほぼ同じアングルで撮影した写真との対比。
間に流れる100年の時間が残酷でもあり、また郷愁の香りも感じました。


今では博物館としてたくさんの人が訪れる場所。
人の流れがその場所の空気を変えていくのだということがよくわかるような気がしました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。