--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-24

今月の映画 「ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR」


映画ナイト・ウォッチ


好き嫌いははっきり分かれる映画だと思うが、私は好きだし面白かった。最後の終わり方など「?」だったが、三部作と知って納得。あんな中途半端で終わってくれちゃったら気になってそれこそ夜も眠れなくなる(?)


私は自称”スリラー&ホラーセンサー”なのだが、例えば「ギャング・オブ・ニューヨーク」は駄目で「羊達の沈黙(ジュディ・フォスターの方ね)」はぎりぎりなんとかクリア、「アレキサンダー」は駄目で「ロード・オブ・ザ・リングス」はOK、「マインド・ハンター」に至っては頼むから勘弁して!となる。ちなみに「オーメン」「ジョーズ」なんか予告だけでも顔面蒼白。(苦笑)

もちろんそういうシーンがないのが一番心は安らかだけど、それじゃなにが違うかと言えば、恐がりの人間というのは現実味のあるものが駄目なのであって、どうあったって自分に降りかかっては来ないと信じられるものには以外と強かったりするのである。

その点、この「ナイト・ウォッチ」はスプラッタ度も満点、首からずぶずぶと剣が出てきたり体の中に手を突っ込んだりとやり放題な割にはほとんど平気だった。

これってなにかに似ているなあと思ったら、はたと気がついた。この映画はまさに実写で作ったRPGなのである。コンピュータの画面の中での戦闘シーンなどどれだけ残虐でも所詮は作りものだし、よーく考えたら光の陣営VS闇の陣営、伝説と運命、特殊能力を持った人間達と役者も舞台もまんま揃っているではないか。

そう考えれば、主役のアントンの苦悩や人生だけがクローズアップされて、チームメンバーや敵の人生なんかこれっぽっちも感じないのも、まるで説明する気がないのも理解できる。

主役のゲーマーにとって、サブキャラは武器と同じ。

ゲームをクリアするために役に立つか立たないかであって、役割と能力が(=何ができるか)が分かればそれでいいのだから。


ひとつだけどうしてもわからないことがあって、

「許可を与えることができるのは光の陣営だけ」

「許可を与えたのに、その上で生き餌を使って罠にかけるのは卑怯だ」

この許可って何?バンパイアが血を吸ってもいいって許可??

それを言ったら、闇の陣営=バンパイアというのはわかるけど、光の陣営のメンバーとはそもそもなんなのか?人間、それとも超能力者??

でも血飲んでますけど。(おえっ)


たぶんこの物語の前提条件であり、これが理解できないと理解不能と思う部分が完璧に説明なしでスルーなのがなんとも消化不良である。スピード感を大事にしたということなのかもしれないけれど、なんの意味がある?なコンサートシーンとか、バスひっくり返りシーンを挿入するならばそこはきっちりと描いて欲しかったなあ、とこれは大きなクレーム。(苦笑)


ロシアの街の独特の雰囲気がどこか浮き世っぽいレトロな味を加えているのもこの映画の勝因のひとつであるように思う。ベルリンなんかに行けばよくわかるけれど、西側の空気がグレーを媒介にしたゆるやかな黒と白のグラデーションであるならば、旧東側とは街や人自体が明と暗にくっきり分かれたような、まさに「光と影」がアンバランスなまま止まってしまった場所だと強く感じるのだ。

ロシアの俳優陣にもあまり馴染みがないが、いかにも役者然とした人間を闇の陣営に、普通に見える方を光の陣営側にキャスティングしたそうだ。確かに主役のアントンもどこにでもいそうなタイプに見えるからこそ、そんな世界で生きざるを得ない苦しみや、隣人との葛藤などがとても切なく見えるのだろう。



斬新な映像だけでも見る価値はあると思うが、そういうわけでいわゆるそういう”バーチャルな世界”に慣れていない人にはそもそも難しい映画でもあると思う。ほとんどなんの説明のないまま唐突さで話は進んでいくので、ゆめゆめ置き去りにされないようにお気をつけ遊ばせ。(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。