--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-11

英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展@森美術館


現代美術って、実は全然わからないのですが、たまにはこういうのも面白いかなと。(チケットも手元にあったし(笑))



なんの変哲もない部屋で5秒間隔でライトがついたり消えたり、とか、最後のオチまで延々と変わらない集合写真の8mmフィルムとか、やっぱりよくわかりませんでした(笑)

でも、なんていうか、かえって「これなんだろう?」と思いながら見ていると、ある意味リフレッシュになるような気もします。


もしかしてそういうのも芸術の一つ、なのかな?




ならびにある展望台にも行ってみました。
東京タワーが綺麗。


さすがにカップルだらけでした(苦笑)



森美術館@六本木ヒルズ
http://www.mori.art.museum/jp/index.html







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。