--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-04

出雲に行ってきました【神様編】


出雲は神のおわす処。
当然、たくさんの神様の本宅や別宅(?)があります。



八重垣神社。
素戔嗚尊の奥方、八重垣姫をお祀りしています。

http://ameblo.jp/hijiri-info/entry-10122772283.html




少し離れたところにある「鏡の池」



おみくじに硬貨を乗せて浮かべて、沈む速度で未来の縁を占うのです。






こちらはご主人の素戔嗚尊をお祀りする熊野神社

http://ameblo.jp/hijiri-info/entry-10122771622.html





お酒の神様でもある松尾様を祭る松尾神社。
漫画「夏子の酒」でもお名前はよく出てきますよね。





出雲には二年前にも一度行ったことがあるのですが、そういえばと手帳を見たら、なんとそれが2006年8月3日のこと。
今回行こうと思ったのも、日程も本当に偶然なんだけど、同じ日だなんて、ちょっとびっくり(@@)

実は最近、ちょっとしたドタバタもあったりして、どこか神頼みな気分もあったりしたのだけど、あれやこれやを考えても、このタイミングでまた訪れたことは、もしかして神様に呼ばれたのかな、という気がしました。

出雲はもともとが神話の土地で、神有月という言い方があるくらいたくさんの神社がありますが、そんなことを考えながら、巡ったりお参りしたりしていると、なんだかすごく守られているな、と素直に思えてきます。
うまくいかないこと、伝えきれないことは一杯あるし、悲しかったりせつないことも、本当にたくさんあるけれど、それでも自分を見失わなければ、きっとなんとかなると素直に思える。

このあたり、「許される」というキリスト教の視点とは少し違うような気がします。
神頼みって、あんまりいい意味にはとられないことが多いけど、あくまで前を向く元気をもらう、という意味なら素敵なことだと思う。




そういう日本の優しい神様たちが私は大好きです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。