--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-18

今月の映画 「陽気なギャングが地球を回す」


映画陽気なギャングが地球を回す-1


映画陽気なギャングが地球を回す-2


他人の嘘が分かってしまう男、成瀬。コンマ一秒まで正確な体内時計を持つ女、雪子。生まれついての天才スリ師、久遠。口から生まれてきたような演説の達人(?)、響野。

普通ならなんにも役にたたない能力が、みんなで組めば力を発揮できる!チームを組んだ四人は次々と”ロマンあふれる犯罪計画”を成功させていくのだが。



感想。


滅茶苦茶かっこよくて面白い。


で、キョーレツバカバカしい映画。


以上。





。。。。って、おい、終わるんかいっ!(爆)


いや、ホントにこれくらいしか書くことがないんだよね。ストーリーはあってないようなもんだし、全編を半分の時間にダイジェスト編集したってそう印象は変わらないと思うし。

一応ラブストーリーや謎解きみたいな味付けもされているけど、あっというまに結末に到達してしまうので、どうなるんだろう~ドキドキ、みたいなことを思っている暇もないし。


と、こういう映画なので出演者が陳腐だとただのB級バラエティだが、そのあたりはさすがに練られている。大沢たかお、佐藤浩市、鈴木京香という、演技も達者ならビジュアルもばっちりな役者が勢揃い。おかげで『バカバカしいけどかっこいい』映画に仕上がっている。ちんぴらかと思うような衣装の大沢たかおとか、金髪で「ロマンロマン」としゃべりまくる佐藤浩市なんて、はっきりいって面白すぎ。サイコーだw。

松田優作の次男という松田翔太も思ったより役にはまっていてよかった。セリフは棒読みだけど、表情がなかなか役にはまってたし。兄ちゃんより演技はうまいかも。(爆)

ワキを固める役者陣も、大杉漣やら松尾スズキやら大倉幸二やらクセのある実力者揃い。音楽もかっこいいし、これだけのパーツを揃えれば役者の動きひとつとったって面白くないわけがない。

ひたすら予定調和な笑いのために作りこんだ作品だから、安心して主演四人のかっこよさに酔えることは保証します。


コミックやら関連書籍やら、ちょっと「踊る~」系のブームにしたかったみたいなケもちらりするけど、さすがにこれだけ人間ドラマが稀薄だと難しかったかなという感じ。感情移入するとかそういう話じゃないもんね。(苦笑)

見終わった後は確かに「あー面白かった!」だけど、それ以上印象に残らない。

だからこそ、頭を空っぽにして大笑いしてすっきりしたいときにはお勧めの”かっこいい映画”です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。