--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-23

さようなら、ハリー・ポッター

とうとうシリーズ完結した「ハリー・ポッター」
最終章である第7巻を読み終わりました。


思い返せば、オランダに住んでいた頃、たまたま友人に借りたシリーズ1~3巻にはまり、その続きが知りたい一心で原書第4巻を読破し(日本語版が出版される一年以上前でした)、ついにはエディンバラにまで出かけ、順調に”ポッタリアン”(=ハリポタファン)の道を歩いてきて約7年。

英語で本が読めるという自信をつけてくれたのも、日本語字幕のない映画を見に行く気合が持てたのも、私にとってはハリーのおかげでした。
とりあえず、片言でもなんとか生活できるくらいに英語を身につけられたのは、まさにハリーの魔法だったと今更ながら思う。


いや、実は私はロンのファンなんですけど(笑)



第1巻のファンタジー色から考えるとびっくりしてしまうくらいダークな色合いを濃くしてきた後半は、正直目を背けたかったり息切れしてしまったこともあったけれど、読み出すと止まらない綿密なストーリー展開は変わることなく、ローリングス女史の才能を今更ながら感じます。
複線の張り方、エピソードの組み合わせ、こんな風に決着がつくとは、正直思っていませんでした。
読み終わった今はひたすら感慨深い気持ちです。


読むといつも思うんだけど、ハリポタって結局、誰かを無償で愛する気持ちを思い出させてくれる物語だと思う。




本当は、この最終巻は発売日に購入したんです。
でも、なかなか手をつける気になれなくて一ヶ月経ってしまった(苦笑)


たぶん、本当に終わってしまうのを、少しでも先延ばしたかったからなのかも、ね。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。