--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-28

今月の映画 「幸せのポートレート」


映画幸せのポートレート


メレディスは、典型的なキャリアウーマン。積み上げてきたキャリア、エグゼクティブとして成功を収める恋人エヴェレットとの結婚・・・メレディスにとって、全ては“理想”に近づいていたはずだった。

休暇を過ごすため、初めてエヴェレットの実家に招かれたメレディス。大学教授の父ケリーと家族の中心的な存在である母シビルが暮らすストーン家には、年に一度の休暇を過ごすために家族が次々と集まって来ていた。幼い娘を連れた長女スザンナ、次女のエイミー、ロスで映画関係の仕事をしている次男ベン、三男のサッドとその恋人。

しかし、お堅くて冗談も通じないメレディスと自由奔放で何でもオープンに話し合うストーン家の人々はやることなすことちぐはぐでソリが合わない。中でもシビルは、祖母から受け継いだ大切な指輪をエヴェレットがメレディスに贈るよう仕向けてくるのが気に入らない。

自分が家族に嫌われていることに気づいたメレディスは妹のジュリーにSOSを求める。ジュリーも加わった一家揃ってのディナーの席で、さらに取り返しのつかない失態を演じたメレディスは家族からの強い拒絶にあい、ストーン家を飛び出すが・・・。



女性の好感度も高くファッションアイコンとしても評価の高いサラ・ジェシカ・パーカー。実はあまり出演作を観たことがなかったんだなあと今更ながら気が付いた。

特に外見に似合わない高く甘い声に、あ、あれこんな声だったっけ?


そのきんきん響く声であれだけ神経質にまくし立てられたら、


ストーン家の人じゃなくたって逃げ出したくなるっしょ。


ましてや家族とか自分の姉になるなんて、


嫌だと思うのが当たり前。


私だって友達には欲しくない。



本人的には気を使っているつもりなのだろうが、「気を使う」というのは自分のため、「思いやり」ってのは相手のため。ましてや自分をよく見せるために”正論”を振りかざすのはほとんど人害に等しい。

だいたい、

正しいことは、別に偉くもなんともないんですが。


ジェネラルな意味での”正しい”ことはある意味当然。そんなものを声高に叫ぶのは、相手が”間違っている”と指摘することと相違ない。

ここのところを勘違いしている人も多いが、”正しい”ことを言って頭をなでて褒めてもらえるのは子供だけ、基本的に”正しさ”というのは「はた迷惑」なものなのだから、そっと心に秘めているのが”正しい”のだ。(って書くこと自体、既に”正しくない”ことでありますが。(笑))

それを「自分は正しいことをしているから偉い」「正しいことを言っているのだから感心されるはず」なんてのは、まだまだ他人の評価基準しか持っていない証拠。

”正しさ”は自分のためだけでいい。

人を粛正するために使うべきではないし、すがりつくものでもない。


後半出てくる妹ジュリーとの会話から、どこか彼女に対するコンプレックスみたいなものも見え隠れするが、自分のことで精一杯の彼女はきっと自分しか見えていなかったのだろう。それは『完璧』な恋人エヴェレットにしても同様で、だから余計に『理想』に執着し、自分をよく見せようと奮闘した・・・、というのは後からくっつけた考察で(笑)、やっぱり

あそこまでな女

にする必要はこれっぽっちもなかったんじゃないのかなあ。(汗)

どんな理由があるにせよ、ゲイの息子のいる前で、人種の違う人がいる前で、ああいう発言や態度はあり得ない。気に入られるとか以前の問題だ。

飛び出していったメレディスを全員で心配し謝ったりしていたが、「そんな必要まったくないぞっ!!」と心の中で叫んでいた私です。

反省するのは彼女一人で十分。きっぱり。(力説)


おかげですっかり「ストーン家の秘密」の影が薄くなってしまった。

うまく絡めれば、もっと家族愛をじんわりと感じさせることができたのではないかと思うんだけど。


それでも、揃いも揃って芸達者な役者群にウィットに富んだシーンもあちこちにちりばめられて笑えるシーンも多数、見終わった後のすがすがしさもなかなかで、特に若い女性にはお勧めできる作品ではあります。(男性にも、かな?)

ダイアン・キートンはさすがの演技で、すっかりサラが食われてしまっているがそれも一興。見終わった後に、ふと「自分はどうだろう?」と振り返ってしまうような映画でもあると思う。



それにしても、結果的には兄と弟(向こうから見れば姉と妹)が入れ替わっただけの結果って・・・・「理想の結婚」とはいえ、ちょっと安易すぎませんかね?(苦笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。