--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-26

阿修羅展@東京国立博物館


たかが像、されど像。
日本が誇る阿修羅像は、間近で見るとやはり見事なものでした。


サンスクリットで「asu」が「命」「ra」が「与える」という意味を持ち、そもそもは善神だったみたいなのに、いつのまにかヒンドゥー教ででは帝釈天に戦いを挑んだ悪者として、暴れん坊な鬼神のイメージが定着している阿修羅。


そういや、昔、「阿修羅のごとく」ってドラマとかありましたよね(笑)

けれども、この阿修羅像は、どこか悲しく厳しく、それでいて微笑んでいるようなとても端整で美しい表情。
荒々しさは全然なくて、むしろ静か過ぎるほどの印象

あえて戦うことを受け入れているような、そんな強さが感じられる阿修羅像は、だからこそ惹きつけられるのかもしれません。








長蛇を列を覚悟していましたが、GW初日の今日は20分待ちでした。
で、日射病避けか、こうやって日傘を貸してくれるみたいです、びっくり。

いやあ、サービスも変化しているんですね(笑)




阿修羅展
http://www.asahi.com/ashura/


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。