--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-29

今月の映画 「敬愛なるベートーヴェン」


映画敬愛なるベートーヴェン-1


映画敬愛なるベートーヴェン-2

“第九”の初演を4日後に控えた1824年のウィーン。楽譜が完成しない中、ベートーヴェンのもとに写譜師として音楽学校首席のアンナが訪れる。女性が来たことに激怒するベートーヴェンはアンナを冷たくあしらうが、彼女の才能を知り仕事を任せることに。尊大で傲慢なベートーヴェンだが、ただ一人の肉親である甥のカールだけは溺愛していた。しかしカールがその一方的な愛を疎ましく感じていることに気づかない。
やがて初演の日がきた。難聴から指揮を怖れるベートーヴェンをアンナが助けたことで、彼らの間に師弟愛以上の強い絆が生まれる・・・。


ベートーヴェンには三人のコピスト(写譜師=作曲家が書いた楽譜を清書する職業)が存在したそうだ。これは史実だが、この三人目だけが名前も年齢も謎、だそうである。
この映画で描かれる若き女性アンナはその三人目ということで創作されたフィクション・キャラクターだが、ダイアン・クルーガーが生き生きと演じていて好感度大。エド・ハリスもさすがの演技力で破天荒なベートーベンを演じていて、この師弟愛が史実と錯覚しそうな出来である。

人の才能をけなし、傲慢な態度をとるベートーヴェン。しかしその裏には、不幸な少年時代、創造に残された時間はわずかなのに思うようにいかない苛立ちがある。それを丸ごと感じ受け止めるアンナ。
そこには才能を持つ者同士にしかわからない確かな絆がある。

天才というのは他の人間に見えないものが見えるということ。見えないものが見え、聞こえないものが聞こえるということを才能とも呼ぶが、果てしない孤独感との戦いをも意味する。自分が普通と違うと感じることがどれだけ底知れない孤独と虚栄を伴うものか。うらやましがられるほどの才能は他人を圧倒し倒すことでしか価値を生み出さない。
そうしなければ自分を守ることできないのだから。


第九の初演シーンで二人は同じものを感じ、そして、大フーガという先進的な音楽に皆が背を向けた時でさえ、アンナはベートーヴェンと同じ音を”魂”で聴く。
通常では”存在しない”ものを共有できる相手は奇跡に等しい。だからこそアンナはベートーヴェンにとって母性の象徴であり、神の使わした救いでもあったわけである。


”wash me”--- wish me ではない。「私を洗ってくれ」
ただ体を拭いてあげるだけの行為が、なんて崇高でエロティックなことか。
そして彼は確かにここで清められ生まれ変わったのだ。


それだけでに、これだけの心の繋がりを作り得たはずのアンナの変化や人生がまるで描かれないラストには疑問も残る。
あくまでこの映画で語られるのはベートーヴェンの孤独であり天才であり野性であり、そして彼が作り出した「音楽」でしかないのは、やはり史実にフィクションを絡めることの難しさなのか。

敬愛するマエストロを失ってアンナはどうしたのか。
作曲家になるというアンナの夢は。
そしてアンナの恋は、マルティンは。
そして彼に人生を操られて破滅しかけた甥カールはどうなったのか。

音楽というあの頃には麻薬レベルだっただろう娯楽の為に、人生を捧げ狂わされ熱狂させられたた人々は思いがけず多かった違いない。
そんな一人でもあるアンナというキャラクターをもっと深く描き切ってほしかったと思うとかなり残念な気もする。


そういう意味では評価が分かれる映画でもあると思うが、クラッシックファンならば使われている名曲の数々だけでも楽しめる作品。
劇中12分に渡って展開される第九の初演シーンを観れば、初めてこの演奏を聴いて熱狂しただろう観衆の気持ちを実感できるに違いない。



個人的にはベートーヴェンの隣の部屋で新作を誰よりも早く聞くことを楽しみにしている老嬢が大好きである。
どの時代にも存在しただろうしたたかでミーハーな等身大の人々。彼らのような存在にスクリーンで出会うたび、普段は気に留めない身近な幸せや手にしたものの存在を感じ、そして自分らしい人生を送りたいものだと、そう思うのです。
そう、才能なんかなくってもね、人生はそれだけで楽しいものなのだから。


しかし、偉大な芸術家っていうのはどうしてああ下品なのが多いの?モーツァルトもかなりの変態だったみたいだし・・・・・?


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。