--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-11

2月文楽公演@国立劇場


着物もドレスも、ジーンズも。

着物もドレスも、ジーンズも。



久しぶりの文楽。
今回は、第一部の以下の2つを鑑賞w

「花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)」
「嬢景清八嶋日記(むすめかげきよやしまにっき)」


今回はチケットを確保してくれた友人が、見所もチェックしてくれていたので、
いつもよりさらにしっかり見ることができました。

まずは四季を順に踊りで表す、一つ目「花競四季寿」
三つ目の秋の段で100歳になった小野小町が出てきます。
これが半分ボケて物狂になっている(今で言う"まだらボケ")になっていて
なんていうか、かなり切ないというか、栄光ははかないというか(笑)

あの時代、本当に100歳まで生きていたとしたら、すでに化けモノ扱いだったとは思いますが・・・・・。

ちなみに踊りの舞台は演奏が今一つなことが多いらしいのですが(そうなの?)
今回は人間国宝鶴澤清治がビシッと締めている、とのことでした。
とはいえ、いっぱい人がいたので、もうひとつ差がよくわからなかったんですが(笑)

もう一つ「嬢景清八嶋日記」は、なんと十数年に一度しかやらない演目なのだそうです。
何故やらないかというと、経験やテクニックが必要で、
演奏、人形使いのどちらもかなりのレベルで揃わないと歯が立たないからだそう。
へええ。

今回は豊竹咲太夫、吉田玉女、桐竹勘十郎と役者が揃っていたせいもあって
確かに迫力のあるよい舞台でした。
まあ、糸さんがやたら泣いてばかりなのはどうか、って感じだけど(笑)
没落(?といっていいのかな?)した景清さんのなけなしのプライドと親の情の間で揺れ動く様は
しみじみ見ごたえのある演技でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。