--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-28

江戸の英雄-博覧亭コレクション-@UKIYO-e TOKYO(浮世絵美術館)

浮世絵というのは、なんとなく美人画というイメージがあった私。
武者絵というジャンルが浮世絵にあるのを初めて知りました。

なんと、浮世絵の初期から、ほとんどの浮世絵師が武者絵を書いていたそうです。
題材となったのは物語や歴史上の人物で、
見る限り今でいう漫画のようなイメージに近かったような気がします。

歌川国芳から、歌川国貞、明治の月岡芳年、豊原国周まで。
小さめの会場で点数も少なめですが、なかなか面白い展示内容でした。


着物もドレスも、ジーンズも。


UKIYO-e TOKYO(浮世絵美術館)
http://www.ukiyoe-tokyo.or.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hijiri

Author:hijiri
長年のITまみれな生活を経て、着物と煙管、和文化と美しいもの、酒と美食(B級)をこよなく愛する生活。
■日本の文化と”今”をつなぐ再実感マガジンJapaaanでライターやってます。
http://mag.japaaan.com/
■cafeglobe読者エディター、やらせて頂いてます。
http://www.cafeglobe.com/2013/06/030174cafeglobe_readers.html
■ミラーサイトはこちら http://ameblo.jp/hijiri-info

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。